安藤哲

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
肩書き 主席研究員
氏名 安藤哲
連絡先(電話番号) 011-857-9260
所在都道府県名 北海道
見える化ID 000095
URL
カテゴリ 飼育技術 乳牛

研究情報

2014年度   Enantiospecific synthesis and field evaluation of four streoisomers of 10,14-dimethyloctadec-1-ene, a sex pheromone component secreted by female moths of the apple leafminer

2013年度   大規模トラップ試験で分かったクビアカスカシバの発生生態

2013年度   ナシカワホソガの性フェロモンを介した配偶行動の観察

2009年度   小規模移動放牧の指導普及向けマニュアル「よくわかる移動放牧Q&A」

2009年度   黒毛和種繁殖雌牛における暑熱期の寒冷紗を用いたひ陰舎の防暑効果

2009年度   黒毛和種繁殖雌牛における暑熱期の寒冷紗を用いたひ陰舎の防暑効果

2005年度   育成牛における歩行運動時の熱産生量の増加ならびに心拍数と熱産生量の関係

2002年度   赤外線照射に対するホルスタイン種、黒毛和種育成牛の生理反応について

2001年度   心拍数から推定した熱産生量による放牧育成牛群のエネルギー収支の解析方法の検討

2001年度   放牧強度が草地の生産量・栄養価・植生に及ぼす影響

2001年度   属間雑種フェストロリウム草地の放牧利用特性

2001年度   ホルスタイン種育成牛群の放牧時のエネルギー収支の解析方法

2000年度   スキバドクガの性フェロモン成分 - モノエポキシドとジエポキシド化合物.

2000年度   沖縄本島産コシロモンドクガ性フェロモンの同定: トランスエポキシド.

2000年度   Posticlure: a novel trans-epoxide as a sex pheromone component of the tussock moth, Orgyia postica (Walker).

2000年度   ドクガ科の分泌するdiepoxyalkene類の合成とGC-MS分析

2000年度   放牧時の牛の体温と熱産生量の日内変動

2000年度   放牧時の採食量と心拍数、推定熱産生量の関係

2000年度   放牧利用した属間雑種フェストロリウム草地の栄養特性

2000年度   温暖地における集約放牧に適した草種

2000年度   Heat production herbage intake,and heart rate of grazing heifers.

2000年度   におい物質を用いた放牧家畜の採食制御

この記事は