岩崎泰永

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門
肩書き ユニット長
氏名 岩崎泰永
連絡先(電話番号) 029-838-8616
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000818
URL https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja
http://www.w-works.jp/youeki/series/01.html
カテゴリ きゅうり 栽培技術 施設環境管理 トマト 水管理 養液栽培 その他の野菜

研究情報

2015年度   発泡スチロール製プランタを用いたイチゴ養液栽培における培地の種類と連用が収量に及ぼす影響

2014年度   Influence of Light Intensity on Growth and CO2 Assimilation Rates of Three Genotypes of Cucumber Seedlings Grown in Chambers

2014年度   Work Hours and Yield for Large-Scale Tomato Production in Japan

2014年度   CO2施用時の高い相対湿度がキュウリの生育,光合成速度,窒素含量に及ぼす影響.

2014年度   トマト低段密植栽培に対応した着果処理ロボットの開発(第2報)―ロボットの位置認識システムの開発と温室内での動作試験―

2014年度   乾燥地における省エネルギー型節水植物工場空調システムのシミュレーションによる最適設計

2014年度   FEASIBILITY STUDY OF AN EFFECTIVE USE OF CARBON DIOXIDE HYDRATE IN GREENHOUSE PRODUCTION

2014年度   催色期に収穫し_x000D_ たカラーピーマン果実の着色促進に関する要因について

2014年度   施設キュウリのハイワイヤー栽培におけるLAI 簡易推定

2014年度   施設園芸用ハウスの換気抑制を目的とした冷房における空気熱源ヒートポンプ、家庭用ヒートポンプおよび蓄熱槽利用型ヒートポンプの運転特性比較

2012年度   イチゴ高密植移動栽培における作業性の調査と適正規模の導出

2012年度   収量構成要素の解析からみたキュウリ短期栽培の摘心およびつる下ろし整枝法の差異

2012年度   収量構成要素の解析からみたキュウリ短期栽培の摘心およびつる下ろし整枝法の差異

2012年度   異なるタイプのトマト施設生産における残渣発生量および残渣処理条件の検討

2011年度   移動栽培装置を利用したイチゴの高密植栽培に適した栽培ベッドの間隔と養水分供給方法の検討

2011年度   養液土耕における灌水管理の違いがトマトの生育および収量に及ぼす影響

2011年度   養液土耕における灌水管理の違いがトマトの生育および収量に及ぼす影響

2011年度   トマト低段密植栽培に対応した着果処理ロボットの開発(第1報)-画像処理による開花部位の認識と噴霧機構の開発-

2011年度   イチゴ夏秋どり栽培におけるウォーターカーテンの利用が施設内環境と果実収量に及ぼす影響

2010年度   潅水方法と土壌の違いがトマトの生育に及ばす影響

2010年度   空気膜二重構造ハウスの利用による施設内環境変化が半促成栽培キュウリの生育および収量に及ぼす影響

2010年度   給液方法の違いがトマトの生育,収量に及ぼす影響

2010年度   トマト夏秋どり栽培における夜間冷房の効果 収量と電力消費量

2010年度   イチゴの高密植移動栽培栽培ベンチにおける品種の違いが収量に及ぼす影響

2009年度   Selection of Salinity Tolerant Lines from Strawbery (Fragaria × ananassa) Mutants Induced by Helium Ion Irradiation

2009年度   太陽熱を主体とした蓄熱・保温システム

2009年度   潅水方法の違いがトマトの養分吸収と収量に及ぼす影響

2009年度   移動ベンチを利用したイチゴ密植栽培システムにおける品種比較

2009年度   根域冷却が四季成りイチゴの収量、品質に及ぼす影響

2009年度   省エネルギーと閉鎖型栽培環境の実現を目的としたヒートポンプの活用

2009年度   パプリカ果実の着色促進技術の検討

2009年度   トマト夏秋どり長期栽培における接ぎ木による増収効果

2008年度   培地容積と潅水方法の違いがトマトの生育におよぼす影響

2008年度   イチゴ夏秋どり栽培における冷水ウォーターカーテンの利用による昇温抑制

2008年度   イチゴの高密植栽培のための移動栽培装置の開発

2008年度   Mutation Induction of Strawberry(Fragaria × ananassa) Using Ion Beam Irradiation

