中山 真義

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門
肩書き 領域長
氏名 中山 真義
連絡先(電話番号) 029-838-6574
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000839
URL
カテゴリ

研究情報

2013年度   Use of image analysis to estimate anthocyanin and UV-excited fluorescent phenolic compound levels in strawberry fruit

2013年度   スイートピーの花の斑入り形質の発現は着色遺伝子によって劣勢上位で抑制される1つの劣性遺伝子に制御される

2013年度   日本の冬咲き性および春咲き性スイートピーにおける刷毛目形質の遺伝様式

2013年度   スイートピーの淡黄色花色の発色を担うカロテノイド色素の同定

2013年度   スイートピーの花の斑入り形質の発現は着色遺伝子によって上位劣性で抑制される1つの劣性遺伝子に制御される

2012年度   Spectral sensitivity of flowering and FT-like gene expression in response to a night break light treatment in the chrysanthemum 

2012年度   葉緑体DNA多型によるツバキ属園芸品種‘炉開き’と‘田毎の月’の母系祖先種の解明

2011年度   カイコの2眠変異体は幼若ホルモン生合成能の欠損によって早熟変態を起こす

2010年度   Comparative analysis of floral pigmentation between wild-type adn white-flowered varieties of Cyclamen graecum

2010年度   Red-purple flower fue to delphinidin 3, 5-diglucoside, a novel pigment for cyclamen spp., generated by ion-beam irradiation

2010年度   ペチュニア園芸品種(Petunia x hybrida)にピコティ形質を付与する低分子RNAの解析

2009年度   Red-purple flower colored by delphinidin 3,5-diglucoside, a novel pigment for Cyclamen spp., generated by ion-beam irradiation

