小野崎 隆

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門
肩書き ユニット長
氏名 小野崎 隆
連絡先(電話番号) 029-838-6574
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000834
URL http://www.naro.affrc.go.jp/flower/hinshu/miracle_r_s/index.html
http://researchmap.jp/read0081490/
カテゴリ ダリア トルコギキョウ 品種 病害抵抗性 その他の花き・花木・観葉植物

研究情報

2014年度   切り花の品質保持を学ぶカーネーションの教材化とその実践

2013年度   Expression and regulation of senescence-related genes in carnation flowers with low ethylene production during senescence

2013年度   カーネーション,カワラナデシコ種間雑種および戻し交雑系統における開花の早晩性と日長反応性ならびに早生性の遺伝性

2011年度   花持ち性の優れるカーネーションとカワラナデシコとの種間雑種および戻し交雑系統の特性

2010年度   萎凋細菌病抵抗性カーネーション実用品種「花恋(かれん)ルージュ」

2009年度   ポットカーネーションの花における花持ち性,エチレン生成量,エチレン感受性の品種間差異

2008年度   キクのロゼット形成におけるエチレン情報伝達系の関与

2007年度   栽培ギク‘神馬’の冬期の栽培における消灯後の自然短日日長条件下での日長延長が生育開花に及ぼす影響

2007年度   フローサイトメトリーによるカーネーション栽培品種の倍数性の網羅的解析

2007年度   花持ちの長いカーネーションにおける加齢にともなう自己触媒的エチレン生成能の低下とエチレン生合成酵素遺伝子およびエチレン情報伝達遺伝子の発現

2006年度   カーネーションの萎凋細菌病抵抗性育種におけるDNAマーカー選抜の有効性の実証

2006年度   ダイアンサス属野生種Dianthus capitatus ssp. andrzejowskianus由来の劣性一重咲き遺伝子に連鎖したDNAマーカー

2006年度   生育開花調節研究チ-ム(花き研)キク属野生種と栽培ギクの葉身における毛じの密度、長さならびに発達について

2005年度   カーネーション農林2号

2005年度   カーネーション農林1号

2005年度   [成果名なし]

2005年度   カーネーションの連鎖地図と萎凋細菌病抵抗性のQTL解析

2005年度   スプレーギクとイソギクとの種間交雑による純白で茎伸長性に優れた小輪ギク品種‘キクつくば1号’の育成経過とその特性

2005年度   花持ち性の優れるカーネーション農林1号‘ミラクルルージュ’および同2号‘ミラクルシンフォニー’の育成経過とその特性

2005年度   ミラクルシンフォニー

2005年度   ミラクルルージュ

2004年度   ツバキとヒメサザンカとの種間交雑によるつばき農林4号‘姫の香’の育成経過とその特性

2004年度   花持ち性に優れるカーネーション新品種‘つくば1号’、‘同2号’(仮称)

2004年度   カーネーションのエチレン感受性は開花後に低下する

2003年度   ツバキとチャの種間交雑によるつばき農林1号‘春待姫’の育成経過とその特性

2003年度   テオプシス節ツバキ属種間交雑によるつばき農林2号‘彩祭り’および同3号‘雪祭り’の育成経過とその特性

2003年度   姫の香

2002年度   カーネーション萎凋細菌病抵抗性選抜用DNAマーカー

2002年度   斑入り花色のツバキとチャとの種間雑種の育成

2002年度   DNAマーカーのカーネーション育種への利用

2002年度   春待姫

2002年度   彩祭り

2002年度   雪祭り

2002年度   萎凋細菌病抵抗性中間母本‘カーネーション農1号’の育成とその特性

2002年度   フローサイトメーターによるDianthus属遺伝資源の倍数性測定

2002年度   繰り返し摘心後の挿し芽によるキク突然変異の固定について

2002年度   カーネーションの花持ち性の育種に関する研究(第7報)第3世代の育成と自己触媒的エチレン生成の低下

2001年度   カーネーションの花持ち性の育種に関する研究(第7報)エセフォン処理による発芽時の根の伸長程度を指標とした外生エチレン感受性簡易検定法の検討

2001年度   カーネーションの萎ちょう細菌病抵抗性育種と薬剤および交雑育種による花持ち性の向上

2001年度   フローサイトメーターによるキク属およびナデシコ属における倍数性の推定

2001年度   カーネーションの萎ちょう細菌病抵抗性育種に関する研究(第8報)抵抗性選抜のためのRAPDマーカーの探索

2000年度   カーネーションのエチレン受容体遺伝子のクローニング,シークエンスおよび発現の解析

2000年度   世界のカーネーションの生産動向

2000年度   カーネーションのエチレン受容体遺伝子(ETR)ホモログについて

2000年度   カーネーションの花持ち性の育種に関する研究(第4報)花持ち日数とエチレン感受性及びエチレン生成量との関係

2000年度   花持ち性の育種

2000年度   花持ち性の良いカーネーションの育種(1999年) 1. 系統間交雑実生の花持ち日数

2000年度   花持ち性の良いカーネーションの育種(1999年) 2. 98年選抜系統の特性調査及び2次選抜

2000年度   花持ち性の良いカーネーションの育種(1999年) 3. 選抜系統の花持ち日数とエチレン感受性及びエチレン生成量との関係

2000年度   Evaluation of 277 Carnation Cultivars for Resistance to Bacterial Wilt (Pseudomonas caryophylli)

