松下 陽介

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門
肩書き 主任研究員
氏名 松下 陽介
連絡先(電話番号) 029-838-6574
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000848
URL http://www.naro.affrc.go.jp/flower/research/viroid.html
カテゴリ きく 植物ウイルス 植物検疫 ダリア 抵抗性 抵抗性遺伝子 抵抗性品種 トマト なす 病害虫防除 病害抵抗性 病原性解明 ピーマン ペチュニア マーガレット ラナンキュラス その他の花き・花木・観葉植物 その他の野菜

研究情報

2015年度   コギクにおける接木接種法の違いがキク矮化ウイロイドの検出時期および部位に及ぼす影響

2014年度   Peronospora destructor (Berkeley) Caspary ex Berkeleyによるニラべと病(新称)

2014年度   日本国内への侵入警戒を要するポスピウイロイドの宿主範囲

2014年度   Peronospora destructor(Berkeley)Caspary ex Berkeley によるニラべと病(新称).

2014年度   Peronospora destructor(Berceley) Caspary ex Berkeley によるニラべと病(新症)

2013年度   Botrytis cinereaによるシロタ工ギク灰色かび病(新称)

2013年度   シュッコンスイートピーおよびプリムラ類に発生した灰色かび病

2013年度   キクのキク矮化ウイロイドの検出方法の検討および奈良県内における感染状況

2012年度   Downy mildew of busy lizzie caused by Plasmopara obducens in Japan. 、

2012年度   センダンキササゲ(ステレオスペルマム)に根腐れを引き起こす3菌種

2012年度   セイヨウタンポポに発生したうどんこ病(新称)

2012年度   Phytophthora citrophthoraによるルリトウワタ疫病(病原追加)

2011年度   Colletotrichum acutatumによるヒマラヤユキノシタ炭疽病(新称)

2011年度   園芸植物における日本国内でのウイロイドの発生分布と変異体の感染性

2011年度   Distribution of tomato chlorotic dwarf viroid in floral organs of tomato

2011年度   Plasmopara obducensによるインパチェンスべと病(新称)

2011年度   キクわい化病に対するコギクの富山県内育成系統および栽培品種の発病差異

2010年度   Development of a multiplex RT-PCR detection and identification system for Potato spindle tuber viroid and Tomato chlorotic dwarf viroid

2010年度   Disinfection of Tomato chlorotic dwarf viroid by chemical and biological agents

2010年度   夏秋コギクにおける母株の育成場所がキクわい化病の病徴発現に及ぼす影響

2010年度   数種のキク品種におけるキクわい化ウイロイドのRT-PCRおよびリアルタイムPCRによる検出

2010年度   ニラに発生したべと病(新称)

2009年度   Transmission of Tomato chlorotic dwarf viroid by bumblebees (Bombus ignitus) in tomato plants

2008年度   花き類生け水中の緑膿菌等の発生消長と品質保持剤による菌数抑制

2008年度   花き病害図鑑の作成とウェブサイトでの公開

2007年度   Nucleotide Sequences and Distribution of Chrysanthemum Stunt Viroid in Japan

2005年度   キクの新病害「ピシウム立枯病」の発生と病原菌の温度反応特性

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ポスピウイロイドの種子伝染機構の解明

2008-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ウイロイドに隠された園芸学的に重要な高度機能性RNA配列の探索

この記事は