岩波宏

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き リンゴ栽培生理ユニット長
氏名 岩波宏
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 000714
URL http://researchmap.jp/read0005945
カテゴリ 栽培技術 その他の果樹

研究情報

2014年度   Effect of temperature on anthocyanin synthesis and ethylene production in the fruit of early- and medium-maturing apple cultivars during ripening stages

2014年度   Efficiency of Hand-thinning in apple cultivars with varying degrees of fruit abscission

2014年度   良食味で結実性が良好な晩生の完全甘ガキ新品種「太豊(たいほう)」

2013年度   予備摘果時期がリンゴ‘ファーストレディ’の早期みつ症に及ぼす影響

2013年度   ブドウ新品種'クイーンニーナ'

2013年度   ブドウ新品種'サンヴェルデ'

2013年度   Cloning an S-RNase allele, including the longest intron, from cultivars of European pear (Pyrus communis L.)

2013年度   Genetic mapping and marker-assisted selection of the gene conferring susceptibility to Alternaria blotch caused by Alternaria alternata apple pathotype in apple

2013年度   S-RNase-based genotyping of seven triploid cultivars of European pear (Pyrus communis L.)

2012年度   カキ新品種‘太月’

2012年度   カキ新品種‘太天’

2012年度   Mode of inheritance in fruit acidity in apple analysed with a mixed model of a major gene and polygenes using large complex pedigree

2012年度   Relationships among apple fruit abscission, source strength, and cultivar

2012年度   Divergence of TERMINAL FLOWER1-like genes in Rosaceae.

2011年度   JM台木を利用したリンゴ低樹高栽培における作業の省力効果

2011年度   Aligned genetic linkage maps of apple rootstock cultivar ‘JM7’ and Malus sieboldii ‘Sanashi 63’ constructed with novel EST-SSRs

2011年度   Apple FLOWERING LOCUS T proteins interact with transcription factors implicated in cell growth and organ development

2011年度   Effects of the plant growth regulators on expression of MdTFL1 promoter fused β-glucuronidase(GUS) reporter gene in apple (Malus spp.) tissues in vitro.

2011年度   Expression patterns of several floral genes during flower initiation in the apical buds of apple (Malus × domestica Borkh.) revealed by in situ hybridization.

2010年度   大粒で種なし栽培が可能な黄緑色ブドウ新品種「サンヴェルデ」

2010年度   リンゴの根頭がんしゅ病抵抗性遺伝子に強く連鎖するDNAマーカー

2009年度   大粒で食味が優れ果皮色の赤いブドウ新品種「クイーンニーナ」

2009年度   大果で甘味が多く食味の優れるリンゴ新品種「もりのかがやき」

2009年度   リンゴカラムナー性のDNAマーカー選抜法

2008年度   カキ新品種‘貴秋’

2007年度   ブドウ新品種‘シャインマスカット’

2007年度   Estimations of heritability and breeding value for postharvest fruit softening in apple

2007年度   おぜの紅

2007年度   太月

2007年度   太天

2006年度   大果で食味が良い中生のカキ新品種候補「カキ安芸津20号」

2006年度   大果で食味が良い晩生のカキ新品種候補「カキ安芸津21号」

2006年度   セイヨウナシにおける果皮の赤着色因子の探索 第1報 アントシアニン生合成系酵素遺伝子の解析

2005年度   カキ新品種‘甘秋’

2005年度   リンゴ台木におけるザルコトキシン遺伝子導入形質転換体の作出

2004年度   オリエンタルスター

2003年度   カキ新品種‘早秋’

2003年度   貴秋

2003年度   シャインマスカット

2002年度   リンゴにおける晩霜害の品種間差異に関する2,3の考察.

2002年度   リンゴの半数体倍化個体作出におけるコルヒチンの効果

2002年度   ブドウ新品種‘サニールージュ’

2002年度   ブドウ新品種‘ダークリツジ’

2002年度   ブドウ新品種‘ハニービーナス’

2002年度   カキ新品種‘夕紅’

2002年度   ブドウ品種における果粒重の変異

2002年度   甘秋

2002年度   カラムナータイプリンゴ実生における果梗の長さの変異

2002年度   APETALA1(AP1)遺伝子を導入した形質転換リンゴの早期開花性.

2002年度   リンゴ‘ふじ’着色系統の特性

2002年度   リンゴふじ着色系統の特性

2001年度   リンゴ属植物遺伝資源の特性評価 第2報 腐らん病抵抗性

2001年度   シロイヌナズナAPETALA1(AP1)を導入した形質転換リンゴの発現解析

2001年度   ブドウの整房に要する時間の品種間差異

2001年度   リンゴ・ナシ雑種の利用による複合耐病性リンゴ育種技術の開発 第1報 交雑実生群におけるリンゴ黒星病抵抗性個体の選抜

2001年度   リンゴ・ナシ雑種の利用による複合耐病性リンゴ育種技術の開発 第2報 フローサイトメトリーによるリンゴ・ナシの雑種性の簡易判別法

2001年度   リンゴ栽培品種の室内接種試験における腐らん病耐性の評価

2001年度   ザルコトキシン遺伝子を導入した形質転換体リンゴの解析

2001年度   カキ新品種‘早秋’

2000年度   カキ「夕紅」

2000年度   ブドウ「サニールージュ」

2000年度   果樹品種情報検索システムの開発

2000年度   ブドウにおける果肉硬度の遺伝分析

2000年度   カキ「西村早生」とpollination constantの甘ガキとの交雑後代における甘渋の分離

2000年度   日本および中国原産の渋ガキにおける炭酸ガスおよびエタノール処理による脱渋の難易の品種間差異

2000年度   ザルコトキシン遺伝子を導入した形質転換体リンゴの作出

2000年度   ブドウ新品種「ハニービーナス」

2000年度   ブドウ新品種「ダークリッジ」

2000年度   Optimal spacial and temporal measurement repetition for reducing environmental variation of berry traits in grape breeding

