河野淳

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 主任研究員
氏名 河野淳
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 広島県
見える化ID 000724
URL http://researchmap.jp/read0165203
カテゴリ 育種 遺伝資源 遺伝子マーカー開発 遺伝的形質 遺伝母本作出 かき ゲノム育種 新品種育成 耐病性品種 抵抗性品種 品種 品種開発 品種改良 ぶどう

研究情報

2014年度   MYB diplotypes at the color locus affect the ratios of tri/di-hydroxylated and methylated/non-methylated anthocyanins in grape berry skin

2014年度   良食味で結実性が良好な晩生の完全甘ガキ新品種「太豊(たいほう)」

2014年度   Exploring quantitative trait loci for anthocyanin content in interspecific hybrid grape (Vitis labruscana x Vitis vinifera)

2014年度   Tetraploid table grape breeding in Japan

2014年度   The interaction of Elsinoe ampelina with Vitis vinifera

2014年度   Application of marker-assisted selection in persimmon breeding of PCNA offspring using SCAR markers among the population from the cross between non-PCNA ‘Taigetsu’ and PCNA ‘Kanshu’

2013年度   Comparison of fruit traits between pollination constant and non-astringent (PCNA) and non-PCNA offspring derived from two backcrosses

2013年度   Practical marker-assisted selection using two SCAR markers for fruit astringency type in crosses of 'Taiten' × PCNA cultivars in persimmon breeding

2013年度   Resistance of Vitis Germplasm to Elsinoe ampelina (de Bary) Shear Evaluated by Lesion Number and Diameter

2013年度   ブドウ新品種'クイーンニーナ'

2013年度   ブドウ新品種'サンヴェルデ'

2012年度   カキ新品種‘太月’

2012年度   カキ新品種‘太天’

2012年度   Evaluating Grapevine Cultivars for Resistance to Anthracnose Based on Lesion Number and Length

2011年度   Haplotype composition at the color locus is a major genetic determinant of skin color variation in Vitis ×labruscana grapes

2011年度   Seasonal abscisic acid signal and a bZIP transcription factor, DkbZIP5, regulates proanthocyanidin biosynthesis in persimmon (Diospyros kaki Thunb.) fruit

2011年度   異なる脱渋処理がカキ‘太天’と‘太月’の脱渋性および有機酸含量に及ぼす影響

2010年度   大粒で種なし栽培が可能な黄緑色ブドウ新品種「サンヴェルデ」

2009年度   大粒で食味が優れ果皮色の赤いブドウ新品種「クイーンニーナ」

2009年度   ブドウ黒とう病菌の効率的な分生子形成法

2007年度   太月

2007年度   太天

2006年度   大果で食味が良い中生のカキ新品種候補「カキ安芸津20号」

2006年度   大果で食味が良い晩生のカキ新品種候補「カキ安芸津21号」

2018年度   べと病菌感染時に発現が誘導される「シャインマスカット」の防御応答関連遺伝子

2018年度   次世代で完全甘ガキの獲得が期待できる非完全甘ガキ品種

2018年度   ブドウべと病抵抗性に関与する葉裏の毛じ密度を減少させる遺伝子座

2017年度   ブドウ苗木への噴霧接種によるブドウ黒とう病抵抗性評価法

2017年度   高温でも容易に着色する極大粒のブドウ新品種「グロースクローネ」

2016年度   フラグメント解析によるカキ甘渋性DNAマーカー領域のアリル構成の推定

2015年度   大果で裂果が少なく、種なし栽培可能なカキ新品種「太雅」(たいが)

2015年度   高糖度で外観に優れ、種なし栽培可能なカキ新品種「麗玉」(れいぎょく)

2015年度   ブドウ果皮のアントシアニン組成を制御する主要な遺伝子座の同定

2015年度   ブドウべと病菌分生子の正確な計数には界面活性剤を使用する

2014年度   良食味で結実性が良好な晩生の完全甘ガキ新品種「太豊(たいほう)」

2014年度   ブドウ果皮のアントシアニン含有量に関与する新規遺伝子座

2014年度   欧州ブドウから見出されたブドウ黒とう病の量的抵抗性

2014年度   SCARマーカーによるカキ「太月」、「太天」の交雑実生の甘渋性識別

2012年度   カキ育種における柔軟・多汁な実生個体の出現率の推定

2012年度   病斑数ならびに病斑径によるブドウ黒とう病抵抗性評価法

2011年度   秋季の紅葉が鮮やかなカキ新品種「朱雀錦」

2011年度   渋ガキ「太天」および「太月」の脱渋特性

2011年度   四倍体欧米雑種ブドウのMYBハプロタイプの構成と果皮色の関係

2010年度   大粒で種なし栽培が可能な黄緑色ブドウ新品種「サンヴェルデ」

2009年度   大粒で食味が優れ果皮色の赤いブドウ新品種「クイーンニーナ」

2009年度   ブドウ黒とう病菌の効率的な分生子形成法

2008年度   ブドウ着色遺伝子座のハプロタイプの組合せは果皮アントシアニン含量に影響する

2006年度   大果で食味が良い中生のカキ新品種「太月」

2006年度   大果で食味が良い晩生のカキ新品種「太天」

2008-2010年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   量的遺伝をするブドウ黒とう病抵抗性の分子的実体の解明

2004-2005年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   シロイヌナズナD4型サイクリンCYCD4;2の植物形態形成における機能解析

この記事は