2008年度   イチゴ移動ベンチ栽培に適した養水分給液方法

2008年度   給液方法の違いがトマトの生育へ及ぼす影響の定量的解析について

2008年度   空気膜二重構造ハウスによるキュウリ栽培

2008年度   潅水回数の違いがトマトの物質分配に及ぼす影響

2008年度   ヒートポンプを活用した太陽エネルギーの収熱放熱システムの開発について

2007年度   「空気膜二重構造と開閉式保温カーテンの保温性比較」-パイプハウスにおけるホウレンソウの生育と熱収支-

2007年度   気相率を指標とした給液制御における土壌の物理性が水分分布とトマトの生育に及ぼす影響

2007年度   空気膜二重構造を利用した連棟パイプハウスの保温性

2007年度   誘電率土壌水分センサを利用した給液制御(第2報)-土壌中の水分分布とトマトの生育-

2007年度   誘電土壌水分センサを利用した給液制御(第3報)-給液開始点,誘電率土壌水分センサの埋設深度および土壌の違いがトマトの生育に及ぼす影響-

2007年度   バラ養液栽培における給液制御の可能性

2007年度   トマト固形培地耕における無機成分の量的施用方法が生育・収量に及ぼす影響

2007年度   表計算ソフトExcelを活用した水分移動計算のためのインターフェースの作成~Garon Campbellのプログラムを用いて~

2007年度   誘電率土壌水分センサを利用した潅水制御によるトマト栽培

2007年度   イチゴの高密植移動ベンチ栽培に適した給液方法の検討

2006年度   イチゴ夏秋どり栽培における夜間冷房が生育・収量に及ぼす影響

2006年度   給液方法・培地の違いがイチゴの地上部および根系の初期生育に及ぼす影響(根箱による解析)

2006年度   太陽熱を主体とした蓄熱・保温システムの開発と小水力発電の導入調査

2005年度   養液栽培における根と肥料成分の接触頻度の違いがトマトの培養液濃度に与える影響

2004年度   イチゴ養液栽培における養液濃度と温度,開花と収量に及ぼす影響

2004年度   栽培に活かす固形培地の特性

2004年度   培養液濃度の違い及びNaclの添加がトマトの生育・収量・品質へ及ぼす影響

2003年度   異なる培養液条件がイチゴ葉柄汁液中多量要素,微量要素成分濃度に及ぼす影響

2003年度   培地資材の物理性と化学性がイチゴの果実収量に及ぼす影響

2003年度   有機質培地の緩衝能を活用したバラの循環型養液栽培

2000年度   養液栽培で発生したCylindrocarpon destructansによるイチゴ根腐萎凋病

2018年度   多日射条件時の茎数増加が促成栽培トマトの生育・収量に及ぼす影響

2017年度   施設園芸用栽培ベッドを接触検出して自動直進する小型電動台車走行システム

2017年度   単収を増加できるトマト低段栽培用密植移動栽培ベンチ

2016年度   施設園芸で収量・作業時間のモニタリングを自動化するシステム

2016年度   中小規模施設向けで汎用性が高いUECS規格の環境計測・制御システム

2015年度   クラウン温度制御技術による宮城県被災地でのイチゴ促成栽培における収量増加

2015年度   安価な3次元形状計測センサを利用した自動草高計測システム

2015年度   CO2施用と加湿制御を組み合わせた場合のトマトの生育と養分吸収

2015年度   安価な3次元形状計測センサ利用による作物群落構造解析システム

2014年度   トマト一段密植栽培用の着果処理ロボット

2014年度   キュウリのハイワイヤー栽培における葉面積指数(LAI)の簡易推定法

2014年度   温室へ施用した二酸化炭素の利用効率の評価手法

2013年度   イチゴ産地復興を効率化するための高設栽培システム共通仕様

2012年度   植物工場における短期栽培キュウリの多収化

2010年度   イチゴの循環移動式栽培装置

2008年度   ウォーターカーテンと空気膜二重構造の併用によるイチゴ促成作型における低温期増収技術

2007年度   トマト(海外品種)の夏秋どり栽培における果実収量および果実品質

2007年度   イチゴ10月どり栽培における自然換気型細霧冷房と遮光資材による昇温抑制効果

2007年度   イチゴ夏秋どり栽培における冷水ウォーターカーテンの利用による昇温抑制

2007年度   イチゴ夏秋どり栽培における根圏気相環境制御システム

2007年度   トマト養液土耕における誘電率土壌水分センサを利用した水分分布の制御

2007年度   トマト半促成作型の循環式固形培地耕における生育初期の窒素施肥量

2007年度   表計算ソフトエクセルを用いた土壌中水分移動計算用のソフトウェア

2007年度   パイプハウスにおける空気膜二重構造と開閉式保温カーテンの保温性

2007年度   屋根面を空気膜二重構造とした連棟パイプハウスの保温性

2006年度   空気膜二重構造の利用によるパイプハウスの保温性向上とホウレンソウの生育促進

2006年度   移動水検知センサによる給液制御

2005年度   10月どりイチゴ超促成栽培における腋果房分化促進

2005年度   イチゴ夏秋どり栽培における自然換気型細霧冷房が果実生産に及ぼす影響

2004年度   養液栽培イチゴ第1腋花房に及ぼす定植から開花期の気温と培養液濃度の影響

2004年度   10月どりイチゴ超促成栽培のための親株管理法

2003年度   塩化ナトリウム添加及び遮根シート利用による良食味トマトの養液栽培

2003年度   側面開放部を確保した空気膜二重構造パイプハウスの微気象

2003年度   イチゴ夏秋栽培における培地内通気が果実収量に及ぼす影響

2002年度   イチゴの養液栽培に適する培地資材

2000年度   やし殻繊維を培地とするトマトの培養液循環型養液栽培システムに適する培養液処方

2000年度   促成ナスのロックウール栽培における仕立て法と株間の検討

2000年度   ニラのロックウール栽培における培養液濃度

2012-2014年   [農林水産省 農林水産技術会議]   CO2長期・長時間施用を核とした環境制御技術を開発し東海の園芸産地を活性化する

この記事は