2000年度   Evaluation of Wild Dianthus Accessions for Resistance to Bacterial Wilt (Pseudomonas caryophylli)

2000年度   カーネーションの萎ちょう細菌病抵抗性育種(1999年)

2000年度   カーネーション白色花品種におけるフラボノイド生合成制御機構について

2000年度   園芸用語の解説「フラボノイド」

2000年度   シム系カーネーションピンク花品種におけるフラボノイド生合成制御機構について

2000年度   純白色品種を交配親とした交雑後代系統の花色及び色素構成

2000年度   Differences in flower color and pigment composition among white carnation (Dianthus caryophyllus L.) cultivars

2000年度   多収性キクの新育種素材・品種の開発(平成11年度)

2000年度   カンパニュラ小花の花持ちに及ぼすエチレンの影響

2000年度   Partial sequence of ethylene receptor genes in carnations with different ethylene sensitivity

2000年度   ピンク系シムカーネーション品種におけるフラボノイド生合成制御機構について

2000年度   ピンク花シムカーネーション品種におけるフラボノイド生合成制御機構について

2000年度   Flavonoid biosynthesis in white-flowered Sim carnations (Dianthus caryophyllus L.)

2015年度   カーネーション標準連鎖地図を利用した八重咲きに連鎖したSSRマーカーの開発

2014年度   エチレン感受性が比較的低く日持ち性の非常に優れるカーネーション系統の開発

2013年度   カーネーションESTの網羅的解析

2013年度   エチレン低生成カーネーションにおける老化関連遺伝子の発現調節

2013年度   カーネーション、カワラナデシコ雑種系統の開花の早晩性と早生性の遺伝性

2012年度   ナデシコ属野生種の芳香性カーネーション育種素材としての評価

2011年度   単純反復配列(SSR)マーカーを基にしたカーネーション連鎖地図とその利用

2011年度   交雑育種による超長命性カーネーション系統の育成

2010年度   萎凋細菌病抵抗性カーネーション実用品種「花恋(かれん)ルージュ」

2010年度   カワラナデシコとの種間交雑によるカーネーションの早生・多収化

2010年度   カーネーションの加齢による自己触媒的エチレン生成能低下のメカニズム

2010年度   変異型エチレン受容体遺伝子の導入によるトレニアのエチレン感受性低下

2010年度   ダイアンサス属野生種の香気成分の評価

2009年度   ポットカーネーションの花持ち性、エチレン生成量、エチレン感受性の品種間差異

2009年度   CCD4遺伝子は舌状花のないキクを利用した種間交雑の花色マーカーとなる

2009年度   萎凋細菌病抵抗性のカーネーション新品種「花恋ルージュ」の育成

2009年度   葉緑体DNAの多型が示すワビスケツバキ「太郎冠者」の母方祖先

2008年度   キクのロゼット形成におけるエチレン情報伝達系の関与

2008年度   ポットカーネーションの倍数性と育種的背景

2007年度   交雑によるエチレン低感受性カーネーション系統の作出とそのエチレン反応性

2007年度   花持ちの優れるカーネーション品種「ミラクルルージュ」、「ミラクルシンフォニー」におけるエチレン生合成遺伝子の発現解析

2006年度   カーネーションの花色の濃淡および花型に関わる遺伝子座のマッピング

2005年度   カーネーションの連鎖地図と萎凋細菌病抵抗性のQTL解析

2004年度   花持ち性の優れるカーネーション新品種「ミラクルルージュ」(系統番号:つくば1号)、「ミラクルシンフォニー」(系統番号:つくば2号)

2004年度   カーネーションのエチレン感受性は開花後に低下する

2004年度   純白で茎伸長性に優れた小輪ギク新品種「キクつくば1号」

2003年度   ツバキ属種間雑種の母親を明らかにできるDNA分析法

2002年度   絞り花色をもつ芳香性ツバキ‘姫の香’

2002年度   カーネーション萎凋細菌病抵抗性選抜用DNAマーカー

2002年度   間欠画像撮影を利用したカーネーション切り花のエチレン感受性検定法

2001年度   種間交雑による新しいツバキ‘春待姫’、‘彩祭り’、‘雪祭り’

2000年度   カーネーションのエチレン受容体遺伝子(DC-ETR1)の単離と部分配列

1999年度   カーネーション白色系品種における花色発現機構

1996年度   萎ちょう細菌病抵抗性の‘カーネーション中間母本農1号’

この記事は