森昭憲

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 森昭憲
連絡先(電話番号) 029-838-8249
所在都道府県名 栃木県
見える化ID 000969
URL http://researchmap.jp/_mori
https://www.researchgate.net/profile/Akinori_Mori
http://www.naro.affrc.go.jp/nilgs/introduction/chart/domain053/index.html
カテゴリ 温暖化対策 気候変動対策 草地管理高度化

研究情報

2014年度   Methane and nitrous oxide emissions due to excreta returns from grazing cattle in Nasu, Japan

2014年度   Effect of dairy manure type and supplemental synthetic fertilizer on methane and nitrous oxide emissions from a grassland in Nasu, Japan

2013年度   Carbon dioxide exchange at four intensively managed grassland sites across different climate zones of Japan and the influence of manure application on ecosystem carbon and greenhouse gas budgets

2013年度   Seasonal carbon dynamics and the effects of manure application on carbon budget of a managed grassland in a temperate, humid region in Japan

2013年度   The effect of fertilizer and manure application on CH4 and N2O emissions from managed grasslands in Japan

2013年度   Carbon dioxide exchange at four intensively managed grassland sites across different climate zones of Japan and the influence of manure application on ecosystem carbon and greenhouse gas budgets

2013年度   Seasonal carbon dynamics and the effects of manure application on carbon budget of a managed grassland in a temperate,

2012年度   The effect of fertilizer and manure application on CH4 and N2O emissions from managed grasslands in Japan

2012年度   Effect of combined application of manure and fertilizer on N2O fluxes from a grassland soil in Nasu, Japan.

2012年度   The effect of fertilizer and manure application on CH4 and N2O emissions from managed grasslands in Japan

2012年度   Carbon dioxide exchange at four intensively managed grassland sites across different climate zones of Japan and the influence of manure application on ecosystem carbon and greenhouse gas budgets

2012年度   Carbon dioxide exchange at four intensively managed grassland sites across different climate zones of Japan and the influence of manure application on ecosystem carbon and greenhouse gas budgets

2011年度   Effect of combined application of manure and fertilizer on N2O fluxes from a grassland soil in Nasu, Japan

2011年度   Evaluation of a portable chamber system for soil CO2 efflux measurement and the potential errors caused by internal compensation and water vapor dilution

2010年度   草地の植生と炭素収支の季節変化

2010年度   堆肥または化学肥料を散布した草地からのメタン、亜酸化窒素の発生量の経年変化

2010年度   草地土壌の温室効果ガス・シンク・ソース機能

2010年度   Nitrous oxide and methane emissions from grassland treated with bark- or sawdust-containing manure at different rates

2009年度   草地土壌の温室効果ガス・シンク・ソース機能に関する研究

2009年度   草地土壌の温室効果ガス・シンク・ソース機能に関する研究

2007年度   Grassland renovation increases N2O emission from a volcanic grassland soil in Nasu, Japan

2006年度   家畜ふん尿に由来する重金属の草地飼料畑に対する投入量と牧草飼料作物による収奪量の地域別推定値

2005年度   集約的畜産地帯における窒素沈着の実態

2005年度   集約的畜産地帯における大気中アンモニア濃度の実態

2005年度   集約的畜産地帯における湿性窒素沈着の実態

2005年度   集約的畜産地帯における大気中アンモニア濃度の実態

2004年度   草地飼料畑における微量重金属の堆肥による投入量と牧草および飼料作物による収奪量

2003年度   遮蔽物による直達日射の制限がトルコギキョウの生育と開花に与える影響

2002年度   植生の異なる草地におけるメタン吸収機能

2001年度   木炭の孔隙特性が硝酸イオンの保持機能に及ぼす影響

2000年度   光遮蔽物による被陰がトルコギキョウの生育、品質に及ぼす影響

2000年度   高温条件下でのトルコギキョウの生育開花に及ぼす苗低温処理の影響

2000年度   トルコギキョウのロゼット化誘導温度条件の検討

2000年度   ヤーコンの収量に及ぼす施肥量及び栽植密度の影響

2018年度   排せつ物のリサイクルに立脚する牧草生産全体から発生する温室効果ガスのLCA

2015年度   放牧牛の排せつ物に由来するメタンと一酸化二窒素の排出係数

2015年度   堆肥はスラリーより採草地の土壌炭素収支を改善する効果が大きい

2014年度   種類が異なる有機物の施用と適切な施肥を組合せた草地の温室効果ガス発生量

2014年度   堆肥施用による採草地の炭素収支改善効果

2013年度   ガスフラックスの長期観測により、国内採草地の温室効果ガス収支をはじめて評価し、一酸化二窒素の排出係数を算定

2013年度   水田を利用した省力・低コスト肉用子牛生産に活用できる「水田放牧の手引き」

2011年度   堆肥連用と適切な減肥の組み合わせで、草地から発生する一酸化二窒素が抑制される

2010年度   堆肥散布量が異なる草地からの一酸化二窒素とメタンの発生量

2010年度   子牛生産の環境負荷は牧草利用と放牧飼養により低減する

2008年度   草地更新に伴う亜酸化窒素の排出量

2004年度   我が国の草地飼料畑では堆肥による微量重金属の投入量が作物収奪量よりも多い

2004年度   草地飼料畑では堆肥による重金属の投入量が作物収奪量よりも多い

2002年度   草地におけるメタンシンク機能と植生の関係

2001年度   ヘアリーベッチすき込みによる水稲の環境保全型栽培法

2000年度   本州の草地飼料畑は家畜ふん尿由来の窒素が潜在的に過剰である地域が多い

2000年度   直達光遮断下におけるトルコギキョウの生育

1997年度   四国地域におけるヤーコンの栽培適地

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   草地の脱窒酵素活性に及ぼす有機物管理の影響解析

この記事は