森田聡一郎

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門
肩書き 主任研究員
氏名 森田聡一郎
連絡先(電話番号) 029-838-8249
所在都道府県名 栃木県
見える化ID 000946
URL
カテゴリ 栽培技術 飼料用作物 とうもろこし 播種

研究情報

2014年度   二毛作条件下におけるサイレージ用トウモロコシ(Zea mays L.)の畝立て播種に関する現地試験

2014年度   二毛作条件下におけるサイレージ用トウモロコシ(Zea mays)の畝立て播種に関する現地試験

2014年度   関東地域におけるトウモロコシ二期作適地の近年の状況と今後の変化予測

2014年度   二毛作トウモロコシの播種作業時間を大幅に削減可能な耕うん同時播種技術

2014年度   関東地域におけるトウモロコシ(Zea mays L.)二期作適地の近年の状況と今後の変化予測

2014年度   北関東における飼料イネ(Oryza sativa L.)との二毛作体系に適したオオ_x000D_ムギ(Hordeum vulgare L.)品種の飼料適性

2014年度   Temporal changes of tocochromanols in leaves and spikes of barley cultivars during the development of the caryopsis

2013年度   飼料二毛作におけるトウモロコシの簡易耕播種法

2013年度   水田圃場において畝立て播種法および肥効調節型肥料を用いて栽培されたサイレージ用トウモロコシ(Zea mays L.)2品種の乾物収量

2011年度   トリプルディスク方式により不耕起播種されたトウモロコシ(Zea mays L.)の播種精度と初期生育へ与える影響

2011年度   関東における不耕起栽培

2011年度   トウモロコシ(Zea mays L.)の不耕起播種栽培における土壌物理性が播種精度および初期生育に及ぼす影響

2011年度   Determination of the effective cumulative temperature required for second cropping of corn (Zea mays L.) at the northern boundary for the double-cropping system

2011年度   関東北部のサイレージ用トウモロコシ(Zea mays L.)二期作栽培における乾物収量および乾物率

2011年度   The productivity of the mix-seeded field of barley (Hordeum vulgare L.) and triticale (Secale × Triticum) in a paddy field after forage rice

2011年度   phythium属菌によるトウモロコシの根腐病;品種・系統、感染時期および病原菌種による発生程度の違い

2011年度   トウモロコシ(Zea mays L.)の不耕起播種栽培における土壌物理性が播種精度および初期生育に及ぼす影響

2011年度   関東における不耕起栽培

2011年度   冬作草種とその刈高および残根がトリプルディスク方式により不耕起播種されたトウモロコシ(Zea mays L.)の播種精度と初期生育へ与える影響

2010年度   Pythium graminicolaに感染したトウモロコシで観察された2タイプの病徴について

2010年度   サイレージ用トウモロコシ(Zea mays L.)市販品種の幼苗期における耐湿性の差異

2009年度   サイレージ用トウモロコシ(Zea mays L.)市販品種の幼苗期における耐湿性の差異

2008年度   2003年冷夏がサイレージ用トウモロコシ(Zea mays L.)の生育・収量に及ぼした影響

2007年度   生育中期の局地的強風雨によるサイレージ用トウモロコシの倒伏およびその回復に見られた品種間差異

2018年度   子実用トウモロコシ生産・利活用の手引き(都府県向け)

2018年度   全国の2次メッシュ気象予測データに基づくトウモロコシ二期作適地の変化予測

2017年度   関東地域のトウモロコシ二期作の新たな適地判定指標策定と栽培適地拡大状況

2016年度   ソルガム新品種「涼風」および「峰風」を活用した2つの新たな飼料作物作付体系

2015年度   関東地域におけるトウモロコシ二期作栽培に適した品種の早晩性及び栽培適地

2015年度   ソルガム新品種「涼風」及び「峰風」を活用した飼料作物作付体系の乾物収量

2014年度   二毛作トウモロコシの播種作業時間を大幅に削減可能な耕うん同時播種技術

2013年度   飼料二毛作におけるトウモロコシの簡易耕播種法

2013年度   エンバク冬枯れ被害防止マニュアル

2013年度   二毛作トウモロコシの耕うん畝立て播種に適した作業工程とその湿害軽減効果

2012年度   夏作飼料作物において問題になると予想される帰化雑草の発生実態

2012年度   関東におけるトウモロコシ二期作の栽培適地と限界地帯における生産性

2011年度   飼料畑の深耕による放射性セシウムの下層埋設と空間線量率の低減

2011年度   堆肥の継続的な施用は飼料用トウモロコシの放射性セシウム低減に有効である

2010年度   二毛作で収量の安定確保と作業時間・コスト削減が可能なトウモロコシ簡易耕播種

2010年度   トウモロコシ品種の耐湿性と畝立て播種及び肥効調節型肥料の湿害軽減効果

2009年度   飼料用トウモロコシ畑における雑草防除意思決定支援システム

2006年度   作業工程の削減と作期分散が可能な温暖地向け不耕起-夏秋二毛作体系

2006年度   サイレージ用トウモロコシ市販品種における種子の冠水抵抗性の品種間差異

2005年度   不耕起播種トウモロコシ作付体系に適する冬作草種の選定と再生草処理法

2005年度   遺伝子組換えトウモロコシ連作後の飼料作栽培における生物相への影響モニタリング

2004年度   除草剤耐性遺伝子組換えトウモロコシ栽培による圃場環境への影響のモニタリング

2004年度   リビングマルチ利用マメ科再生草の刈払い処理によるトウモロコシの増収効果

2004年度   飼料用トウモロコシの2003年冷害の発生様式

2003年度   多年生帰化雑草ワルナスビの侵入・拡散パターン

2016-2018年   [農林水産省 農林水産技術会議]   粗飼料自給率100%を目指すアルファルファ単播草地の造成・管理法と省力的な収穫・調製技術の確立

この記事は