山崎武志

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
肩書き 主任研究員
氏名 山崎武志
連絡先(電話番号) 011-857-9490
所在都道府県名 北海道
見える化ID 000097
URL
カテゴリ 低コスト 乳牛

研究情報

2014年度   多形質アニマルモデルによるホルスタイン種雌牛の受胎率に関する推定育種価の信頼性

2014年度   Opposing effects of lactoferrin on the proliferation of fibroblasts and epithelial cells from bovine mammary gland.

2014年度   乳牛における泌乳持続性の改良

2014年度   ホルスタイン種における遺伝評価値と信頼度の違いを考慮した後代検定一次選抜法

2014年度   泌乳持続性の改良による305日乳量及び体細胞スコアの改善に関する研究

2014年度   乳用雌牛の初回授精受胎率の遺伝的能力を正確に評価する方法

2014年度   Genetic correlations among female fertility, 305-day milk yield and persistency during the first three lactations of Japanese Holstein cows

2013年度   Effects of a breeding scheme combined by genomic pre-selection and progeny testing on annual genetic gain in a dairy cattle population

2013年度   Genetic correlations between production and disease traits during first lactation in Holstein cows

2013年度   Relationships between conception rate in Holstein heifers and cows and milk yield at various stages of lactation

2013年度   泌乳持続性の改良に対する乳量および体細胞スコアの相関反応の予測

2012年度   乳牛の長命性の遺伝的能力をより正確に推定する方法

2012年度   多形質モデルによる在群性の育種価推定のために最適な形質の組み合わせ

2012年度   乳用牛における泌乳ステージごとの検定日乳量に対する体細胞スコアの効果

2012年度   Genetic correlations between milk production traits and somatic cell scores on test day within and across first and second lactations in Holstein cows

2012年度   Lactation persistency as a component trait of the selection index and increase in reliability by using single nucleotide polymorphism in net merit defined as the first five lactation milk yields and herd life

2011年度   Phenotypic relationship between lactation persistency and change in body condition score in first-lactation Holstein cows

2011年度   The efficiency of genome-wide selection for genetic improvement of net merit.

2011年度   ホルスタイン種における在群期間と泌乳・体型形質間の遺伝相関の年代的な変化

2002年度   日本短角種のフィールドデータを用いた遺伝的能力評価法の検討

2018年度   泌乳持続性の遺伝的改良は泌乳中後期の乳中体細胞数を低下させる

2017年度   分娩後306日以降の生産乳量を精度よく推定する泌乳曲線の作成

2016年度   泌乳持続性が高い酪農経営では乳房炎などの家畜診療費が低い

2015年度   乳用牛における産次毎の空胎日数と305日乳量との関係

2015年度   候補種雄牛が総合指数上位にランクインする確率を示す指標P40の開発

2014年度   乳用雌牛の初回授精受胎率の遺伝的能力を正確に評価する方法

2014年度   ラクトフェリンによるウシ乳腺を構成する細胞の増殖制御

2013年度   305日乳量と体細胞スコアに対する改良効果を最大にする泌乳持続性選抜基準

2013年度   乳牛の泌乳曲線と乳房炎・肢蹄病および受胎率との間の遺伝的関係

2012年度   泌乳ステージごとの検定日乳量に対する体細胞スコア効果の推定モデル

2012年度   乳牛の長命性の遺伝的能力をより正確に推定する方法

2011年度   酪農の経営改善に貢献する泌乳持続性の高い乳用牛への改良

2010年度   時間制限放牧とオーチャードグラス採草兼用地利用による省面積な放牧システム

2008年度   泌乳持続性・乳量の年当たり改良効果の高いデータ取得年数

2007年度   初産牛の泌乳パターンと泌乳中後期の泌乳器病発症およびBCS回復との関係

2005年度   日本短角種の複数の産肉形質を同時にバランスよく改良する方法

2005年度   泌乳曲線平準化を目指した選抜指数による改良効果の検証

2005年度   乳牛の生涯生産性向上に有用な体測定値に関する指標

2004年度   まき牛繁殖構造における日本短角種の改良と遺伝的多様性の維持

この記事は