市村一雄

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門
肩書き 花き研究監
氏名 市村一雄
連絡先(電話番号) 029-838-6574
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000769
URL http://www.naro.affrc.go.jp/nivfs/index.html
https://www.jstage.jst.go.jp/article/hortj/85/2/85_MI-071/_html
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0925521415301617
カテゴリ 出荷調整 品質保持 その他の花き・花木・観葉植物

研究情報

2014年度   チューリップ切り花における花茎の湾曲と下垂が観賞価値に与える影響:一般消費者による評価

2013年度   「Programmed cell death begins earlier in the mesophyll cells of tulip petals than in the epidermal cells」

2013年度   バラ切り花におけるグルコースと抗菌剤の処理による品質保持効果の実証

2013年度   Postharvest characteristics of cut dahlia flowers with a focus on ethylene and effectiveness of 6-benzylaminopurine treatments in extending vase life

2013年度   高温条件における後処理がカーネーション切り花の品質保持に及ぼす影響

2013年度   高温条件における後処理がカーネーション切り花の品質保持に及ぼす影響.

2012年度   日持ち保証に対応した切り花の品質管理技術の開発とマニュアルの策定

2012年度   Programmed cell death begins earlier in the mesophyll cells of tulip petals than in the epidermal cells

2012年度   切り花の水揚げに関する生花店へのアンケート調査および水切りが主要切り花の吸水と品質保持に及ぼす効果

2012年度   アフリカンマリーゴールドの花芽分化・発達に及ぼすEnd-of-day heating処理の影響

2012年度   低温期のスプレーギク施設栽培におけるEOD-heatingの有効性

2011年度   デルフィニウム切り花品質保持におけるマルトースおよびトレハロースの前処理効果

2011年度   リンドウ切り花の収穫後生理特性と各種品質保持技術の効果

2011年度   収穫時期および湿式輸送条件下のスクロース処理が夏秋期のバラ切り花品質に及ぼす影響

2010年度   デルフィニウム切り花における糖処理による脱水低減

2009年度   Cell division and expansion growth during rose petal development

2009年度   Determination of subcellular concentrations of soluble carbohydrates in rose petals during opening by nonaqueous fractionation method combined with infiltration?centrifugation method

2009年度   デルフィニウム切り花におけるSTS処理後の花持ちの延長と銀含量

2009年度   バラの花弁展開に伴う細胞肥大における糖質の関与

2008年度   花き類生け水中の緑膿菌等の発生消長と品質保持剤による菌数抑制

2008年度   高濃度スクロース処理が蕾切りカーネーションの花色発現および花弁中の糖質とアントシアニン濃度に及ぼす影響

2008年度   STSとスクロースの組み合わせ前処理がデルフィニウム切り花の品質と花持ちに及ぼす影響

2008年度   バラ切り花におけるスクロースと抗菌剤の出荷前および輸送中の処理による品質保持効果の実証

2007年度   スクロース処理が蕾切りカーネーションの切り花品質および糖質濃度に及ぼす影響

2007年度   スクロース処理が蕾切りカーネーションの切り花品質および糖質濃度に及ぼす影響

2007年度   Extension of the vase life of cut rose flowers by treatment with sucrose before and during simulated transport

