東暁史

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 主任研究員
氏名 東暁史
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 広島県
見える化ID 000725
URL http://researchmap.jp/read0201755
カテゴリ 安定栽培技術 育種 遺伝資源 遺伝子マーカー開発 遺伝的形質 遺伝母本作出 温暖化対策 温度処理 かき 軽労化 ゲノム育種 高温耐性 高温耐性品種 最適温度条件 省力化 新品種 新品種育成 成熟不良果 生理障害軽減品種 耐暑性 着色促進 長期保存・貯蔵 鳥獣害 DNAマーカー 光条件 品種 品種開発 品種改良 品質確保 ぶどう 良食味

研究情報

2015年度   多点同時局所冷却装置によるブドウ’ピオーネ’の着色改善、

2014年度   Coordinate induction of anthocyanin biosynthetic pathway genes by VvMYBAs

2014年度   MYB diplotypes at the color locus affect the ratios of tri/di-hydroxylated and methylated/non-methylated anthocyanins in grape berry skin

2014年度   ブドウ「巨峰」および「ピオーネ」のアントシアニン合成関連遺伝子の経時的発現量、

2014年度   Exploring quantitative trait loci for anthocyanin content in interspecific hybrid grape (Vitis labruscana x Vitis vinifera)

2013年度   Responses of water status and fruit quality of Japanese persimmon (Diospyros kaki) to drought stress

2013年度   SSR genotyping of wild grape species and grape cultivars of Vitis vinifera and V. vinifera × V. labrusca

2013年度   Genetic determinant of grape skin color: MYB haplotypes at the color locus affect the hydroxylation and methylation levels of anthocyanins

2012年度   Flavonoid biosynthesis-related genes in grape skin are differentially regulated by temperature and light conditions

2012年度   Light emitting diode irradiation at night accelerates anthocyanin accumulation in grape skin

2012年度   花冠取り器によるブドウ‘サンヴェルデ’のさび果軽減効果

2011年度   Regulation of skin color in 'Aki Queen' grapes: Interactive effects of temperature, girdling, and leaf shading treatments on coloration and total soluble solids

2011年度   Haplotype composition at the color locus is a major genetic determinant of skin color variation in Vitis ×labruscana grapes

2011年度   Interspecific hybridization of fig (Ficus carica L.) and Ficus erecta Thunb., a source of Ceratocystis canker resistance

2011年度   異なる脱渋処理がカキ‘太天’と‘太月’の脱渋性および有機酸含量に及ぼす影響

2010年度   袋状ネットの利用による短梢せん定栽培ブドウの鳥獣害対策の省力化

2009年度   ブドウ「イタリア」から「紅高」への果皮色変異は新規の対立遺伝子VvmybA1BENによる

2007年度   新規道具を利用したブドウ花穂整形の省力化

2007年度   VvmybA1 genotype determines grape skin color

2006年度   A skin color mutation of grapevine, from black-skinned Pinot Noir to white -skinned Pinot Blanc, is caused by deletion of the functional VvmybA1 allele

2018年度   天然型アブシジン酸含有新規液剤散布処理でブドウ「ピオーネ」の果皮着色が向上

2018年度   ブドウべと病抵抗性に関与する葉裏の毛じ密度を減少させる遺伝子座

2018年度   果実保護ネットによる短梢せん定ブドウの鳥獣害対策の省力化

2017年度   ゲノム編集技術CRISPR/Cas9法により作成したブドウのアルビノ変異体

2017年度   カキ「太月」および「太天」における貼り付け式樹上脱渋法の最適な処理条件

2017年度   ブドウ「ピオーネ」果房への夜間のLED光近接照射による果皮色向上

2017年度   ブドウ「安芸クイーン」への環状はく皮は着色関連遺伝子の発現を促進させる

2017年度   高温でも容易に着色する極大粒のブドウ新品種「グロースクローネ」

2016年度   九倍体「平核無」由来のわい性で八倍体の枝変わりカキ新品種「八秋」

2016年度   マイクロアレイ解析による着色期ブドウ果皮の光・低温誘導性遺伝子の抽出

2015年度   ブドウ果皮のアントシアニン組成を制御する主要な遺伝子座の同定

2014年度   ブドウ果皮のアントシアニン含有量に関与する新規遺伝子座

2014年度   短期間の土壌乾燥ストレスがカキ果実の水分特性および果実品質に及ぼす影響

2013年度   ブドウ花冠取り器によるさび果の軽減効果

2012年度   成熟期ブドウ果粒への低温と光の同時処理は相乗的に果皮の着色を促進する

2012年度   イチジク株枯病抵抗性をもつイチジクとイヌビワの種間交雑体の獲得

2011年度   渋ガキ「太天」および「太月」の脱渋特性

2011年度   四倍体欧米雑種ブドウのMYBハプロタイプの構成と果皮色の関係

2010年度   ジベレリンと花かす落としを同時処理できるブドウ花冠取り器

2009年度   ブドウ「イタリア」から「紅高」への果皮色変異は新規の対立遺伝子VvmybA1BENによる

2008年度   ブドウ着色遺伝子座のハプロタイプの組合せは果皮アントシアニン含量に影響する

2008年度   カキ系統「No.3」および「S22」を台木にすると「富有」がわい化する

2008年度   VlmybA1-2は園芸作物における遺伝子導入ビジュアルマーカーとして利用できる

2007年度   花穂整形器によるブドウ花穂整形の省力化

2007年度   中間台木によるカキ「富有」のわい化栽培

2007年度   ブドウ果皮の着色の有無はVvmybA1 遺伝子型によって決定される

2006年度   「ピノ・ノワール」から「ピノ・ブラン」への変異はVvmybA1欠失が原因である

2015-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ブドウ果皮アントシアニン高含有・果肉着色化の制御機構の解明

この記事は