岸本 早苗

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 岸本 早苗
連絡先(電話番号) 029-838-6574
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000831
URL
カテゴリ 品種 その他の花き・花木・観葉植物

研究情報

2013年度   Carotenoid accumulations and carotenogenic gene expressions in the petals of Eustoma grandiflorum.

2009年度   Studies on carotenoids in the petals of Compositae plants

2009年度   Carotenoid composition and changes in expression of carotenoid biosynthetic genes in tapels of Asiatic hybrid lily

2007年度   Three routes to orange petal color via carotenoid components in 9 Compositae species

2006年度   カロテノイド分解酵素遺伝子の発現抑制によるキク花色の改変

2005年度   キク花弁の白色の形成にはカロテノイド分解酵素が関与している

2005年度   Efficient transgene expression in chrysanthemum, Chrysanthemum morifolium Ramat., with the promoter of a gene for tobacco elongation factor 1α protein

2004年度   ツバキとヒメサザンカとの種間交雑によるつばき農林4号‘姫の香’の育成経過とその特性

2003年度   キク花弁に含まれる主要なカロテノイド類の特殊な構成

2003年度   ツバキとチャの種間交雑によるつばき農林1号‘春待姫’の育成経過とその特性

2003年度   テオプシス節ツバキ属種間交雑によるつばき農林2号‘彩祭り’および同3号‘雪祭り’の育成経過とその特性

2003年度   姫の香

2002年度   斑入り花色のツバキとチャとの種間雑種の育成

2002年度   ペチュニア・PhSUP2 遺伝子の導入によるわい化トレニアの作出

2002年度   キクにおいて外来遺伝子を安定的に発現するプロモーターの検討

2002年度   春待姫

2002年度   彩祭り

2002年度   雪祭り

2002年度   ツバキ属植物の葉緑体DNA遺伝子のPCR-RFLP分析(第4報)atpI-atpH遺伝子領域のシークエンス解析

2001年度   ツバキ属植物の葉緑体DNA遺伝子のPCR-RFLP分析(第3報)ヤブツバキおよびユキツバキにおけるatpH遺伝子領域の解析

2001年度   フローサイトメーターによるキク属およびナデシコ属における倍数性の推定

2001年度   カーネーションの萎ちょう細菌病抵抗性育種に関する研究(第8報)抵抗性選抜のためのRAPDマーカーの探索

2001年度   マーガレットにおける葉緑体DNA遺伝子のPCR-RFLP分析

2001年度   ‘セイマリン’を用いたキク形質転換のモデル系

2000年度   ツバキ安濃1号、同2号、同3号の開花特性と挿し木発根性検定

2000年度   ツバキ属植物の葉緑体DNA遺伝子のPCR-RFLP分析(第2報)atpH遺伝子領域の解析

2000年度   葉緑体DNA遺伝子のPCR-RFLP分析による栽培ギクの起源

2000年度   Agrobacterium tumefaciensを用いたエラチオールベゴニア形質転換体の作出

2000年度   アントシアニン生合成系酵素遺伝子を導入したトレニア形質転換体後代における花色発現

2000年度   CHS遺伝子導入個体とDFR遺伝子導入個体とでトレニアの花の色合いが異なる現象はコピグメンテーションが原因である

2000年度   アントシアニン生合成系酵素遺伝子を導入したトレニア形質転換体の花色に及ぼすコピグメンテーションの影響

2000年度   アントシアニン生合成系酵素遺伝子を導入したトレニア形質転換体の花色の遺伝と導入遺伝子との関係

2000年度   キク属植物における葉緑体DNA遺伝子のPCR-RFLP分析(第4報)中国産栽培種およびシャスターデージーの解析

2000年度   キク白色花の花色素分析(第2報)キクにおける主要なフラボノイド誘導体の同定および品種・種間差

2000年度   キク属植物における葉緑体DNAのPCR-RFLP分析 1.中国産栽培種およびシャスターデージーの解析

2000年度   ユーストマ属植物における葉緑体DNAのPCR-RFLP分析

2000年度   ユーストマ属における葉緑体DNAのPCR-RFLP分析

2000年度   トレニアにおける導入遺伝子の発現に対するウニ・インスレーターの効果

2000年度   トレニアにおけるウニインスイレーターによる導入遺伝子発現の安定化

2000年度   キク白色花の花色素分析(第2報)キクにおける主要なフラボン誘導体の同定および品種・種間差

2000年度   Modification of flower color in torenia (Torenia fournieri Lind.) by genetic transformation

2000年度   Copigmentation gives bluer flowers on transgenic torenia plants with the antisense dihydroflavonol-4-reductase gene

2000年度   A transgene locus is required for wavy patterned flowers of transgenic torenia plants

2000年度   キク、ツバキ、トルコギキョウおよびダイアンサスの葉緑体DNA遺伝子のPCR-RFLP分析

2000年度   Agrobacterium tumefaciens-mediated transformation of Cyclamen persicum Mill

2018年度   ペチュニア花弁におけるカロテノイドによる淡黄色花色の発現機構

2018年度   ペチュニアの転写因子PhCOL16は花冠におけるクロロフィル生合成を促進する

2017年度   キクに青い花を咲かせる技術

2012年度   黄花色のユリにおいて老化に伴う花弁の彩度低下は観賞価値を下げる

2011年度   キンセンカの花色はカロテノイド異性化酵素の活性によって決定される

2009年度   デルフィニジン型アントシアニンを花弁に蓄積する紫色の形質転換キクの作出法

2009年度   アサガオ花弁におけるカロテノイド生合成系酵素遺伝子の発現解析

2006年度   カロテノイド分解酵素遺伝子の発現抑制によるキク花色の改変

2005年度   キク花弁の白色の形成にはカロテノイド分解酵素が関与している

2005年度   キク白色花弁におけるカロテノイド生合成系酵素遺伝子の発現

2004年度   橙色キンセンカの花色発現に関わるカロテノイド組成

2003年度   キク花弁に含まれるカロテノイド類の特殊な構成

2003年度   ツバキ属種間雑種の母親を明らかにできるDNA分析法

2003年度   数種のキク科植物における黄色と橙色の花色発現に関わる色素組成

2002年度   絞り花色をもつ芳香性ツバキ‘姫の香’

2002年度   EF1αプロモーターの利用によるキク形質転換体での遺伝子発現

2002年度   ペチュニア・PhSUP2 遺伝子の導入によるトレニアの形態改変

2001年度   種間交雑による新しいツバキ‘春待姫’、‘彩祭り’、‘雪祭り’

2001年度   ‘セイマリン’を用いたキク形質転換のモデル系の開発

2001年度   キク・cabプロモーターの利用によるキク形質転換体での遺伝子発現

2001年度   インスレーター活性を有するタバコ由来DNA断片の利用による

2000年度   トレニア形質転換体の花色にコピグメンテーションが及ぼす影響

1999年度   アントシアニン生合成系酵素遺伝子の導入によるトレニアの花色変化の方向性

1999年度   キク属植物の葉緑体DNA遺伝子領域のPCRーRFLPによる多型

1998年度   シクラメンのアグロバクテリウムによる形質転換系(研究)

1997年度   ランダムプライマーを利用したキクの枝変わりの周縁キメラ構造の解析

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   花弁に蓄積されるカロテノイドのエステル化の機構およびその役割の解明

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   花弁におけるクロロフィル代謝制御機構の解明

2010-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   カロテノイドによる花弁の模様形成機構の解明

この記事は