山口博康

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門
肩書き ユニット長
氏名 山口博康
連絡先(電話番号) 029-838-6574
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000829
URL
カテゴリ 品種 その他の花き・花木・観葉植物

研究情報

2013年度   そば品種 ダルマダッタン

2013年度   そば品種 イオンの黄彩 、

2013年度   Fagopyrum esculentum Moench ガンマの彩(ガンマノイロドリ)

2013年度   Fagopyrum esculentum Moench コバルトの力(コバルトノチカラ)

2013年度   Fagopyrum esculentum Moench ルチキング 、

2013年度   カーネーションの全ゲノム解読

2012年度   関東で栽培したウコン類のクルクミン類の含量および抗酸化能の比較

2012年度   イネ品種「ひとめぼれ」のイオンビームおよびガンマ線照射による胚乳アミロースライブラリ育成

2012年度   イネ「ひとめぼれ」の固定型突然変異リソースを利用した耐塩性系統の選抜

2012年度   関東で栽培したウコン類のクルクミンの含量および抗酸化能の比較

2012年度   イオンビームおよびガンマ線による突然変異育種に関する研究

2010年度   ガンマ線およびイオンビーム照射によって得られたダッタンソバ半矮性系統の形態および遺伝特性

2010年度   ガンマ線およびイオンビーム照射によって得られたダッタンソバ半矮性系統の形態および遺伝特性

2009年度   関東で栽培したウコン類の生育・収量形質の比較

2008年度   ガンマ線およびイオンビーム照射によって得られたダッタンソバ半矮性変異体の特性

2007年度   キクの側芽に対するイオンビームおよびガンマ線照射により作出された変異体におけるキメラ構造の差異

2007年度   ガンマ線を照射した普通ソバからの高抗酸化能系統の選抜

2007年度   炭素イオンビーム照射により誘発されたwx突然変異の解析

2007年度   イオンビームおよびガンマ線照射によるイネ種子蛋白質組成突然変異体の効率的選抜方法

2007年度   イオンビームとガンマ線の変異誘発効果の比較 -ギニアグラスとソルガム-

2006年度   ダッタンソバの農業関連形質および子実成分の特性

2006年度   ダッタンソバの農業関連形質および史実成分の特性

2006年度   放射線照射によるギニアグラスの突然変異誘発 (3)ギニアグラス「ナツユタカ」のイオンビーム照射種子を用いた照射当代における生育特性及び種子稔性

2006年度   各種ウコンにおけるクルクミン類の含量の品種間および年次間差異

2006年度   イオンビームとガンマ線の変異誘発効果の比較

2006年度   ガンマ線の照射線量率がキクの突然変異誘発および核DNA量に及ぼす影響

2006年度   イオンビームおよびガンマ線によるイネ胚乳突然変異の誘発

2006年度   ダッタンソバの農業関連形質および子実成分の特性

2004年度   ウコン類におけるクルクミン含量およびコルヒチン処理による倍数化

2004年度   ウコン類におけるクルクミン含量の比較

2004年度   ダッタンソバと普通ソバの収量と品質の比較

2004年度   A mutant variety, “Pineapple Okinawa No. 16” induced by Gamma rays chronic irradiation in gamma greenhouse

2004年度   イオンビームによる効率的な突然変異育種法の開発

2004年度   クッション状樹形のハマナス品種‘花き研低性1号’および‘同2号’の育成経過とその特性

2003年度   ガンマ線緩照射によるバラの花形および花色突然変異品種の育成

2000年度   サトウキビにおける累代緩照射・培養系統の核DNA量と形質の変異

2000年度   低線量のγ線照射によるレタス種子の発芽促進

2000年度   ネギさび病抵抗性育種(2000),2)シャロット第1染色体添加型ネギへのγ線照射と次代における異数体の判別

2000年度   芳香性、地被性ハマナス類の育種素材、品種の開発(1999年) 1.ベーサルシュートの発生角度

2000年度   芳香性・地被性ハマナス類の育種素材、品種の開発(1999年) 2.交雑組合せと花弁数

2000年度   2年生ハマナス実生の開花時期及び樹形について

2000年度   低線量のγ線照射によるレタス種子の発芽促進

2016年度   花器官特異的プロモーターと転写抑制因子による花色・花形の効率的な多様化

2015年度   カーネーション標準連鎖地図を利用した八重咲きに連鎖したSSRマーカーの開発

2014年度   遺伝子組換え技術により蛍光タンパク質が高蓄積した「光る花」の開発

2014年度   クラスB遺伝子の共発現によりトレニアの萼は花弁化し八重形質をもたらす

2013年度   カーネーションの全ゲノム解読

2012年度   miR157過剰発現トレニアでは草姿が変化し花付き期間が延長される

2012年度   トレニアの花弁および雄蕊の形成にはTfUFO遺伝子が必須である

2012年度   トランスポゾンの転移が活性化したトレニアの変異体

2012年度   ナデシコ属野生種の芳香性カーネーション育種素材としての評価

2010年度   トレニアの花色・花形の改変のための転写因子を効率的に選抜する方法

2010年度   トレニアにおける新規花形創出のための花器官特異的プロモーターの利用

2010年度   トレニアクラスB遺伝子の花弁形成における機能解析と花器官形質改変への利用

2010年度   トレハロースを用いたトレニア培養植物の長期維持方法

2010年度   変異型エチレン受容体遺伝子の導入によるトレニアのエチレン感受性低下

2010年度   組換え技術の理解促進ツールとしての樹脂封入標本の作製と利用

2009年度   キンギョソウの副花冠の発達におけるホメオティック遺伝子の役割

2007年度   キク及びトレニアの形質転換に有効な翻訳エンハンサー

2007年度   遺伝子組換えと重イオンビーム照射の組合せはトレニアの形質改変を効率化する

2006年度   ホルクロルフェニュロンによるトレニアの花形の規則的な変化

2003年度   ガンマ線緩照射によるバラの花形および花色突然変異品種の育成

2002年度   低樹高で新規な樹形のハマナス‘ハマナス低性1号、同2号’

2002年度   ガンマ線照射によるキクの花色変異4品種の育成

2002年度   イオンビームによるキクの花色変異6品種の育成

2001年度   ダッタンソバの各種放射線による変異誘発効果

2014-2016年   [農林水産省 農林水産技術会議]   良日持ち性および萎凋細菌病抵抗性を有するカーネーション品種の開発

2005-2007年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   トレニアの花における付属弁形成機構の解析

この記事は