2007年度   トルコギキョウ切り花においてスクロース前処理時の相対湿度およびスクロース濃度が葉の障害発生および花持ちに及ぼす影響

2007年度   花持ちの長いカーネーションにおける加齢にともなう自己触媒的エチレン生成能の低下とエチレン生合成酵素遺伝子およびエチレン情報伝達遺伝子の発現

2006年度   がく片が脱離しないデルフィニウム種間雑種の作出

2006年度   PCD評価法の開発と花きの老化における新規PCD特性

2006年度   数種花きにおける花弁からの糖質の簡易迅速抽出法の確立

2002年度   バラ切り花の品質保持期間延長に有効な薬剤処方

2002年度   1-MCPとスクロースを組み合わせた処理がスイートピー切り花の花持ちに及ぼす影響

2002年度   スクロース処理によるスイートピー切り花の花持ち延長とエチレン生合成の抑制

2002年度   バラ花弁における糖蓄積と細胞肥大生長との関係

2002年度   ブルースター(Oxypetalum caeruleum)切り花の品質保持に及ぼすSTS、1-MCPおよびスクロース処理の影響

2002年度   トルコギキョウ切り花の花持ちにおける受粉の関与

2002年度   デルフィニウムのエチレンレセプターcDNAの単離

2002年度   バラ切り花の品質保持に有効な後処理剤処方の開発

2002年度   柱頭に付着する花粉量がトルコギキョウ切り花の花持ちに及ぼす影響

2002年度   疎水性溶媒密度勾配分画法によるバラ花弁組織のアポプラストマーカーの検討

2001年度   ブルースター切り花の老化におけるエチレンの関与

2001年度   バラ花弁における2-phenylethanol生成・発散に関与する酵素および配糖体の細胞内局在性の解明

2001年度   光量がデルフィニウムの花持ちに及ぼす影響

2001年度   疎水性溶媒密度勾配分画法による花弁における細胞壁画分の分画

2001年度   ニゲロオリゴ糖がキンギョソウ切り花の品質保持に及ぼす影響

2001年度   スクロースがつぼみ切りカーネーションの花弁色調に及ぼす影響

2001年度   ハナスベリヒユの花糸接触刺激による花の老化促進とエチレンとの関係

2001年度   ブルースター切り花の品質保持に及ぼすSTSとスクロース処理の効果

2001年度   バラ切り花の花持ちの品種間差における花弁内糖質の関与

2001年度   疎水性溶媒密度勾配分画法によるバラ花弁細胞内の糖質局在性の解析

2001年度   トルコギキョウ切り花の花持ちの品種間差における受粉の関与

2000年度   Possible roles of soluble carbohydrate constituent in cut rose flowerss in

2000年度   Possible roles of methyl glucoside and myo-inositol in the opening of cut rose flowers

2000年度   バラの株つきの花と切り花との花持ち期間の差異と糖含有量の関係

2000年度   デルフィニウム小花における開花にともなう糖質含量の変化と糖質の細胞内局在性

2000年度   バラ花弁における開花にともなう糖質含量の変化と糖質の細胞内局在性

2000年度   デルフィニウムがく片における開花にともなう糖質含量の変化と糖質の細胞内局在性

2000年度   Effects of the time of sucrose treatment on vase life, soluble carbohydrate concentrations and ethylene production in cut sweet pea flowers

2000年度   スクロースとポリ2-ヒドロキシプロピルジメチルアンモニウムクロライド(PHPAC)の短期間処理がトルコギキョウ切り花の品質保持に及ぼす影響

2000年度   8-ヒドロキシキノリン硫酸塩およびスクロース利用によるバラ切り花の鮮度低下機構の解析

2000年度   Soluble carbohydrates in Delphinium and their influence on sepal abscission in cut flowers

2000年度   キンギョソウ切り花の品質保持に及ぼす各種糖質の影響

2000年度   シバザクラにおける2-C-メチルエリトリトールの同定とその濃度の開花にともなう変動

2000年度   ニホンスイセン切り葉の黄化に及ぼすジベレリンの影響

2000年度   リンドウにおけるゲンチオビオースの同定とその濃度の開花にともなう変動変動

2000年度   ジベレリンによるニホンスイセン切り葉の黄化抑制ならびにリンドウの開花にともなう糖質濃度の変動

2000年度   Acceleration of flower senescence by pollination in cut ‘Asuka-no-nami’ Eustoma flowers

2000年度   トルコギキョウ切り花の受粉による老化促進におけるエチレンの役割

2000年度   切り花花きのエチレン感受性と品質保持

2000年度   Identification of L-inositol and scyllitol and their distribution in various organs in chrysanthemum

2000年度   切り花の開花および老化にともなう変化についての総合研究:収穫後の光条件と摘葉処理がバラ切り花の開花および老化に及ぼす影響及ぼす影響

2000年度   バラ切り花の鮮度低下の仕組みから花持ち性を探る

2000年度   花きの鮮度保持技術

2000年度   切り花の老化の仕組みと品質保持技術

2000年度   WORLDWIDE TOPICS エチレン受容体の遺伝子導入によるカーネーションとペチュニアの花持ち延長

2000年度   バラ切り花における収穫後の生理機構

2000年度   花きの鮮度保持についての最近の話題

2000年度   キンギョソウの高温による花色発現不良化現象における糖の関与

2000年度   Effect of gibberellin A3 on leaf yellowing and vase life of cut Narcissus tazetta var. chinensis flowers

2000年度   スクロースとHQS処理を利用したバラ切り花の品質低下機構の解析

2000年度   Synthesis of 2-C-methyl-D-erythritol and 2-C-methyl-L-threitol; determination of the absolute configuration of 2-C-methyl-1,2,3,4-butanetetrol isolated from Phlox sublata L.

