伊藤隆男

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 伊藤隆男
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 広島県
見える化ID 000732
URL http://researchmap.jp/itota
カテゴリ 病害虫防除 その他の果樹

研究情報

2013年度   Characterization of a new apscaviroid from American persimmon

2013年度   Genetic characterization of novel putative rhabdovirus and dsRNA virus from Japanese persimmon

2012年度   Novel variants of grapevine leafroll-associated virus 4 and 7 detected from a grapevine showing leafroll symptoms

2011年度   A broad spectrum, one-step RT-PCR to detect Satsuma dwarf virus variants using universal primers targeting both segmented RNAs 1 and 2.

2011年度   First report of Citrus psorosis virus in Japan

2010年度   First report of Citrus viroid V in Japan

2008年度   幼虫期にカンキツグリーニング病原細菌を獲得したミカンキジラミは媒介力が強い

2007年度   Genetic diversity and a heterogeneous population of Citrus mosaic virus within a single citrus tree.

2006年度   国内カンキツ樹からのカクヘキシア病病原ウイロイドの検出と遺伝子診断

2003年度   国内のカンキツが保毒するウイロイドと温州萎縮ウイルスグループの多様性

2002年度   TaqMan real-time RT-PCRによるカンキツエクソコーティスウイロイド(CEVd)の定量的高感度検出

2002年度   TaqMan real-time RT-PCRによるカンキツエクソコーティスウイロイド(CEVd)の高感度検出と,鉢植ラフレモン樹における試料採集部位別のCEVd濃度定量

2002年度   ミホコールと日向夏から検出された温州萎縮ウイルスグループウイルスの部分的塩基配列

2001年度   RT-PCRによる温州萎縮ウイルスグループの検出と弱毒候補株の遺伝子解析

2001年度   Survey of distribution of citrus viroids and Apple stem grooving virus among citrus trees in Japan using multiplex RT-PCR.

2001年度   Characterization of a new citrus viroid species tentatively termed Citrus viroid OS

2001年度   カンキツカクヘキシア病を引き起こすホップ矮化ウイロイド(HSVd)変異株のRT-PCRによる国内における発生調査

2001年度   カンキツエクソコーティスウイロイド以外のウイロイドが及ぼすカンキツ樹の樹勢低下とカラタチ台木の剥皮症状

2001年度   カンキツウイロイド(CVd)-I-LSSおよびCVd-OSの塩基配列

2000年度   国内の導入カンキツより検出された,既報のカンキツカクヘキシアウイロイドの塩基配列またはその特徴的塩基変異を持つウイロイド

2000年度   JCVd1遺伝子

2000年度   JCVd2遺伝子

2000年度   A population of variants of a viroid closely related to citrus viroid-I in citrus plants

2000年度   マルチプレックスRT-PCRを用いた長崎県のカンキツ園におけるカンキツタターリーフウイルスおよびカンキツウイロイドの発生調査

2000年度   カンキツウイロイドの病原性,診断法および国内での分布

2000年度   遺伝子診断法を用いたカンキツのウイルス及びウイロイドの同時検出

この記事は