佐々木 修

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門
肩書き ユニット長
氏名 佐々木 修
連絡先(電話番号) 029-838-8249
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000867
URL
カテゴリ 育種 乳牛

研究情報

2014年度   Overdominance Effect of the Bovine Ghrelin Receptor (GHSR1a)-DelR242 Locus on Growth in Japanese Shorthorn Weaner Bulls: Heterozygote Advantage in Bull Selection and Molecular Mechanisms

2014年度   乳量および乳成分率への環境の影響と泌乳曲線による環境要因の補正

2014年度   飼養環境の影響を把握するための標準乳タンパク質率と標準乳脂率

2014年度   Genetic analysis of energy balance in the first three lactations of Japanese Holsteins

2014年度   Genetic Relationships between Herd Life and Type Traits of Holstein Cattle in Japan using Random Regression Test-day Models

2013年度   泌乳持続性の改良に対する乳量および体細胞スコアの相関反応の予測

2012年度   ホルスタイン種牛群における管理指標としての標準乳量算出モデルの検討

2012年度   Genetic correlations between milk production traits and somatic cell scores on test day within and across first and second lactations in Holstein cows

2011年度   豚の病変形質と免疫形質の因果構造の推定

2011年度   Economic effects of using sexed semen in Japanese dairy herds

2011年度   Genetic evaluation of the longevity of the Holstein population in Japan using a Weibull proportional hazard model

2011年度   Mapping of quantitative trait loci affecting growth traits in a Japanese native chicken cross.

2010年度   牛群管理指標としての標準乳量の算出式

2010年度   Application of Random Regression Models for Herd Life of Holstein Cattle in Japan

2010年度   Mapping of quantitative trait loci affecting eggshell quality in an F2 population derived from strong e White Leghorn chicken breed.

2009年度   乳量と産次数の異なる酪農家間の繁殖形質および管理形質の比較

2009年度   水稲登熟期間の時期別高温処理が不完全米の発生に及ぼす影響

2008年度   水稲登熟期間の温度および遮光処理が背白米の発生に及ぼす影響

2008年度   水稲登熟期の高温条件下における背白米の発生に及ぼす窒素施肥量の影響

2008年度   乳牛における在群性の遺伝的パラメータ推定と評価について

2007年度   暖地水稲における窒素施肥量が背白米の発生に及ぼす影響

2007年度   水稲登熟期間の高温時期および窒素施肥量が背白米の発生に及ぼす影響

2005年度   ミルキングパーラー搾乳システムにおける交互検定法の適用

2005年度   シリアンハムスターの離乳時体重選抜系の分娩時体重と繁殖形質との関係

2005年度   地中海沿岸を中心とした乳用羊の品種とその改良

2005年度   シリアンハムスターの離乳時体重選抜系の分娩時体重と繁殖形質との関係

2005年度   効率的なQTL探索方法の開発と活用法

2004年度   母性効果を利用した離乳時体重の選抜における分娩時体重と繁殖形質の関係

2004年度   繁殖能力に優れたシナモン色の毛色を呈する遺伝子を持つ近交系シリアンハムスターの作出

2004年度   繁殖能力に優れたシナモン色の毛色を呈する遺伝子を持つ近交系シリアンハムスターの作出

2003年度   シリアンハムスターにおける3週齢体重の母性効果を利用した選抜試験 7.遺伝的パラメータの再推定

2002年度   シリアンハムスターにおける3週齢時体重の母性効果を利用した選抜試験 4.8世代までの結果

2002年度   シリアンハムスターにおける母性効果を利用した選抜試験 6.10世代までの結果

2002年度   ニワトリ遺伝連鎖地図-Hiroshima/NIAS linkage map-の作製

2002年度   軍鶏と白色プリマスロック種のF2家系を用いたQTL解析

2002年度   在群性シミュレーションのデータ発生時の切断と作為的な淘汰の長期的な影響

2002年度   ランドレース系統豚の維持集団における初期発育形質と近交係数の関係

2002年度   欧米系3品種および梅山豚におけるマーカーを用いた遺伝的近交度の評価

2002年度   系統造成における基礎集団の血縁とその後の改良量の関係

2002年度   ナシ葉形の簡便な数値化

2002年度   ナシ葉形測定のための最適なサンプリング法

2002年度   シリアンハムスターにおける母性効果を利用した選抜試験 7.遺伝的パラメータの再推定

2002年度   シリアンハムスターにおける母性効果を利用した選抜試験 4.8世代までの結果

2001年度   シリアンハムスターによる母性効果を利用した選抜試験 2.4世代までの結果

2001年度   シリアンハムスターによる母性効果を利用した選抜試験4. 8世代までの結果

2001年度   シリアンハムスターにおける母性効果を利用した選抜試験、2.4世代までの結果

2001年度   シリアンハムスターにおける母性効果を利用した選抜試験 5.9世代までの結果

2001年度   ランドレース系統豚の維持集団における繁殖形質と近交係数の関係

2001年度   ランドレースきょうだい交配家系におけるDNAマーカーホモ化の推移

2001年度   ブタ第7染色体の背脂肪厚QTL解析の精密化

2001年度   近親交配で生産された子豚の前肢肢骨の外部形態、内部構造ならびに骨密度

2001年度   白色レグホーン種とロードアイランドレッド種のF2家系を用いたQTL解析

2001年度   クローン検定による肉牛改良の経済効果

2001年度   形質に関与する遺伝子座の効果の大きさが選抜反応に及ぼす影響

2001年度   生涯生産性に関する遺伝的パラメーターのデータ切断の影響

2001年度   ブタ7番染色体の詳細な連鎖地図に基づく背脂肪厚QTLの再解析

2001年度   同腹で生産した近交度の異なる子豚の成長特性と血液成分特性の比較

2000年度   床勾配の異なる2種類のストールにおける乳牛の動作・行動

2000年度   Standing and lying behavior of cattle on the two different sloped stall floors

2000年度   きょうだい交配により作製された実験家系におけるDNAマーカー情報を用いた近交度の評価

2000年度   Esimation for milk production ability to using plasma metabolites measurements duringb fasting at 5 months of age.

