福本泰之

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門
肩書き ユニット長
氏名 福本泰之
連絡先(電話番号) 029-838-8249
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000904
URL http://researchmap.jp/read0081963
カテゴリ 環境対策 環境負荷低減 気候変動対策

研究情報

2014年度   Mitigation option of greenhouse gas emission from livestock manure composting

2014年度   Effect of pH on phosphorus, copper, and zinc elution from swine wastewater activated sludge._x000D_

2014年度   炭素繊維担体を利用した温室効果ガス発生量の少ない汚水浄化処理技術

2012年度   Effect of electron donors on anammox coupling with nitrate reduction for removing nitrogen from nitrate and ammonium

2012年度   Responses of community structure of amoA-encoding archaea and ammonia-oxidizing bacteria in ammonia biofilter with rockwool mixtures to the gradual increases in ammonium and nitrate.

2011年度   Characteristics of nitrogen transition and N2O generation in the composting of cattle, swine and poultry manure

2011年度   Bacterial community dynamics in aerated cow manure slurry at different aeration intensities

2010年度   Effects of struvite formation and nitratation promotion on nitrogenous emissions such as NH3, N2O and NO during swine manure composting

2006年度   亜硝酸酸化細菌の添加による家畜排泄物堆肥化過程でのN2O発生制御

2004年度   家畜ふん尿の堆積堆肥化処理に伴うアンモニア、メタンおよび亜酸化窒素の発生量

2002年度   豚尿汚水の活性汚泥処理から発生する環境負荷ガスの連続測定

2002年度   養豚農家の排泄物処理過程における物質収支把握の試み

2002年度   畜産経営からの環境負荷ガス発生

2002年度   酪農場から発生する環境負荷ガスの実態調査

2002年度   肥育豚1頭あたりのふん尿に起因する環境負荷ガス発生総量

2002年度   近赤外分光法による堆肥の臭気成分分析及び臭気成分を指標とした発酵品質評価

2002年度   家畜排泄物堆肥化過程からの環境負荷ガス発生に及ぼす日射の影響

2002年度   炭素源の添加が豚ふん液肥化過程における大腸菌の消長に及ぼす影響

2001年度   乳牛ふんの堆肥化におけるブロイラーふん添加割合の検討

2001年度   管状イオン交換膜を利用した通電透析法による豚舎汚水の高度処理

2001年度   酪農家および肥育牛農家の排泄物処理過程等における物質収支把握の試み

2001年度   酪農及び肥育牛農家からの環境負荷ガス発生

2001年度   北海道の酪農経営からの環境負荷ガス発生調査

2001年度   岡山県内の酪農及び肥育牛経営からの環境負荷ガス発生調査

2001年度   岡山県下の畜産経営(酪農・肥育牛)内ふん尿処理過程における窒素等物質収支把握の試み

2001年度   異なった糞尿処理施設を有する酪農場の窒素負荷比較

2001年度   主要研究成果(参考): 管状イオン交換膜を用いた豚舎排水の高度処理

2001年度   炭素源添加による曝気スラリーからのアンモニア揮散抑制

2001年度   堆肥中のガス濃度構成とガス揮散との関係

2001年度   管状イオン交換膜を利用した通電透析法による豚舎汚水の高度処理と栄養塩類の濃縮

2001年度   近赤外分光法による堆肥有機成分の推定

2001年度   Evaluation of the Chamber System for Gas Measurement from the Livestock Waste Compost.

2000年度   Development of new dynamic chamber system for measuring harmful gas emission from composting livestock waste

2000年度   家畜排泄物堆肥化に伴う臭気の軽減技術の開発(第10報)高温性アンモニウム耐性細菌TAT105株の性状

2000年度   牧草の水耕栽培による家畜尿汚水の高度処理(第3報)イタリアンライグラスを主体とした処理効果

2000年度   牛ふんに接種した大腸菌の増殖

2000年度   野外堆積による家畜ふん堆肥の堆肥化過程から発生するメタン

2000年度   牛糞の堆積式堆肥化過程におけるCH4,NH3,N2O揮散量の測定

2000年度   家畜排泄物処理過程からの環境負荷揮散物質測定システム

2000年度   養豚排水のリン除去にカキガラを利用した処理ミニプラントの運転結果

2000年度   通電透析法による豚尿汚水活性汚泥処理水の高度処理と栄養塩類の濃縮・回収

2000年度   通電透析法による豚尿汚水活性汚泥処理水の高度処理

2018年度   畜産廃水処理におけるゼオライトを微生物保持担体としたアナモックスリアクター

2018年度   養豚廃水処理施設の赤色バイオフィルムに高い確率でアナモックス菌が高濃度に存在する

2017年度   養豚廃水を連続曝気式活性汚泥処理する際の溶存酸素濃度制御による窒素除去

2017年度   実規模ロックウール生物脱臭装置内の脱窒菌群集の特徴

2015年度   豚糞堆肥化処理におけるアンモニア低減細菌Bacillus sp. TAT105の製剤的利用

2015年度   畜産廃水活性汚泥処理水中のリン、亜鉛の濃度およびこれらに対するpHの影響

2014年度   炭素繊維担体を利用した温室効果ガス発生量の少ない汚水浄化処理技術

2012年度   生物脱臭装置での窒素成分と微生物の挙動解析

2011年度   異なる通気条件下での牛ふん尿スラリー中環境負荷物質および細菌群集の動態

2011年度   網を利用したMAP結晶化法による豚舎汚水中リンの除去回収技術

2010年度   実規模ロックウール生物脱臭装置におけるアンモニア除去微生物群集の特徴

2010年度   豚ぷん堆肥化過程から発生する窒素性環境負荷ガスの抑制

2008年度   網を利用したMAP結晶化法による豚舎汚水中リンの除去回収技術

2006年度   亜硝酸酸化細菌の添加による家畜排泄物堆肥化過程でのN2O発生制御

2006年度   MAP形成による家畜ふんの堆肥化からのアンモニア発生低減

2005年度   浮遊物質の除去処理によって豚舎汚水の全亜鉛、全銅濃度は低減化できる

2004年度   アンモニウム濃度低減化によるメタン発酵脱離液の植物生育障害の改善

2004年度   家畜ふん尿の堆積堆肥化処理に伴うアンモニア、メタンおよび亜酸化窒素の発生

2004年度   家畜ふん尿の堆積堆肥化処理に伴うアンモニア、メタンおよび亜酸化窒素の発生量

2003年度   MAP付着回収法による豚舎汚水中リンの回収技術

2003年度   ORPの変動から液肥化処理の終了時期を判断できる

2003年度   採卵鶏農家の環境評価に使用可能なふん尿処理関連の原単位

2002年度   家畜排せつ物の堆肥化処理からのアンモニア発生を低減する微生物

2002年度   家畜ふん尿処理由来の揮散物質を測定する入気制御式・気密チャンバーシステム

2002年度   肥育豚1頭あたりのふん尿に起因する環境負荷ガス発生総量

2002年度   生堆肥試料のスペクトルを用いた近赤外分光法による成分推定と品質判定

2001年度   臭気成分を指標とした家畜糞発酵堆肥の迅速な品質判定

2001年度   近赤外分析法によるリグニンを指標とした家畜糞発酵堆肥の迅速な品質判定

2001年度   管状イオン交換膜を用いた豚舎排水の高度処理

1998年度   家畜排泄物処理過程からの環境負荷揮散物質測定システム

2008-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   牛、豚、鶏糞堆肥化からの亜酸化窒素発生特性と硝酸菌添加による抑制効果の検証

この記事は