2000年度   収穫後の光条件と摘葉処理がバラ切り花の開花および老化に及ぼす影響

2000年度   低温ストレスによるキュウリ葉の光合成阻害とその回復

2000年度   ジベレリンとチオ硫酸銀錯塩によるニホンズイセン切り花の花持ち延長

2000年度   花き流通における鮮度保持資材産業の動向

2000年度   Stimulation of root elongation in vegetable crops by components of qualitative filter paper

2000年度   切り花の鮮度保持

2000年度   カンパニュラ小花の花持ちに及ぼすエチレンの影響

2000年度   キャベツ葉への糖処理による耐凍性と糖質の局在性変化

2000年度   キャベツ幼植物の低温順化・脱順化による糖質の局在性変化

2000年度   キャベツ幼植物の低温順化・脱順化時におけるスクロース代謝関連酵素活性の変化

2000年度   Effects of light during lowtemperature treatment and water stress on freezing tolerance and sugar contents in cabbage seedlings

2000年度   キャベツのスクロース代謝関連酵素活性の測定条件

2000年度   赤色光/遠赤色光光量子束比の異なる被服資材がシバザクラの挿し芽に及ぼす影響

2000年度   ストックの生育、特に開花に及ぼす温度と光環境の影響

2015年度   ユリとチューリップの花弁の柔細胞では表皮細胞より早く老化が進行している

2014年度   エチレン非依存性花きの老化を制御する新規遺伝子の特定

2013年度   ペチュニア花弁における受粉によるオートファジーの誘導と栄養素の転流

2012年度   分離と混合を同時に行う薄層クロマトグラフィーの開発と新奇補助色素の検出

2012年度   日持ち保証に対応した切り花の品質管理技術の開発とマニュアルの策定

2012年度   黄花色のユリにおいて老化に伴う花弁の彩度低下は観賞価値を下げる

2011年度   エチレンおよび受粉によりササ系リンドウの花持ちは短縮する

2010年度   カーネーションの加齢による自己触媒的エチレン生成能低下のメカニズム

2010年度   変異型エチレン受容体遺伝子の導入によるトレニアのエチレン感受性低下

2010年度   アサガオ花弁老化時におけるオートファジー関連遺伝子InATG8の重複発現

2010年度   エチレン合成阻害剤とオーキシンを用いたトルコギキョウ切り花品質保持期間延長

2009年度   バラの花弁展開に伴う細胞肥大における糖質の関与

2009年度   バラ切り花の輸送に適した給水資材の開発

2009年度   トルコギキョウ未受粉小花の花持ちの品種間差におけるエチレンの関与

2009年度   カーネーション切り花の高温に対する反応

2008年度   エチレン非依存性花きの老化を制御する新規遺伝子

2008年度   STSとスクロース処理によるキンギョソウ切り花の品質保持期間延長

2008年度   アブシシン酸を用いたトルコギキョウ切り花の品質保持技術

2008年度   花持ちの優れるデルフィニウム系統「B-10」におけるエチレン生成およびエチレン感受性の解明

2007年度   出荷前および輸送中のスクロースと抗菌剤処理によるバラ切り花の品質保持期間延長

2007年度   花持ちの優れるカーネーション品種「ミラクルルージュ」、「ミラクルシンフォニー」におけるエチレン生合成遺伝子の発現解析

2007年度   花弁からの糖質の簡易・迅速抽出法の開発

2006年度   PCD評価法の開発と花きの老化における新規PCD特性

2006年度   トルコギキョウ切り花におけるスクロースの前処理による障害葉発生回避

2005年度   デルフィニウムにおけるエチレン受容体遺伝子の単離と発現解析

2004年度   バラ切り花の花持ちを延長するチャ種子サポニン類と低水温

2004年度   フロックス属花きにおける2-C-メチルエリトリトールの同定

2003年度   STSとスクロースの併用によるトルコギキョウ切り花の品質保持技術

2003年度   トルコギキョウ切り花の受粉による花持ちの短縮

2003年度   デルフィニウム鉢花の花持ちに及ぼす光強度

2002年度   バラ切り花の品質保持期間延長に有効な薬剤処方

2002年度   バラ切り花の花持ちの品種間差と可溶性糖質の関与

2000年度   チオ硫酸銀錯塩及びジベレリン処理によるニホンスイセン切り花の品質保持

2000年度   ブルースター切り花に及ぼすチオ硫酸銀錯塩とスクロース処理の品質保持効果

1999年度   デルフィニウム切り花におけるマンニトールの同定とその生理的役割

1999年度   トルコギキョウ切り花の老化におけるエチレンの関与とチオ硫酸銀錯塩処理の有効性

1998年度   遺伝子組換えによるトレニアの花の寿命の延長(研究)

1996年度   スクロース処理によるスイートピー切り花の品質保持期間の延長

1995年度   主要切り花花きに含まれる未同定糖質の同定とその生理的役割

2003-2005年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   主要花きに含まれる糖質の花弁細胞への蓄積機構の生理・生化学的解析

この記事は