福田直子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門
肩書き 主席研究員
氏名 福田直子
連絡先(電話番号) 029-838-6574
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000846
URL http://www.naro.affrc.go.jp/nivfs/index.html
カテゴリ 栽培技術 そらまめ トルコギキョウ

研究情報

2013年度   Promotive effect of CO2 enrichment on plant gowth and flowering of Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn. under a winter culture regime

2013年度   低日照地域における二酸化炭素施用によるトリコギキョウの品質向上効果

2013年度   Carotenoid accumulations and carotenogenic gene expressions in the petals of Eustoma grandiflorum.

2012年度   トルコギキョウの冬出し栽培における生育初期の昼温が生育速度と主茎伸長および花芽分化に及ぼす影響

2011年度   トルコギキョウの基部着色型覆輪花色の温度反応と基部着色型覆輪に由来する純白品種の発見

2010年度   トルコギキョウ花弁における覆輪着色面積率の環境変異と選抜効果                                                  

2010年度   トルコギキョウ冬季開花における発蕾前後の窒素施肥濃度が花蕾のブラスチングに及ぼす影響

2009年度   施肥量がトルコギキョウの覆輪着色面積率に及ぼす影響

2008年度   温度条件がトルコギキョウ覆輪花弁の着色面積率に及ぼす影響

2005年度   トルコギキョウ白色系生花弁の紫外光下における明暗像とフラボノイド含量との関係

2005年度   トルコギキョウにおける覆輪安定性の数量化による品種間変異の評価

2003年度   矮性ソラマメ‘倫玲’はブラシノステロイド生合成欠損変異体である

2002年度   UV-Glance法:紫外光を用いた生花弁のフラボノイド簡易検定法

2002年度   トルコギキョウの覆輪形成に関与するフラボノイド系色素の生合成制御

2002年度   紫外光を用いたトルコギキョウ白色花弁のフラボノイド含量の簡易判別法

2002年度   ソラマメ半矮性種「倫玲」はブラシノステロイド生合成欠損突然変異体である

2002年度   ソラマメのブラシノステロイド欠損変異体における子実形成器官の特性

2002年度   ペチュニア覆輪品種における色素成分の花弁部位による違い

2001年度   ソラマメ半矮性品種「倫玲」のジベレリンおよびブラシノステロイドに対する反応

2001年度   主要研究成果(参考): わい化剤利用によるソラマメの耐雪性の強化

2001年度   ソラマメのブラシノステロイド生合成欠損突然変異体

2000年度   ソラマメにおける耐雪性の品種間差 5.ウニコナゾールP処理による茎葉形態と耐雪性の変化

2000年度   ソラマメの非構造性炭水化物含有率と耐雪性との関係

2000年度   融雪水がソラマメ葉の無機養分含有量に及ぼす影響と雪害との関連

2000年度   積雪下におけるソラマメ葉の無機養分含量の変化の品種による違いと茎葉の形態的特性との関連

2000年度   ソラマメにおける耐雪性の品種間差 6.ウニコナゾールP処理による雪腐病抵抗性の変化

2000年度   積雪荷重がソラマメの葉色およびNSC含有率に及ぼす影響

2000年度   Genetic and artificial dwarfness increase the snow tolerance of the faba bean (Vicia faba L.)

2000年度   ソラマメにおける耐雪性の品種間差 7.ソラマメ耐雪性強品種「倫玲」の矮性に関する遺伝分析とジベレリンおよびジベレリン生合成阻害剤に対する反応

2000年度   酸性融雪水が積雪下の作物に及ぼす影響

2000年度   ソラマメの雪害要因と耐雪性機構に関する生理・生態学的研究

2000年度   Abiotic stresses in overwintering crops

2000年度   ソラマメの雪害要因と耐雪性に関する生理・生態学的研究

2000年度   ソラマメをモデルとした雪害要因としての融雪水の影響と耐性機構

2000年度   酸性の融雪水がそらまめの雪害に及ぼす影響

2000年度   そらまめの雪害発生には病原菌が関与する

2000年度   ソラマメの雪害発生に関与する2種の病原菌

2000年度   ソラマメに発生した灰色かび病(新称)

