本多親子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 本多親子
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 000715
URL http://researchmap.jp/hondac
カテゴリ 栽培技術 その他の果樹

研究情報

2014年度   Effect of temperature on anthocyanin synthesis and ethylene production in the fruit of early- and medium-maturing apple cultivars during ripening stages

2014年度   Efficiency of Hand-thinning in apple cultivars with varying degrees of fruit abscission

2014年度   An apple B-box protein gene, MdCOL11, is involved in UV-B- and temperature-induced anthocyanin biosynthesis

2013年度   予備摘果時期がリンゴ‘ファーストレディ’の早期みつ症に及ぼす影響

2012年度   Relationships among apple fruit abscission, source strength, and cultivar

2012年度   Divergence of TERMINAL FLOWER1-like genes in Rosaceae.

2012年度   Screening of UV-B-induced genes from apple peels by SSH: possible involvement of MdCOP1-mediated signaling cascade genes in anthocyanin accumulation

2011年度   Transformation of kiwifruit using the ipt gene alters tree architecture

2011年度   JM台木を利用したリンゴ低樹高栽培における作業の省力効果

2011年度   Effects of the plant growth regulators on expression of MdTFL1 promoter fused β-glucuronidase(GUS) reporter gene in apple (Malus spp.) tissues in vitro.

2011年度   Expression patterns of several floral genes during flower initiation in the apical buds of apple (Malus × domestica Borkh.) revealed by in situ hybridization.

2008年度   リンゴの単植園における授粉専用品種の利用方法

2006年度   High GUS expression in protoplasts isolated from immature peach fruits

2006年度   Polyamine biosynthesis of apple callus under salt stress: importance of the arginine decarboxylase p

2006年度   Interrelationship between polyamine and ethylene in 1-methylcyclopropene treated apple fruits after

2006年度   Identification of polyamine oxidase genes from apple and expression analysis during fruit development and cell growth

2006年度   Nuclear localization of sweet cgerry DREB/CBF ortholog (CIG) and low temperature-inducible activity of CIG promoter

2006年度   Role of polyamines in peach fruit development and storage

2004年度   転写因子OSH1を過剰発現させた形質転換キウイフルーツにおいて蓄積量の減少したタンパク質の同定

2002年度   モモ果実の果皮におけるアントシアニン生合成関連遺伝子の発現解析

2002年度   リンゴ果実の発育中におけるアントシアニン生合成遺伝子発現の推移

2001年度   Relationship between development of red color and expression of anthocyanin biosynthetic genes in apple varieties

2001年度   巨峰の成熟果から単離したmyb様cDNAはアントシアニン合成の制御に深く関わっている

2000年度   The evolution of C4 plants: acquisition of cis-regulatory sequences in the promoter of C4-type pyruvate, orthophosphate dikinase gene

2000年度   Sugar repression of transcription in the maize C4-PPDK gene

2000年度   OSH1を導入したキウイフルーツにおけるジベレリン生合成阻害機構の解析

2000年度   リンゴにおけるジベレリン20酸化酵素遺伝子の解析(第2報) ゲノムクローンの単離と果実における発現解析

2000年度   Characterization of bibberellin 20-oxidase gene in apple

2000年度   Isolation and expression analysis of gibberellin 20-oxidase homologous gene in apple

2000年度   リンゴ果皮におけるアントシアニン合成系酵素遺伝子の発現解析

2018年度   リンゴ「ふじ」の果実の大きさに影響を与える樹体及び着果管理要因

2018年度   カラムナータイプのリンゴでは根特異的ジオキシゲナーゼ遺伝子が地上部でも発現している

2018年度   リンゴ果皮の赤色の濃さおよび着色面積の識別に有効なDNAマーカー

2018年度   着脱容易で耐久性のある果実被覆資材によるリンゴ日焼け軽減技術

2017年度   リンゴにおける官能による果汁の多さの客観的評価方法

2017年度   リンゴ果肉組織の細胞間隙溶液量による収穫適期の判定

2016年度   赤果肉リンゴの果肉の赤さは、摘果強度・光環境・栽培地によって影響を受ける

2015年度   リンゴの摘花剤散布は果実を肥大させ、摘果剤との併用で摘果作業も省力できる

2015年度   早期摘葉によるリンゴ高品質果実生産方法

2014年度   リンゴの高着色品種では高温下におけるアントシアニン蓄積能力が高い

2014年度   リンゴの自家摘果性品種は摘果作業の省力化に有効である

2014年度   リンゴの赤着色に関わるMYBはCOL11から光・温度情報を受ける

2013年度   リンゴの早期落果程度の評価には幼果の肥大量の測定が有効である

2011年度   ipt遺伝子導入キウイフルーツでは過剰なサイトカイニンにより形態が小型化する

2011年度   JM台木を利用したリンゴ低樹高栽培における作業の省力効果

2011年度   細胞障害率によるリンゴわい性台木の耐凍性の評価

2011年度   リンゴ樹の接ぎ木部の折れやすさはJM系台木の種類により異なる

2008年度   リンゴの単植園における授粉専用品種の利用方法

2007年度   MYB様転写因子遺伝子はリンゴ果皮の着色に関与する

2005年度   リンゴのアントシアニン生合成系酵素遺伝子の発現は高温により抑制される

2005年度   リンゴからのスペルミン合成酵素遺伝子の単離と発現解析

2002年度   ブドウの赤色枝変わり品種で発現する特異な転写因子遺伝子

2001年度   リンゴジベレリン20(GA20)酸化酵素遺伝子の単離と発現解析

2001年度   Myb様転写制御因子は「巨峰」のアントシアニン合成に深く関わっている

2002-2004年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ポリアミン生合成代謝経路の制卸による果樹の機能改変

この記事は