西浦明子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門
肩書き 主任研究員
氏名 西浦明子
連絡先(電話番号) 029-838-8249
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000870
URL
カテゴリ 育種 乳牛

研究情報

2014年度   イアコーンサイレージ給与が乳牛の乳生産性と乳中揮発性成分に及ぼす影響

2014年度   乳量および乳成分率への環境の影響と泌乳曲線による環境要因の補正

2014年度   飼養環境の影響を把握するための標準乳タンパク質率と標準乳脂率

2014年度   Genetic analysis of energy balance in the first three lactations of Japanese Holsteins

2014年度   Genetic Relationships between Herd Life and Type Traits of Holstein Cattle in Japan using Random Regression Test-day Models

2012年度   イアコーンサイレージの収穫調製作業体系の構築

2012年度   ホルスタイン種牛群における管理指標としての標準乳量算出モデルの検討

2011年度   豚の病変形質と免疫形質の因果構造の推定

2011年度   Genetic evaluation of the longevity of the Holstein population in Japan using a Weibull proportional hazard model

2011年度   Phenotypic relationship between lactation persistency and change in body condition score in first-lactation Holstein cows

2010年度   Genetic Correlations between Growth Parameters pf Body Size Traits and Herd Life

2009年度   自由採食下の泌乳初期所産牛における反芻胃容積、消化管内容物および内容物滞留時間

2006年度   乳牛における生涯生産性の選抜指標に関する研究

2002年度   ホルスタイン種のMuc1構造およびVNTRと乳中体細胞数との関連

2002年度   乳牛における牛群滞在期間と体重・体型形質との関連性

2002年度   泌乳ステージ毎の目標乳量を達成するための選抜指数法

2002年度   ウシの多型検出ならびに乳中体細胞数との関連性について

2002年度   ホルスタイン種におけるMUC1-VNTR多型と乳中体細胞数との関連性について

2000年度   国と種雄牛との交互作用を考えた国際遺伝能力モデル

2000年度   移植受精卵数の変動を考慮したMOET育種集団における近交抑制のためのMate Selection

2017年度   乳量と体細胞スコアの利用で泌乳期間中の生存率(PSR)の改良速度が向上

2017年度   新しく改訂した日本飼養標準・乳牛(2017年版)の公表

2015年度   乳用牛における乳脂肪の乳タンパク質に対する比率の産次ごとの遺伝的特性

2015年度   乳用牛の在群性能力の指標となる産次内生存率の開発

2014年度   飼養環境の影響を把握するための標準乳タンパク質率と標準乳脂率

2014年度   イアコーンサイレージ給与による乳中ラクトン含量の変化

2012年度   標準泌乳曲線の作成と環境の区分け

2011年度   イアコーンサイレージの大規模収穫調製技術

2010年度   牛群管理指標としての標準乳量の算出式

2010年度   豚の産子数における選抜指標は総産子数よりも生存産子数のほうが効率的である

2010年度   雌雄同時に制限を付加した制限付き選抜のための理論と汎用プログラム

2010年度   最後胸椎部位から体長1/2部位のロース断面積推定は可能である

2010年度   豚の遺伝的パラメーターを高精度で推定するための指標

2009年度   イアコーンは機械収穫でき、そのサイレージは嗜好性と栄養価が高い

2008年度   泌乳持続性・乳量の年当たり改良効果の高いデータ取得年数

2007年度   初産牛の泌乳パターンと泌乳中後期の泌乳器病発症およびBCS回復との関係

2005年度   泌乳曲線平準化を目指した選抜指数による改良効果の検証

2005年度   乳牛の生涯生産性向上に有用な体測定値に関する指標

2004年度   まき牛繁殖構造における日本短角種の改良と遺伝的多様性の維持

2003年度   泌乳中・後期の乳量改良を最大の確率で実現する選抜指数式

2003年度   泌乳中・後期の乳量改良を最大の確率で実現する選抜指数式

2002年度   泌乳ステージ毎の目標乳量を達成するための選抜指数法

2002年度   乳中ムチンタンパク質遺伝子の縦列反復配列多型と乳中体細胞数との関連

2001年度   環境に拘わらず発現する育種価と環境毎に固有に発現する育種価算出法

この記事は