2000年度   2段階選抜においてQTL情報を利用した豚の経済形質における長期選抜反応

2000年度   ニワトリ長期選抜系統における遺伝的分化の計量的評価

2000年度   泌乳中の血漿中代謝成分濃度変動に対する産次及び乳量の効果

2000年度   2段階選抜においてQTL情報を利用した豚の経済形質における長期選抜反応

2000年度   シリアンハムスターを用いた母性効果を利用した選抜試験 1.試験の設計

2000年度   Marker variability in a population rapidly homogenous

2000年度   QTL Detection with Single Diallelic Markers in a Paternal Half-sib Family

2000年度   近親交配により生産された子豚の前肢肢骨の特性

2000年度   泌乳中の血漿中代謝成分濃度変動に対する産次および乳量の効果

2000年度   梅山豚とゲッチンゲンミニブタのF2家系と戻し交配家系の比較

2000年度   梅山豚におけるマイクロサテライトマーカーを用いた均質度の評価

2000年度   豚肉品質の品種特性評価のため要因分析の検討の

2000年度   母豚生産性指数算出のための検定時1腹体重の要因分析

2000年度   シリアンハムスターによる母性効果を利用した選抜試験1.試験の設計

2000年度   育成牛の発育目標

2000年度   育成牛の交配方針と選抜

2000年度   ホルスタイン種子牛における隔離ストレス下でのACTH投与に対する反応とその日齢効果

2000年度   近親交配により生産された子豚の成長特性

2000年度   Comprehensive conservation of Japanese native cattle (Mishima Cattle)

2000年度   近親交配により生産された子豚の血液成分特性

2000年度   Choice of statistical model for estimationg genetic parameters and direct and maternal genetic effects in swine

2000年度   シリアンハムスターによる母性効果を利用した選抜試験1.試験の設計

2000年度   血縁情報が不完全なホルスタイン種牛群における泌乳形質の育種価の推

2000年度   シリアンハムスターによる母性効果を利用した選抜試験2.4世代までの結果

2000年度   Correlation of International Sire Evaluations and Transmitting Abilities Based on Interaction Effects Between Two Countries

2000年度   The effects of missing markers and combination of the number of grandsire and his sires on mapping quantitative trait loci in a small dairy cattle population

2000年度   シリアンハムスターにおける母性効果を利用した選抜試験 2.5世代までの結果

2000年度   乳用種雄牛国際評価におけるファントムグループの扱いと遺伝パラメータ

2000年度   ウシalpha-lactalbumin遺伝子の遺伝的変異

2000年度   Effect of calving season and parity on milk yield and milk composition of high producing cows in Hokkaido

2017年度   分娩後306日以降の生産乳量を精度よく推定する泌乳曲線の作成

2017年度   乳量と体細胞スコアの利用で泌乳期間中の生存率(PSR)の改良速度が向上

2017年度   新しく改訂した日本飼養標準・乳牛(2017年版)の公表

2015年度   乳用牛における乳脂肪の乳タンパク質に対する比率の産次ごとの遺伝的特性

2015年度   乳用牛の在群性能力の指標となる産次内生存率の開発

2014年度   飼養環境の影響を把握するための標準乳タンパク質率と標準乳脂率

2013年度   305日乳量と体細胞スコアに対する改良効果を最大にする泌乳持続性選抜基準

2012年度   標準泌乳曲線の作成と環境の区分け

2011年度   鶏の発育性を促進するコレシストキニンA受容体遺伝子の多型

2010年度   牛群管理指標としての標準乳量の算出式

2010年度   豚の産子数における選抜指標は総産子数よりも生存産子数のほうが効率的である

2010年度   雌雄同時に制限を付加した制限付き選抜のための理論と汎用プログラム

2010年度   牛の性選別精液利用による経済効果

2010年度   最後胸椎部位から体長1/2部位のロース断面積推定は可能である

2010年度   豚の遺伝的パラメーターを高精度で推定するための指標

2010年度   白色レグホーン種の卵殻質改良に有効な遺伝子および遺伝子型

2009年度   ウシグレリン受容体遺伝子の塩基多型とハプロタイプ

2005年度   効率的なQTL探索方法の開発と活用法

2004年度   平均産次を上げるための牛群産次構成

2004年度   まき牛繁殖構造における日本短角種の改良と遺伝的多様性の維持

2002年度   位置の特定されていなかった9つのニワトリのマイクロサテライトマーカーの染色体番号

2002年度   ゴールデンハムスターにおいて母性効果は離乳時体重の選抜に利用できる

2001年度   豚における近交度の精密な評価法

2001年度   マーカー情報を利用した近交回避

2001年度   肉牛のクローン技術による産肉能力検定法

2000年度   インディケータ情報の利用による泌乳形質の遺伝的改良の効率化

2000年度   フィールドにおいて豚の改良を効率的に行うための育種システム

1997年度   牛乳タンパク質と遺伝性疾患BLADの遺伝子型同時判定法

1997年度   疾病の影響量予測による泌乳データの補正

この記事は