小板橋 基夫

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門
肩書き ユニット長
氏名 小板橋 基夫
連絡先(電話番号) 029-838-8249
所在都道府県名 栃木県
見える化ID 000947
URL http://researchmap.jp/read0125680
カテゴリ 病害虫防除 防除

研究情報

2013年度   農業環境技術研究所が所蔵する微生物さく葉標本目録のWeb公開

2012年度   A novel actinomycete derived from wheat heads degrades deoxynivalenol in the grain of wheat and barley affected by Fusarium head blight.

2012年度   Bacterial Cytochrome P450 System Catabolizing the Fusarium Toxin Deoxynivalenol

2008年度   植物の葉から採れたカビが生分解性プラスチックを強力に分解

2007年度   130年間収集された農業環境技術研究所所蔵微生物標本のデータベース作成

2007年度   イネ常在酵母Pseudozyma antarctica生分解性プラスチック分解酵素と遺伝子の同定

2006年度   ムギ栽培圃場から分離されたDeoxynivalenol分解細菌

2006年度   ノニルフェノールポリエトキシレート散布によるイネ葉圏細菌への影響

2006年度   健全イネおよびいもち病罹病イネに生息する細菌の群集構造およびいもち病菌に対する拮抗能

2006年度   イネ生息細菌の群集構造に及ぼす展着剤の影響

2006年度   ダイズ葉および莢果に生息する細菌フロラ

2006年度   ダイズ葉および莢果から分離された細菌相の構成

2006年度   葉上生息性バクテリアル・エピファイトによるトマト地上部病害の制御

2006年度   Cylindrocladium canadense によるイチゴ苗立枯病(新称)

2003年度   天敵と熱水土壌消毒を核とした秋冬作メロンの総合的病害虫管理体系

2003年度   ディルおよびチャービルに発生したうどんこ病(新称)

2002年度   温湯浸漬処理がイチゴ苗に及ぼす影響と病虫害防除の効果

2002年度   ディルおよびチャービルに発生したうどんこ病(新称)

2002年度   パセリーうどんこ病菌の宿主範囲と完全世代の確認

2002年度   温湯浸漬によるイチゴうどんこ病およびハダニの不活化処理法の検討

2002年度   硫黄粉剤散布によるメロンおよびイチゴうどんこ病の省力防除

2000年度   東北各地のイチゴ体上から分離された各種糸状菌のイチゴうどんこ病発病に及ぼす影響

2000年度   トマトへた腐れ症

2000年度   東北地域におけるイチゴうどんこ病に対する拮抗微生物の収集と特性評価

2000年度   キュウリのうどんこ病抵抗性選抜系統の抵抗性機構

2000年度   沖縄県における野菜花き類の生産安定のための病害防除技術の確立

2000年度   イチゴうどんこ病菌の長期保存法の検討

2000年度   Biocontrol of parsley powdery mildew and growth inhibition of pathogenic fungi of vegetables by a filamentous fungus which produces volatile materials.

2000年度   パセリうどんこ病に対する揮発性静菌物質生産糸状菌処理と

2000年度   揮発性静菌物質生産糸状菌によるパセリうどんこ病の防除

2000年度   揮発性静菌物質を生産する糸状菌を利用した野菜病害の生物防除

2000年度   Biocontrol of aerial part disease of crops through volatile materials derived from fungus products.

2000年度   パセリうどんこ病を抑える生物防除法を開発

2000年度   揮発性静菌物質生産糸状菌の生産する5-ペンチル-2-フルアルデヒドの特性評価

2000年度   揮発性静菌物質生産糸状菌によるパセリうどんこ病の防除と薬剤防除との比較

2000年度   揮発性静菌物質生産糸状菌による野菜地上部病害の生物防除

2017年度   植物生息細菌から見出された新規のUVA吸収成分「メチロバミン」

2015年度   生分解性プラスチック分解酵素と保湿剤併用による生分解性マルチフィルムの分解促進

2015年度   生分解性マルチの分解速度が畑によって違う理由には土壌微生物とそれらが生産する酵素が関わっている

2013年度   キシロースを用いた生分解性プラスチック(生プラ)分解酵素の大量生産

2013年度   多くの種類の生分解性プラスチックを分解できる酵素 -植物葉面に生息するカビの一種が生産-

2013年度   穀粒を汚染するかび毒を分解する菌の分解酵素遺伝子の解明

2013年度   コムギ穂からのかび毒デオキシニバレノール分解菌の分離

2010年度   赤かび毒デオキシニバレノールを分解する細菌Nocardioides sp. WSN05-2株をムギ栽培圃場から分離

2008年度   農業環境インベントリーシステムのWeb公開

2008年度   植物の葉から採れたカビが生分解性プラスチックを強力に分解

2007年度   葉の表面に棲む生分解性プラスチック分解酵母

2007年度   温室栽培トマトと露地栽培トマトの葉面生息細菌相は著しく異なる

2005年度   130年にわたって採集された微生物さく葉標本の目録の作成と公開

2005年度   植物生息細菌の定性・定量的解析とデータベースの構築

1998年度   揮発性静菌物質生産糸状菌によるパセリうどんこ病の防除(研究)

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   コスモポリタン真菌種からの生分解性プラスチック分解菌の探索と分解機構の解明

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   植物糸状菌病害の発生を助長するヘルパーバクテリアの発病助長因子の解明

2006-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   糸状菌が生産する揮発性抗菌物質を活用した環境リスク菌類の制御技術の確立

この記事は