2000年度   水稲の出穂変動におよぼす窒素栄養条件の影響

2000年度   水稲品種の疎植適応性

2000年度   水稲品種の収量面から見た疎植適応性について

2000年度   ソラマメにおける耐雪性の品種間差 7.ソラマメ耐雪性品種「倫玲」のわい性に関する遺伝子分析とジベレリンおよびジベレリン合成」阻害剤に対する反応

2000年度   積雪下におけるソラマメ葉の無機養分含有量の変化の品種による違いと茎葉の形態特性との関連

2000年度   ソラマメの非構造性炭水化物含有率と耐雪性との関係

2000年度   ソラマメの雪害回避栽培に関する研究 莢収量からみた播種適期と冬季不織布トンネル栽培による収量の年次変動

2000年度   ソラマメにおける耐雪性の品種間差 5.ウニコナゾールP処理による茎葉形態と耐雪性の変化

2000年度   融雪水がソラマメ葉の無機養分含有量に及ぼす影響と雪害との関連

2000年度   ソラマメをモデルとした雪害要因としての融雪水の影響と耐性機構

2000年度   酸性融雪水が作物の雪害に及ぼす影響 人工融雪水処理によるソラマメ葉の無機養分含有量の低下

2000年度   The influence of artificial snow melt on content of mineral nutrition in leaves of broad bean

2000年度   ソラマメに発生した雪腐菌核病(新称)と褐色雪腐病(新称)について

2000年度   Sclerotinia trifoliorum associated with snow injury of broad bean in Japan

2000年度   ソラマメに発生した雪腐菌核病(新称)と褐色雪腐病(新称)について

2000年度   Inheritance of fructan accumulation of wheat in late autumn

2000年度   Barley fructan plays some important rule in snow tolerance

2000年度   葉身窒素濃度による水稲出穂変異予測の可能性

2000年度   葉身窒素濃度,葉色による水稲出穂の変異予測

2018年度   換気窓連動の二酸化炭素施用により暖地トルコギキョウ冬季生産における収益が向上する

2018年度   八重咲きトルコギキョウの花弁数を増加させる温度制御技術

2017年度   人工光閉鎖型育苗と水耕栽培等によるトルコギキョウの年3作周年生産技術体系

2016年度   ジャスモン酸メチルは蕾段階で収穫したトルコギキョウの着色ムラを改善し、開花を促進する

2016年度   水耕栽培トルコギキョウの根腐病に対する、化学合成農薬の初の適用拡大

2013年度   低日照地域における二酸化炭素施用によるトルコギキョウの品質向上効果

2011年度   トルコギキョウ花蕾ブラスチングの解剖学的解析と植物成長調節剤処理による回避

2011年度   トルコギキョウを低コストで冬季に計画的に出荷する技術

2010年度   トルコギキョウの低コスト冬季計画生産技術の開発と基本マニュアル

2010年度   低温期でも覆輪安定性の高いトルコギキョウを作出する方法

2009年度   トルコギキョウ冬季栽培において発蕾後の高窒素条件はブラスチング発生を促進する

2008年度   トルコギキョウ促成栽培における覆輪着色面積率と花芽分化は施肥量の影響を受ける

2007年度   覆輪花色トルコギキョウの冬季における「色流れ」を防止する栽培温度条件

2007年度   トルコギキョウ施設栽培における効果的な二酸化炭素の施用方法

2005年度   覆輪形質の数量化に基づいたトルコギキョウ品種の覆輪安定性の評価方法

2003年度   矮性ソラマメ‘倫玲’はブラシノステロイド生合成欠損変異体である

2003年度   ペチュニアの覆輪模様の発現機構

2003年度   紫外光と青色光を用いた花弁中のフラボノイドとカロテノイドの簡易判別法

2002年度   トルコギキョウ花弁の黄色系フラボノイドの非破壊検出法

2001年度   わい化剤利用によるソラマメの耐雪性の強化

1996年度   ソラマメ品種の耐雪性および積雪日数と収量との関係

2008-2010年   [農林水産省 農林水産技術会議]   今こそチャレンジ!国産花きの周年効率安定生産システムの構築

この記事は