2009年度   イオンビーム照射により得られた芳香シクラメン (Cyclamen persicum ×C.purpuracens)の変異体の花色素と香気成分

2008年度   温度条件がトルコギキョウ覆輪花弁の着色面積率に及ぼす影響

2008年度   高濃度スクロース処理が蕾切りカーネーションの花色発現および花弁中の糖質とアントシアニン濃度に及ぼす影響

2007年度   ブドウ‘安芸クイーン’果皮の着色促進および深色化におよぼすアブシジン酸の時期別処理の影響

2007年度   ヒメサザンカ野生種系統および芳香性ツバキ品種の香気成分の比較

2007年度   ブドウ‘安芸クイーン’の果皮の着色促進および深色化に及ぼすアブシジン酸の時期別処理の影響

2006年度   カイコファルネソール酸エポキシダーゼの発現と機能解析

2005年度   ジベレリン、ホルクロルフェニュロン、ストレプトマイシンおよび内生ジベレリン様物質処理がブドウ‘甲州’の無種子果形成に及ぼす影響

2005年度   ブドウ‘安芸クイーン’における果皮の深色化とアントシアニンの関係

2005年度   ブドウ‘安芸クイーン’における果皮の深色化に及ぼす着果量の影響

2005年度   トルコギキョウ白色系生花弁の紫外光下における明暗像とフラボノイド含量との関係

2005年度   トルコギキョウにおける覆輪安定性の数量化による品種間変異の評価

2003年度   ペチュニアの覆輪模様の発現機構

2002年度   UV-Glance法:紫外光を用いた生花弁のフラボノイド簡易検定法

2002年度   NaCl施用によるキャベツセル成型苗の徒長抑制・順化効果

2002年度   トルコギキョウの覆輪形成に関与するフラボノイド系色素の生合成制御

2002年度   覆輪カーネーションの花色形成におけるアントシアニン合成系に関与する遺伝子の発現解析

2002年度   紫外光を用いたトルコギキョウ白色花弁のフラボノイド含量の簡易判別法

2002年度   ブドウ‘安芸クイーン’における果皮のアントシアニンの同定

2002年度   ソラマメ半矮性種「倫玲」はブラシノステロイド生合成欠損突然変異体である

2002年度   ソラマメのブラシノステロイド欠損変異体における子実形成器官の特性

2002年度   ペチュニア覆輪品種における色素成分の花弁部位による違い

2002年度   アジアティックハイブリッドユリ花被片のカロチノイド着色に関連するQTLマッピング

2002年度   ペチュニア及びカリブラコアにおける香気成分の発散リズム

2001年度   ソラマメ半矮性品種「倫玲」のジベレリンおよびブラシノステロイドに対する反応

2001年度   主要研究成果(参考): モモ未熟種子に存在する新規ジベレリンGA122、GA126の同定

2001年度   スカシユリ花被片におけるアントシアニンの発色に関わる遺伝子座のマッピング

2001年度   ブドウ‘安芸クイーン’の暗赤色果粒発現に及ぼす着果量の影響

2001年度   ハルザキヤマガラシに含まれるコナガ幼虫摂食阻害物質の単離

2001年度   スクロースがつぼみ切りカーネーションの花弁色調に及ぼす影響

2001年度   ソラマメのブラシノステロイド生合成欠損突然変異体

2001年度   クスノキの落葉時の葉に含まれるアントシアニン

2001年度   スカシユリ花被片におけるアントシアニンの発色に関わる形質の連鎖地図を用いた解析

2001年度   New biosynthesis of GA7 in Ornithogalum thyrsoides.

2000年度   ブドウ‘安芸クイーン’の暗赤色果粒発現に果皮のアントシアニンが及ぼす影響

2000年度   ラットにおけるクロロゲン酸およびカフェイン酸の吸収・代謝

2000年度   シバザクラにおける2-C-メチルエリトリトールの同定とその濃度の開花にともなう変動

2000年度   キンギョソウの高温による花色発現不良化現象における糖の関与

2000年度   Phenolic antioxidants from the leaves of Corchorus olitolius L.

2000年度   NaClを用いた順化処理によるキャベツセル成型苗の水分保持能力の向上

2000年度   害虫防除剤及び害虫抵抗性植物

2000年度   Identification of endogenous gibberellins in inflorescence of Ornithogalum thyrsoides

2000年度   Production of dwarf lettuce by alteration of gibberellin 20-oxidase expression

2000年度   Production of dwarf lettuce by overexpressing a pumpkin gibberellin 20-oxidase gene

2000年度   キク白色花の花色素分析(第2報)キクにおける主要なフラボノイド誘導体の同定および品種・種間差

2000年度   Anthocyanidin 3-glucoside malonyltransferase from Dahlia variabilis

2000年度   Anthocyanins in the dark purple anthers of Tulipa gesneriana: Identification of two novel delphinidin 3-O-(6-O-(acetyl-a-rhamnopyranosyl)-b-glucopyranosides)

2000年度   カーネーションの花弁からPelargonidin及びCyanidin 3,5-glucoside, cyclic malateの同定

2000年度   チューリップ花弁におけるアントシアニンの分布と未知アントシアニンの同定

2000年度   花きにおける新しいアシル化アントシアニンの発見

2000年度   チューリップの花弁に含まれるアントシアニンの品種間差異

2000年度   チューリップにおける新規アントシアニンの同定とその組織特異的分布

2000年度   キク白色花の花色素分析(第2報)キクにおける主要なフラボン誘導体の同定および品種・種間差

2000年度   クルクマ包葉の主要色素の同定

2000年度   赤色光/遠赤色光光量子束比の異なる被服資材がシバザクラの挿し芽に及ぼす影響

2000年度   Phenolic antioxidants from the leaves of Corchorus olitorius L.

2000年度   Malvidin 3-rutinoside is a pigment responsible for bracts color in Curcuma arismatifolia

2000年度   Cyclic malyl anthocyanins in Dianthus caryophyllus

2000年度   白色系カラーの黄色化に関与するフラボノイドの同定

2000年度   1,2位に二重結合を有する高生理活性型ジベレリンの生合成

2000年度   カボチャのジベレリン20-oxidase遺伝子の導入によるわい化トレニアの作出と解析

2000年度   LC/ESI-MSを用いたスギ花芽に含まれるジベレリンの分析

2000年度   カボチャのジベレリン20-oxidase遺伝子の導入による形質転換トレニアの作出

2000年度   Regulation of plant growth by genetic engineering in transgenic Torenia using gibberellin 20-oxidase gene from pumpkin

