佐藤安志

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 茶病害虫ユニット長
氏名 佐藤安志
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 静岡県
見える化ID 000750
URL http://researchmap.jp/read0212264
カテゴリ 温暖化対策 簡易検定法 簡易診断 簡易測定 環境変動対応 害虫 植物相 新規農薬 診断技術 性フェロモン 生物的防除 センシング 総合防除技術 天敵利用 DNAマーカー 電照技術 特定農薬 動態シミュレーション 土着天敵 ドローン 農薬 病害虫防除 防除 モニタリング 薬剤 薬剤開発 薬剤耐性 薬剤抵抗性抑制技術 薬剤適応拡大 予察技術 予防技術 リモートセンシング

研究情報

2015年度   チャノコカクモンハマキ成虫に対するシアントラニリプロール剤の殺虫活性

2014年度   Field Efficacy and Transmission of Fast- and Slow-Killing Nucleopolyhedroviruses that Are Infectious to Adoxophyes honmai (Lepidoptera: Tortricidae)

2013年度   日本において農作物に寄生するTropicomyia属ハモグリバエ

2012年度   チャの新害虫チャトゲコナジラミの発生状況に対応した戦略的総合対策マニュアル

2012年度   茶園内の誘蛾灯に飛来するゴミムシ群集の種多様性

2012年度   チャトゲコナジラミの侵入初期のモニタリングにおける黄色粘着トラップの有効性

2011年度   茶園におけるゴミムシ群集の多様性評価

2011年度   誘蛾灯を利用した茶園のゴミムシ類の種多様性評価とその有効性

2011年度   キイロタマゴバチによるチャハマキの密度抑制効果に及ぼす2種殺虫剤の影響

2011年度   茶園におけるゴミムシ群集の多様性評価

2011年度   日本に分布するミカントゲコナジラミ2系統におけるmtCOIの遺伝的変異

2008年度   温度と寄主がチャのハマキガ類の卵寄生蜂キイロタマゴバチの発育,性比,羽化率および体サイズに及ぼす影響

2005年度   クワシロカイガラムシ孵化盛期調査のための微小昆虫捕獲装置と画像処理計数法

2005年度   チャノコカクモンハマキの発生予察における電撃型自動計数フェロモントラップ「モスカウンター」の実用性

2004年度   減量散布ができる茶園用送風式農薬散布機

2002年度   チャの新害虫ウスコカクモンハマキ

2002年度   送風式捕虫機による茶園の物理的害虫防除法の開発ー室内試験による強制送風・ウォーターアシストの吹き飛ばし効果ー

2002年度   電撃型自動計数フェロモントラップのチャノコカクモンハマキに対する実用性

2002年度   減農薬茶栽培を可能とする機械化技術の開発 -乗用形送風式捕虫機の開発-

2002年度   チャ害虫ハマキガ類の電撃型自動計数フェロモントラップ

2002年度   南西諸島におけるスジボタル属の地理的分布と遺伝的分化

2002年度   チャノコカクモンハマキとウスコカクモンハマキにおける配偶行動の時間的差異

2002年度   送風式捕虫機による茶園の物理的害虫防除法の開発

2001年度   ウスコカクモンハマキとチャノコカクモンハマキの簡易識別法

2001年度   論文: Integrated management of tea tortricids in Japan.

2001年度   日本産コカクモンハマキにおけるオスのフェロモン反応性

2001年度   ミトコンドリアDNAからみたヘイケボタルの遺伝的多様性と地理的分化

2001年度   チャのハマキガ類に対する新規交信撹乱剤の防除効果

2001年度   送風式捕虫機による茶園の物理的防除法の開発

2001年度   チャノコカクモンハマキの交信撹乱剤に対する感受性低下.■.雌の性フェロモンの変異と雄の反応性

2001年度   主要研究成果(参考): チャの新害虫ウスコカクモンハマキの生態と分布

2001年度   チャのハマキガ類に対する顆粒病ウィルス製剤、交信撹乱剤の防除効果

2001年度   チャノコカクモンハマキ性フェロモンの地理的変異

2000年度   コカクモンハマキ種群における Costal fold 内鱗片群の遺伝様式

2000年度   チャノコカクモンハマキ Adoxophyes honmai の性フェロモンの種内変異について

2000年度   チャハマキ

2000年度   沖縄の茶園に生息するコカクモンハマキ

2000年度   電撃型自動計数フェロモントラップの開発

2000年度   Reproductive Isolation and Genetic Differentiation in Japanese species of Adoxophyes (Lepidoptera: Tortricidae).

2000年度   日本産コカクモンハマキ種群における配偶者選択

2000年度   コカクモンハマキの発育期間を制御する遺伝子は性染色体上にある

2000年度   チャノコカクモンハマキAdoxophyes honmaiの性フェロモンの種内変異について

2018年度   チャトゲコナジラミの天敵寄生蜂シルベストリコバチの累代飼育法と生態特性

2015年度   チャトゲコナジラミの有力天敵シルベストリコバチには2つの遺伝的系統がある

2015年度   茶園に生息する有用天敵カブリダニ類の生息密度を推定する方法

2014年度   チャ害虫の寄生性天敵キイロタマゴバチに悪影響の大きい農薬類

2013年度   茶園に設置されている誘蛾灯はゴミムシ類の種多様性把握にも利用できる

2012年度   チャの新害虫チャトゲコナジラミの発生状況に対応した戦略的総合対策マニュアル

2011年度   チャの侵入新害虫チャトゲコナジラミとカンキツ害虫ミカントゲコナジラミの識別法

2009年度   送風式農薬散布機のクワシロカイガラムシ防除専用噴管と防除効果

2009年度   茶園内での局所管理技術によるナガチャコガネの効率的防除

2007年度   茶園の害虫発生予測やチャ生育予測のための有効積算温度表示器

2005年度   クワシロカイガラムシ孵化盛期調査のための微小昆虫捕獲装置と画像処理計数法

2005年度   茶園用送風式農薬散布機による減量散布とチャのハマキガ類、炭疽病、輪斑病の防除効果

2004年度   減量散布ができる茶園用送風式農薬散布機

2004年度   減量散布ができる茶園用送風式農薬散布機

2004年度   減量散布ができる茶園用送風式農薬散布機

2002年度   茶害虫の送風式捕虫方法および乗用形送風式捕虫機

2002年度   チャ害虫ハマキガ類の電撃型自動計数フェロモントラップ

2001年度   ウスコカクモンハマキとチャノコカクモンハマキの簡易識別法

2001年度   チャの新害虫ウスコカクモンハマキの生態と分布

1995年度   ナガチャコガネにおける飛翔筋二型の遺伝と圃場間移動

2015-2019年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   膨大な害虫発生予察調査データから読み解く昆虫の適応進化

この記事は