野中邦彦

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 業務第2科長
氏名 野中邦彦
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 静岡県
見える化ID 000736
URL http://researchmap.jp/read0208705
カテゴリ 栽培技術

研究情報

2014年度   チャの新芽の生長に伴う放射性セシウム濃度の推移

2014年度   煎茶の仕上げ加工において分級された茶葉および茎に含まれる放射性セシウム濃度

2014年度   Effects of application of lime nitrogen and dicyandiamide on nitrous oxide emissions from green tea fields

2012年度   Nitrous oxide emissions from green tea fields in Japan: Contribution of emissions from soil between rows and soil under the canopy of tea plants

2012年度   Nitrous oxide emissions from green tea fields in Japan: contribution of emissions from soil between rows and soil under the canopy of tea plants

2011年度   二番茶生育期間中の茶樹におけるセシウムの吸収・移行について

2008年度   TDR法を用いた茶園土壌中の養水分動態のモニタリング

2008年度   施肥幅の拡大が茶樹の窒素利用効率に及ぼす影響

2002年度   静岡県牧ノ原周辺における強酸性茶園地下水の流出実態

2002年度   静岡県牧ノ原台地付近における河川等の水質について(第2報)

2002年度   超緩効性肥料の無機化特性(第4報)

2002年度   エンジン打撃式採土器の茶園土壌への適用

2002年度   豪雨前後における牧ノ原台地からの茶園地下水の湧出特性

2002年度   休耕田への通水による茶園流出水の水質改善効果

2002年度   RO膜装置による茶園地帯湧出水の濃縮

2002年度   静岡県牧ノ原茶園地帯における強酸性地下水の湧出特性

2002年度   ライシメーターによる茶園土壌の養分収支

2002年度   茶園管理ベースマップ作成のための圃場内特性値調査と分布の解析

2001年度   茶園土壌における陰イオン交換

2016年度   新規な硝化菌(アンモニア酸化細菌)の発見

2013年度   茶園への石灰窒素の施用による一酸化二窒素発生量抑制効果

2011年度   チャ新芽へのセシウムの移行とせん枝による放射性セシウムの除去

2010年度   茶品種「ふうしゅん」は減肥栽培でも慣行施肥栽培の「やぶきた」より収量が多い

2008年度   牧之原赤黄色茶園土壌の細菌相

2007年度   茶園における施肥幅拡大による窒素利用効率の向上

2006年度   集団茶園地域の周辺水系に見られる硝酸性窒素濃度の変化

2003年度   茶園における超緩効性肥料の肥効特性

2003年度   茶園土壌における陰イオン保持能

2003年度   茶園における窒素収支の概算

2002年度   牧ノ原台地における強酸性地下水の流出特性

2002年度   牧ノ原台地周辺棚田における強酸性茶園流出水の中和・浄化効果

2000年度   土中施用したスラリー中アンモニア態窒素からの推定脱窒量

2000年度   茶園における施肥と亜酸化窒素発生との関係

1998年度   硝化抑制剤添加スラリーの土中施用によるメタン及び亜酸化窒素放出量の低減

1998年度   肥効調節型窒素肥料の利用による採草地からの亜酸化窒素放出の低減

1997年度   ソルガム−ライコムギ作付体系における液状きゅう肥の土中還元容量

1996年度   家畜ふん尿貯留槽からのメタン発生量の把握と発生制御技術

2011-2011年   [農林水産省 農林水産技術会議]   茶・果樹の放射性セシウム濃度低減技術の開発

この記事は