恒川磯雄

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 恒川磯雄
連絡先(電話番号) 029-838-8249
所在都道府県名 栃木県
見える化ID 000960
URL
カテゴリ 経営管理 肉牛 乳牛

研究情報

2014年度   Whole Crop silage 用稲の低コスト収穫・調製体系に関する研究

2014年度   水田飼料作経営成立の可能性と条件

2014年度   稲麦WCS二毛作の経済性と事例における成立の背景

2014年度   国産飼料流通の実態と費用低減に向けた課題

2013年度   水田利用型耕畜連携におけるコントラクター組織の経営安定化に関する考察

2012年度   地域農業の展開からみた水田の畜産的利用の成立条件― 関東平坦部の放牧を対象に―

2011年度   耕畜連携の意義と形成条件 ―飼料用稲の導入とコントラクター組織の形成―

2009年度   中山間地域における耕畜連携地域営農モデルの特徴と導入条件-中国地域における飼料用稲の生産・利用を中心に-

2009年度   コントラクター設立による耕畜連携活動の組織形成 と課題-北関東地域の事例から-

2007年度   集落営農における飼料用稲生産の意義と課題

2006年度   飼料用稲生産における堆肥の循環利用の課題 ― 中国地域の事例を対象に ―

2006年度   酪農経営における飼料用稲利用の経済性-広島県と鳥取県の事例をもとに-

2004年度   農業所得税申告書の利用可能性に関する一考察―「クロヨン」に関するマクロレベルの検討―

2004年度   新たな米政策下における中山間地域水田営農の展開と課題

2004年度   農家の納税資料の利用可能性に関する考察

2004年度   農業所得税申告書の利用可能性に関する一考察-「クロヨン」に関するマクロレベルの検討-

2004年度   米政策転換下の飼料用稲生産の課題

2002年度   畜産経営の構造分析-経営の専業化の進展と地域農業-

2002年度   農業経営者が求める営農情報―農林漁業金融公庫アンケート調査から―

2002年度   畜産経営の構造分析-経営の専業化の進展と地域農業-

2001年度   農業経営者が求める営農情報-農林漁業金融公庫アンケート結果から-

2000年度   農林公庫融資先農業経営者の経営意識について

2000年度   企業的農業経営の動向と金融支援

2000年度   認定農業者の営農意識に関する分析

2000年度   農業経営者が求める営農情報

2000年度   農業経営者の経営展開の意向

2000年度   施設花き経営の動向

2000年度   農林公庫融資先農業経営者の経営意識について

2008-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   企業的農業経営に関わる経営支援共同組織の形態と成立可能性に関する研究

この記事は