2017年度   キクに青い花を咲かせる技術

2015年度   ヤブツバキ「千年藤紫」の紫色花色発現におけるアルミニウムの関与

2014年度   クラスB遺伝子の共発現によりトレニアの萼は花弁化し八重形質をもたらす

2013年度   ペチュニアにおける花の香気成分生産のメタボロームプロファイリング

2012年度   キクの花成およびFT遺伝子発現における暗期中断の分光感度

2012年度   ペチュニアの覆輪形成には順方向配列のCHSAに対する転写後抑制が関与する

2012年度   トランスポゾンの転移が活性化したトレニアの変異体

2012年度   葉緑体DNA解析によるツバキ属品種「炉開き」と「田毎の月」の母系祖先種の解明

2012年度   ナデシコ属野生種の芳香性カーネーション育種素材としての評価

2012年度   分離と混合を同時に行う薄層クロマトグラフィーの開発と新奇補助色素の検出

2011年度   ワビスケツバキ「太郎冠者」の花弁に含まれる新規フラボノール

2011年度   カイコの「2眠蚕」変異体で早熟変態が起きる原因を解明

2010年度   ダイアンサス属野生種の香気成分の評価

2009年度   葉緑体DNAの多型が示すワビスケツバキ「太郎冠者」の母方祖先

2008年度   キンカチャの黄色花弁の発色にはアルミニウムが関与する

2008年度   トルコギキョウ促成栽培における覆輪着色面積率と花芽分化は施肥量の影響を受ける

2008年度   VlmybA1-2は園芸作物における遺伝子導入ビジュアルマーカーとして利用できる

2007年度   覆輪花色トルコギキョウの冬季における「色流れ」を防止する栽培温度条件

2007年度   ペチュニア香気成分の内生量と発散量の生育温度による変化

2007年度   ペチュニアの覆輪花弁におけるアントシアニン関連化合物の部位特異的制御

2006年度   カーネーションの花色の濃淡および花型に関わる遺伝子座のマッピング

2006年度   ペチュニアの香気成分の系統間差

2006年度   芳香性ツバキ育種素材として有望なヒメサザンカ系統

2005年度   覆輪形質の数量化に基づいたトルコギキョウ品種の覆輪安定性の評価方法

2004年度   夜香性ペチュニアにおける香気成分の発散量は内生量に依存している

2004年度   ビワ未熟種子における新規ジベレリンの発見

2004年度   フロックス属花きにおける2-C-メチルエリトリトールの同定

2004年度   ビワ未熟種子から発見された新規ジベレリン

2003年度   キク花弁に含まれるカロテノイド類の特殊な構成

2003年度   矮性ソラマメ‘倫玲’はブラシノステロイド生合成欠損変異体である

2003年度   ペチュニアの覆輪模様の発現機構

2003年度   紫外光と青色光を用いた花弁中のフラボノイドとカロテノイドの簡易判別法

2002年度   トルコギキョウ花弁の黄色系フラボノイドの非破壊検出法

2001年度   モモ未熟種子に存在する新規ジベレリンGA122、GA126の同定

2001年度   コナガ抵抗性育種素材「ハルザキヤマガラシ」のコナガ抵抗性機構

2001年度   ハルザキヤマガラシに含まれるコナガ摂食阻害物質

2000年度   カーネーション花弁に存在する新規色素

1998年度   チューリップにおける新規アントシアニンの同定

1998年度   モモ未熟種子におけるジベレリンの同定と新物質の発見(研究)

1998年度   モモ未熟種子におけるジベレリンの同定と新物質の発見

1998年度   野菜類の抗酸化活性の評価およびモロヘイヤにおける活性成分の同定(研究)

1997年度   ダイコンにおけるジベレリン類の同定と新物質の発見

1996年度   キクの主要赤色花色素、シアニジン−3−ジマロニルグルコサイドの同定

2014-2016年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   キクにおける温度依存型花色発現不良機構の解明

2011-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   チューリップの化学分類に関する研究

2007-2011年   [独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター 異分野融合研究支援事業]   イオンビームとゲノム情報を活用した効率的な花き突然変異育種法の開発

2003-2005年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   主要花きに含まれる糖質の花弁細胞への蓄積機構の生理・生化学的解析

2002-2003年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   高活性型ジベレリンの生合成経路の解明

1993-1993年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   単細胞光合成生物ユ-グレナの内生ブラシノステロイドのレセプターの単離

1992-1992年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   新植物ホルモン・ブラシノステロイドのレセプターの単離と機能

この記事は