物部真奈美

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 物部真奈美
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 静岡県
見える化ID 000742
URL http://researchmap.jp/read0110317
カテゴリ 機能性 機能性成分 機能性食品 農産物機能性

研究情報

2014年度   給茶機RICH+(リッチプラス)を用いた茶葉中各種健康機能性成分の抽出条件の検討

2013年度   Green tea catechin induced phagocytosis can be blocked by catalase and an inhibitor of transient receptor potential melastatin 2 (TRPM2)

2013年度   各種機能性成分を短時間・効率的に抽出できる給茶機

2013年度   緑茶冷水(4℃)浸出液のカテキン浸出特性及び茶期・品種の異なる緑茶冷水浸出液がマクロファージ様細胞の貪食能へ与える影響

2012年度   Enhancement of the Immunostimulatory Activity of 1,25-Dihydroxyvitamin D3-Differentiated HL60 Cells with an Arabinoxylan from Wheat Bran

2012年度   生体に対する放射線影響と緑茶の飲用による防護効果の可能性

2012年度   冷水浸出緑茶の飲用が緑茶常飲者の唾液中分泌型IgA量に与える効果に関する予備的検討

2012年度   緑茶冷水(4℃)浸出液のカテキン浸出特性及び茶期・品種の異なる緑茶冷水浸出液がマクロファージ様細胞の貪食能へ与える影響

2012年度   緑茶冷水(4℃)浸出液のカテキン浸出特性及び茶期・品種の異なる緑茶冷水浸出液がマクロファージ様細胞の貪食能へ与える影響

2011年度   A crude extract from immature green tea (Camellia sinensis) leaves promotes Toll-like receptor 7-mediated interferon-α production in human macrophage-like cells.

2011年度   High Frequency of Simple and Complex Chromosome Aberrations Detected in the Tokai-mura Survivor four and Five Years after the 1999 Criticality Accident.

2010年度   Enhancement of the phagocytic activity of macrophage-like cells with components derived from green tea (Camellia sinensis) extract.

2010年度   Enhancement of phagocytic activity of macrophage-like cells by pyrogallol-type green tea polyphenols through caspase signaling pathways

2010年度   Effect on the Epigallocatechin Gallate/Epigallocatechin Ratio in a Green Tea (Camellia sinensis L.) Extract of Different Extraction Temperatures and Its Effect on IgA Production in Mice

2010年度   Enhancement of the Phagocytic Activity of Macrophage-Like Cells with a Crude Polysaccharide Derived from Green Tea (Camellia sinensis) Extract

2010年度   ENHANCEMENT OF PHAGOCYTIC ACTIVITY BY A CRUDE POLYSACCHARIDE FROM TEA (CAMELLIA SINENSIS) EXTRACT

2010年度   Increased Plasma Concentration of Epigallocatechin in Mice after Orally Administering a Green Tea (Camellia sinensis L.) Extract Supplemented by Steamed Rice

2008年度   小麦ふすまアラビノキシランの免疫賦活作用とその分子量特性

2007年度   「べにふうき」緑茶抽出条件の違いによるメチル化カテキン含量及びフェオホルビド生成量の変動

2007年度   単純反復配列(SSR)マーカーを利用したチャの品種識別

2007年度   Technique for Screening Immune-Enhancing Polysaccharides in Food using 1,25-Dihydroxyvitamin D3-Differentiated HL60 Cells

2007年度   Immunostimulating activity of a crude polysaccharide derived from green tea (Camellia sinensis) extract

2017年度   高血圧自然発症ラット大動脈の一酸化窒素受容体発現量に及ぼす茶品種の影響

2017年度   機能性成分高含有のチャ品種候補「枕系56-01」

2017年度   アントシアニン含有「サンルージュ」緑茶の眼精疲労軽減作用

2015年度   「べにふうき」緑茶を利用した新たな機能性表示食品

2015年度   チャ品種「そうふう」「さえみどり」は機能性成分ケルセチン配糖体が多い

2014年度   高アントシアニン茶「サンルージュ」を利用したエディブルティードレッシングの開発

2014年度   水出し緑茶に含まれるエピガロカテキンのマクロファージ食作用増強メカニズム

2013年度   各種機能性成分を短時間・効率的に抽出できる給茶機

2012年度   「べにふうき」茶葉中に含まれる抗アレルギー物質ECG3"Me

2011年度   「サンルージュ」含有アントシアニンの茶期別および葉位別変動特性と生理活性

2010年度   「べにふうき」緑茶中カテキン類の吸収性に及ぼす粉末茶平均粒子径の影響

2009年度   IgE産生を抑制する茶葉中加水分解型タンニン類

2009年度   緑茶抽出液に含まれる免疫賦活活性成分とその効果的抽出法

2008年度   「べにふうき」緑茶飲用開始時期がスギ花粉症の症状軽減効果に及ぼす影響

2007年度   「べにふうき」緑茶からのメチル化カテキンの効率的な抽出方法

この記事は