石川浩一

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 石川浩一
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 静岡県
見える化ID 000751
URL
カテゴリ 病害虫防除

研究情報

2014年度   煮沸チャ葉を用いたチャ輪斑病菌のQoI剤感受性簡易検定法

2013年度   ヤーコンの新品種「アンデスの乙女」の育成

2012年度   DAS-ELISA法を利用した多頭検定によるIYSV早期侵入診断法の開発

2012年度   Preparation and characterization of polyclonal antibody against resting spores of Olpidium virulentus, fungal vector of lettuce big-vein disease.

2012年度   ネギアザミウマ成虫によるアイリスイエロースポットウイルスの獲得と伝搬

2012年度   DAS-ELISA法を利用した多頭検定によるIYSV早期侵入診断法の開発

2012年度   タマネギセル苗をトラップとしたアイリスイエロースポットウイルス早期発見によるリスク評価法

2011年度   ELISA法によるコムギおよびオオムギに発生する4種菌媒介性ウイルスの血清学的診断法の開発

2011年度   Improved multiple rapid immunofilter paper assay to detect three viruses of cucumber simultaneously.

2011年度   安価・簡便化を目的としたELISA 法による保毒虫検定の改良

2011年度   野外雑草およびネギ類トラップを利用したアイリスイエロースポットウイルスに対する発生予察方法の検討

2011年度   香川県のネギ栽培地域におけるアイリスイエロースポットウイルスの発生状況

2009年度   First report of Melom yellow spot virus infecting balsam pear(Momordica charantia L.) in Japan

2008年度   Further evidence of Mirafiori lettuce big-vein virus but not of Lettuce big-vein associated virus with big-vein disease in lettuce

2006年度   内生細菌利用を基幹としたレタスビッグベイン病の総合防除

2004年度   Earthquake Resistant Capacity and Elasto-plastic Dynamic Collapse Behaviors of Timber Shear Walls

2004年度   レタスビッグベイン病に関連する2種ウイルス、Mirafiori lettuce virusとLettuce big-vein virusの血清学的検出、病徴発現および生育温度の関連

2002年度   ELISA法によるミラフィオリレタスウイルスの検出

2002年度   モノクローナル抗体を用いた三重抗体(TAS)ELISAによるレタスビッグベインウイルス(LBVV)の検出

2002年度   レタスビッグベインウイルスのRNA2の全塩基配列

2002年度   レタスビッグベインウイルスのRT-PCRによる検出

2002年度   レタスビッグベイン病の病徴発現およびレタスビッグベインウイルスとMirafiori rlettuce virusの検出におよぼす栽培温度の影響

2002年度   ビッグベイン症状の発現におけるLettuce big-vein virusとMirafiori lettuce virusとの関係

2002年度   イネ縞葉枯ウイルスの22.8Kタンパク質の感染植物細胞での局在性について

2002年度   レタスビッグベインウイルスの全塩基配列とゲノム構造-レタスビッグベインウイルスとラブドウイルスの関連-

2002年度   レタスビッグベイン病に対する品種抵抗性と関連ウイルスの関係

2002年度   イネ縞葉枯ウイルスの系統とその野外分布

2002年度   レタスビッグベインウイルスとラブドウイルスの関係-レタスビッグベインウイルスの転写開始・終結シグナル配列およびリーダー領域-

2002年度   RT-PCRによるミラフィオリレタスウイルスとレタスビッグベインウイルスの検出

2002年度   ELISA法によるミラフィオリレタスウイルスの検出

2002年度   イネ縞葉枯ウイルスの23.9Kタンパク質の感染植物細胞での凝集と封入体形成について

2002年度   レタスビッグベイン病抵抗性の早期選抜法

2001年度   レタスビッグベインウイルスのRNA2の全塩基配列

2001年度   レタスビッグベインウイルスのRT-PCRによる検出

2001年度   モノクローナル抗体を用いた三重抗体(TAS)ELISAによるレタスビッグベインウイルス(LBVV)の検出

2001年度   レタスビッグベインウイルスのRNA1がコードするタンパク質のアミノ酸配列

2001年度   ビッグベイン症状のレタスから分離されたチューリップ微斑モザイクウイルス様粒子

2000年度   Sequence change in six variants of rice tungro bacilliforma virus and their phylogenetic relationships

2000年度   レタスビッグベインウイルス外被タンパク質の塩基配列

2000年度   レタスビッグベインウイルスに対するモノクローナル抗体の作製

2000年度   Sequence changes in six variants of rice tungro bacilliform virus and their phylogenetic relationships

2000年度   Sequence analysis of Pns11, a nonstructural protein of rice gall dwarf virus and its expression and detection in infected rice plants and vector insects

2014年度   煮沸チャ葉法によるチャ輪斑病菌のQoI剤感受性簡易検定

2012年度   レタスビッグべイン病の媒介菌Olpidium virulentusに特異的な抗体の作製法

2011年度   キュウリの3種ウイルス同時検出のための多重RIPA法の改良

2011年度   レタスビッグベイン病抵抗性の年末年始どりレタス新品種「ウインターパワー」

2010年度   現地での迅速判定可能なRIPA法によるトマト黄化葉巻病の診断法

2010年度   外観形質が良好で収量性の高いヤーコンの新品種候補系統「アンデスの乙女(旧系統名 SY237)」

2007年度   F(ab')2フラグメントを用いたTAS-ELISA法によるメロン黄化えそウイルスの検出

2004年度   レタスビッグベイン病汚染土壌中の媒介菌休眠胞子からのウイルス検出

2004年度   タバコわい化ウイルスはレタスビッグベインウイルスの1系統(タバコ系統)である

2004年度   レタスビッグベイン病汚染土壌中の媒介菌休眠胞子からのウイルス検出

2004年度   タバコわい化ウイルスはレタスビッグベインウイルスの1系統(タバコ系統)である

2002年度   レタスビッグベインウイルスの遺伝情報とゲノム構造

2002年度   ELISA法によるミラフィオリレタスウイルスの検出

2002年度   レタスビッグベイン病に対するレタス品種の抵抗性

2000年度   RLGSによる菌類の変異解析法

2004-2006年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   農業生態系における人畜共通病原微生物の動態解明と環境リスクデータベースの作成

この記事は