小林 秀樹

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門
肩書き グループ長
氏名 小林 秀樹
連絡先(電話番号) 029-838-7708
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000997
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah-neo/index.html
カテゴリ

研究情報

2014年度   In Vitro antimicrobial susceptibility of Mycoplasma hyosynoviae field isolates in Thailand during 2008-2011

2014年度   Molecular Epidemiology of Cases of Mycoplasma californicum Infection in Japan.

2014年度   下痢の子豚にみられた回腸粘膜上皮細胞に付着するセグメント細菌

2013年度   In vitro susceptibility of Mycoplasma hyopneumoniae field isolates and occurrence of fluoroquinolone, macrolides and lincomycin resistance

2013年度   動物における人獣共通病原性大腸菌の保有状況と特徴

2012年度   Variation in stress resistance patterns among stx genotypes and genetic lineages of Shiga toxin-producing Escherichia coli O157

2011年度   Arcanobacterium pyogenes による豚の多発性化膿性漿膜炎の1 例

2011年度   Multifocal granulomatous jejunitis associated with an argyrophilic gram-positive segmented filamentous bacterium in a Holstein cow

2011年度   豚の全身性Actinobacillus suis 感染症

2011年度   Multivariate analyses revealed distinctive features differentiating human and cattle isolates of Shiga toxin-producing Escherichia coli O157 in Japan

2011年度   同一の浮腫病罹患豚から分離された大腸菌の各種性状の比較

2010年度   牛・豚由来マイコプラズマのマクロライド耐性機構と耐性株の現状

2010年度   Salmonella Choleraesuis感染をスクリーニングするELISAの検討

2008年度   Prevalence and characteristics of eae- and stx-positive strains of Escherichia coli from wild birds in the immediate environment of Tokyo Bay

2008年度   Changing Prevalence of O-serogroups Among STEC Strains Isolated from Cows over a Decade in Japan between 1997 and 2007

2008年度   PRRSの発生に関わる呼吸器疾患による経済的な損失調査(6農場を対象にした調査結果)

2008年度   と畜場搬入豚におけるActinobacillus pleuropneumoniae 2型による多発性肉芽腫性肝炎

2008年度   豚繁殖・呼吸障害症候群発生に伴う経済的損失は2006年の場合約280億円

2007年度   Prevalence and characteristics of pathogenic Escherichia coli in a swine breeding environment in Cantho Province.(カントー省の養豚に関わる環境における病原性大腸菌の流行と分離株の各種性状)

2007年度   Mycoplasma hyopneumoniaeの薬剤感受性試験ならびにマクロライド耐性簡易スクリーニング法の開発

2006年度   牛の呼吸器疾病の免疫組織化学的診断法の高度化

2006年度   簡易LPS抽出キットを用いた豚サルモネラのELISA抗原調整と診断

2006年度   バイオインフォマティックスにより開発された鳥型結核菌の分子疫学的手法

2005年度   Characteristics and Epideimlogic Genotyping of Staphylococcus aureus isolates from Bovine Mastitic Milk in Hokkaido, Japan

2005年度   と畜場出荷豚における肺炎病変部由来病原細菌の現状

2003年度   Prevalence and Characteristics of eae-Positive Escherichia coli from Healthy Cattle in Japan

2003年度   発育不良豚における病原体感染の実態

2003年度   北海道全域の牛乳房炎乳汁ならびにバルク乳から分離された黄色ブドウ球菌の細菌学的特性の解明

2002年度   黄色ブドウ球菌同定用PCRプライマーの検討ならびに北海道全域から収集した牛乳房炎乳由来黄色ブドウ球菌の毒素遺伝子および産生毒素について

2002年度   日本における牛マイコプラズマ性乳房炎の発生

2002年度   日本における牛マイコプラズマ性乳房炎の発生

2002年度   開業獣医師における養豚衛生の実態調査

2002年度   フィンランド国内のカモメ、ハトおよびブロイラー鶏におけるインチミンおよび志賀毒素産生性大腸菌の保有状況とその性状

2002年度   ベトナムカントー省の養豚環境における病原性大腸菌の浸潤状況

2002年度   北海道の一地域における牛乳房炎由来黄色ブドウ球菌の性状について

2001年度   インチミン遺伝子は牛由来腸管出血性大腸菌のスクリーニングに有用

2000年度   豚由来Pasteurella multocidaのSDS-PAGEによる菌体蛋白型別

2000年度   Prevalence and characterization of stx and eae positive Escherichia coli in reindeer (Rangifer tarandus) and Gulls (Larus ridibundus and L. argentitis)

2000年度   Pathogenicity of bovine non-O157 shiga toxin-producing E. coli to human

2000年度   Prevalence and characteristics of shiga toxin-producing Escherichia coli from healthy cattle in Japan

2000年度   豚由来Pasteurella multocida のSDS-PAGEによる菌体蛋白型別

2016年度   国際標準となった国産牛疫ワクチン

2014年度   牛の乳房炎原因菌であるMycoplasma californicumの分子疫学解析法の開発

2011年度   牛乳房炎に関わる黄色ブドウ球菌優勢系統の遺伝学的背景と感染実態

2009年度   豚繁殖・呼吸障害症候群ウイルス抗体検出ELISAでの偽陽性反応の確認法

2009年度   健康乳牛由来志賀毒素産生大腸菌株O群血清型の最近10年間での変化

2008年度   東京湾周辺地域で保護された野鳥の病原性大腸菌保菌状況と分離株の性状

2007年度   Mycoplasma hyopneumoniaeマクロライド耐性簡易スクリーニング法の開発

2006年度   バイオインフォマティックスにより開発された鳥型結核菌の分子疫学的手法

2006年度   牛乳房炎乳から分離された黄色ブドウ球菌の細菌学的特性

2006年度   東京湾周辺地域に生息する野鳥のサルモネラ保菌状況と分離株の性状

2004年度   発育不良子豚およびと畜場出荷豚由来Mycoplasma hyorhinisのマクロライド系薬剤感受性と耐性機構の解明

2004年度   牛乳房炎由来黄色ブドウ球菌の疫学マーカーとしてのコアグラーゼ遺伝子型別の有用性

2003年度   発育不良豚の肺炎に関与する病原体

2002年度   北海道全域から分離した牛乳房炎由来Staphylococcus aureusの毒素遺伝子および発現毒素

2001年度   インチミン遺伝子は牛由来腸管出血性大腸菌のスクリーニングに有用

この記事は