荻野暁子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 主任研究員
氏名 荻野暁子
連絡先(電話番号) 0993-76-2126
所在都道府県名 鹿児島県
見える化ID 000756
URL http://researchmap.jp/akiko_ogi
カテゴリ 育種 遺伝資源 遺伝子マーカー開発 SNP解析 機能性成分 近赤外分析 新品種 新品種育成 DNAマーカー 品種 品種開発

研究情報

2014年度   Worldwide core collections of tea (Camellia sinensis) based_x000D_ on SSR markers

2013年度   茶園における冬期のマシン油乳剤散布によるチャ赤焼病の発病助長とその防除技術の開発

2013年度   チャ遺伝資源におけるチャノミドリヒメ ヨコバイの甘露排出量と甘露中のアミノ酸分析

2013年度   茶園における冬期のマシン油乳剤散布によるチャ赤焼病の発病助長とその防除技術の開発

2012年度   'Sunrouge' a New Tea Cultivar with High Anthocyanin

2011年度   炭疽病・輪斑病複合抵抗性のやや早生緑茶用品種‘さえあかり’の育成

2011年度   暖地向け緑茶用極早生品種‘しゅんたろう’の育成とその特性

2011年度   A crude extract from immature green tea (Camellia sinensis) leaves promotes Toll-like receptor 7-mediated interferon-α production in human macrophage-like cells.

2010年度   Detection and characterization of the breeding material for Caffeine-less tea cultivars

2010年度   茶の病害虫抵抗性系統「枕崎34号」と「枕崎35号」の幼木期における虫害程度と加害種の違い

2009年度   環境保全型防除下における各チャ品種の虫害程度と虫害特性

2005年度   ベトナム北部から採集した茶葉中のカフェイン,カテキン類および遊離アミノ酸含有量の遺伝的多様性

2004年度   茶中間母本農4号

2004年度   茶中間母本農5号

2004年度   茶中間母本農6号

2004年度   品種登録出願:茶中間母本農6号、出願番号:17320

2004年度   種間交雑によるアントシアニン高含有‘茶中間母本農6号’の育成

2017年度   機能性成分高含有のチャ品種候補「枕系56-01」

2017年度   香りに特徴がある緑茶用新品種候補「野茶研04号」

2015年度   被覆栽培に適した高品質な緑茶用新品種候補枕崎32号

2014年度   単純反復配列(SSR)マーカーに基づいたチャ遺伝資源コアコレクションの構築

2013年度   冬期のマシン油乳剤散布によるチャ赤焼病の発病助長とその抑制技術

2011年度   病虫害複合抵抗性の暖地向き早生緑茶用品種「なんめい」

2011年度   「サンルージュ」含有アントシアニンの茶期別および葉位別変動特性と生理活性

2011年度   炭疽病・輪斑病複合抵抗性の緑茶用品種「さえあかり」(茶農林55号)

2009年度   炭疽病・輪斑病複合抵抗性の緑茶用新品種「さえあかり」(旧系統名:枕崎30号)

2009年度   カフェインレスチャ品種育成のための育種素材とカフェインレス形質の遺伝様式

2009年度   IgE産生を抑制する茶葉中加水分解型タンニン類

2008年度   極早生の緑茶用新品種「しゅんたろう」(旧系統名:「枕系47-18」)

2008年度   チャにおける高アントシアニン新品種候補「枕個03-1384」

2006年度   プラントアクティベータによるチャの病害抵抗性誘導

2005年度   茶中間母本農3号由来の高カフェイン形質に連鎖するDNAマーカー

2003年度   クワシロカイガラムシ抵抗性のDNAマーカー選抜可能な茶中間母本候補2系統

2003年度   アントシアニン高含有チャ育成のための新中間母本候補'F95181'

2014-2016年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   茶で検出されたニコチンの起源の解明

2007-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   チャにおけるカフェインレス個体出現の遺伝的メカニズムの解明

この記事は