2000年度   カキ新品種’太秋’

2018年度   リンゴ「ふじ」の果実の大きさに影響を与える樹体及び着果管理要因

2018年度   カラムナータイプのリンゴでは根特異的ジオキシゲナーゼ遺伝子が地上部でも発現している

2018年度   着脱容易で耐久性のある果実被覆資材によるリンゴ日焼け軽減技術

2017年度   リンゴにおける官能による果汁の多さの客観的評価方法

2017年度   リンゴにおける粉質化程度に関するDNAマーカーの開発

2017年度   リンゴ果肉組織の細胞間隙溶液量による収穫適期の判定

2017年度   高温でも容易に着色する極大粒のブドウ新品種「グロースクローネ」

2017年度   果皮が着色しやすく日持ちが良い早生のリンゴ新品種「紅みのり」(べにみのり)

2017年度   甘く多汁で食味が良く着色しやすい中生のリンゴ新品種「錦秋」(きんしゅう)

2016年度   赤果肉リンゴの果肉の赤さは、摘果強度・光環境・栽培地によって影響を受ける

2016年度   リンゴ台木の挿し木発根性を選抜するDNAマーカー

2016年度   カラムナータイプのリンゴを正確に選抜できるDNAマーカーの開発

2015年度   大果で裂果が少なく、種なし栽培可能なカキ新品種「太雅」(たいが)

2015年度   高糖度で外観に優れ、種なし栽培可能なカキ新品種「麗玉」(れいぎょく)

2015年度   リンゴの摘花剤散布は果実を肥大させ、摘果剤との併用で摘果作業も省力できる

2015年度   早期摘葉によるリンゴ高品質果実生産方法

2014年度   良食味で結実性が良好な晩生の完全甘ガキ新品種「太豊(たいほう)」

2014年度   リンゴの高着色品種では高温下におけるアントシアニン蓄積能力が高い

2014年度   リンゴの自家摘果性品種は摘果作業の省力化に有効である

2013年度   果肉が赤く食味の良い生食・加工用リンゴ新品種「ルビースイート」

2013年度   果肉が桃色で加工から生食まで幅広く利用できるリンゴ新品種「ローズパール」

2013年度   リンゴの早期落果程度の評価には幼果の肥大量の測定が有効である

2012年度   リンゴの酸含量の遺伝は主働遺伝子と微働遺伝子の混合モデルにより説明できる

2012年度   リンゴ全ゲノムをカバーする台木および野生種の連鎖地図

2011年度   JM台木を利用したリンゴ低樹高栽培における作業の省力効果

2011年度   SSRマーカーによる栽培および台木用リンゴ品種の判別と親子鑑定

2011年度   細胞障害率によるリンゴわい性台木の耐凍性の評価

2011年度   リンゴ樹の接ぎ木部の折れやすさはJM系台木の種類により異なる

2010年度   大粒で種なし栽培が可能な黄緑色ブドウ新品種「サンヴェルデ」

2010年度   リンゴの根頭がんしゅ病抵抗性遺伝子に強く連鎖するDNAマーカー

2010年度   リンゴのわい性台木は根の師部が厚く、蒸散流量が抑制されている

2010年度   リンゴの斑点落葉病と黒星病に対する複合抵抗性育種に有用な育種母本

2009年度   大粒で食味が優れ果皮色の赤いブドウ新品種「クイーンニーナ」

2009年度   大果で甘味が多く食味の優れるリンゴ新品種「もりのかがやき」

2009年度   リンゴカラムナー性のDNAマーカー選抜法

2008年度   20℃で貯蔵することによりリンゴ果実の冷蔵における貯蔵性を短期間で評価できる

2008年度   リンゴの収穫後の軟化程度は粉質化の発生と果肉膨圧の減少程度により決まる

2008年度   リンゴ台木における根頭がんしゅ病の抵抗性検定法確立と育種素材評価

2007年度   リンゴにおける収穫後の果実軟化の遺伝

2007年度   着色良好で栽培しやすく、食味の良いリンゴ早生品種「おぜの紅(くれない)(仮称)」

2006年度   大果で食味が良い中生のカキ新品種「太月」

2006年度   大果で食味が良い晩生のカキ新品種「太天」

2004年度   ジベレリン処理によるブドウ肉質の変化

2003年度   大粒で肉質が優れるブドウ新品種「オリエンタルスター」(ブドウ安芸津24号)

2002年度   日本で育成された果樹品種情報の提供

2002年度   肉質が優れ、大粒で食味良好なブドウの新品種「シャインマスカット」(ブドウ安芸津23号)

2002年度   大果で早生の完全甘ガキの新品種「貴秋(きしゅう)」(カキ安芸津15号)

2001年度   早生で食味良好な完全甘ガキの新品種「甘秋」

2001年度   日本および中国の渋ガキ品種における脱渋の難易性

2000年度   ブドウ育種において交雑実生の遺伝的差異を効率よくとらえるための調査法

1999年度   早生で食味良好な完全甘ガキの新品種「早秋」

1997年度   着色容易な黒色・大粒のブドウ新品種候補「ブドウ安芸津9号」

1997年度   結実性が良く黄緑色で大粒のブドウ新品種候補「ブドウ安芸津19号」

この記事は