岩波徹

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き リンゴ研究領域長
氏名 岩波徹
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 岩手県
見える化ID 000709
URL http://researchmap.jp/read0208678
カテゴリ 病害虫防除 その他の果樹

研究情報

2014年度   イムノクロマト診断キットによる温州萎縮ウイルスの周年検定.

2014年度   Natural Satsuma Dwarf Virus Infection of Two Woody Plants, Daphniphyllum teijsmannii Zoll. ex Kurz. and Viburnum odoratissimum Ker-Gaul. var. awabuki (K. Koch) Zabel near Citrus Fields

2014年度   ミカンキジラミDiaphorina citri 成虫(半翅目:キジラミ科)の定位に対するカラー粘着トラップおよび反射資材の影響

2014年度   Analysis of the Genetic Population Structure of Cacopsylla chinensis (Hemiptera: Psyllidae) with Mitochondrial DNA Markers in Saga and Yamaguchi prefectures, Japan

2014年度   Unique features of Japanese ‘Candidatus Liberibacter asiaticus’ strain revealed by whole genome sequencing

2013年度   ミカンキジラミDiaphorina citri 成虫(半翅目:キジラミ科)の定位に対するカラー粘着トラップおよび反射資材の影響

2013年度   Analysis of genetic population structure of Cacopsylla chinensis (Hemiptera: Psyllidae) with mitochondrial DNA markers in Saga and Yamaguchi prefectures, Japan

2013年度   Development of simple sequence repeat markers for the Japanese population of the Asian citrus psyllid, Diaphorina citri (Hemiptera: Psyllidae)

2013年度   Identification of a distinct lineage of Cacopsylla chinensis (Hemiptera: Psyllidae) in Japan on the basis of two mitochondrial DNA sequences

2012年度   現地カンキツほ場でのイムノクロマト簡易診断キットによるウイルス検定の作業性について

2012年度   Convenient detection of the citrus greening (huanglongbing) bacterium ‘Candidatus Liberibacter asiaticus’ by direct PCR from the midrib extract

2012年度   Sensitive and robust detection of citrus greening (huanglongbing) bacterium “Candidatus Liberibacter asiaticus” by DNA amplification with new 16S rDNA-specific primers

2011年度   Evaluation of Novel Antiviral Agents in the Elimination of Satsuma dwarf virus (SDV) by Semi-micrografting in Citrus

2011年度   温州萎縮ウイルスとリンゴステムグルービングウイルスを同時に迅速・簡易に診断するイムノクロマトキットの作製

2011年度   ネーブル斑葉モザイクウイルスに対するモノクローナル抗体の作出とイムノクロマトキットの作製

2011年度   Recombination-like sequences in the upstream region of the phage-type DNA polymerase in 'Candidatus Liberibacter asiaticus'

2011年度   Comparison of the ovarian development in Diaphorina citri Kuwayama (Hemiptera: Psyllidae) in relation to the leaf age of orange jasmine, Murraya paniculata (L.) Jack.

2010年度   カンキツに発生するリンゴステムグルービングウイルスを迅速・簡易に診断するイムノクロマト・キットの作製

2009年度   カンキツに発生するリンゴステムグルービングウイルスの大腸菌発現タンパク質に対するモノクローナル抗体の作出と酵素結合抗体法への利用

2009年度   低濃度に感染した野外試料からCandidatus Liberibater asiaticusを検出する場合における遺伝子増幅法による陽性率の違い

2009年度   カンキツグリーニング病に感染したシークワーシャー樹体内におけるPCR検出率の季節変動

2008年度   LAMP法を用いたカンキツグリーニング病原菌検出の反応条件と非磨砕DNA抽出法の検討

2006年度   温州萎縮ウイルス(SDV)の簡易迅速検定キットの開発

2006年度   ズッキーニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)に抵抗性を示すキュウリ系統の発病調査

2006年度   Cycas necrotic stunt virus isolated from gladiolus plants in Japan

2005年度   Evidence of a new Tomato yellow leaf curl virus in Japan and its detection using PCR

2005年度   LAMP法を用いたカンキツグリーニング病の迅速診断

2005年度   温州萎縮ウイルスおよび近縁ウイルスの分類学的位置

2004年度   Three distinct groups of isolates of Tomato yellow leaf curl virus in Japan and construction of an infectious clone

2004年度   南西諸島で発生しカンキツグリーニング病原菌rplKAJL-rpoBCオペロン領域の遺伝子解析

2004年度   メロン黄化えそウイルスのL RNA分節の全塩基配列

2003年度   大腸菌発現タンパク質抗血清を用いたトマト黄化葉巻ウイルスの検出

2002年度   カンキツモザイクウイルス外被タンパク質遺伝子を導入した形質転換カラタチの育成と抵抗性発現

2002年度   千葉県で数種花き類及びタマネギに発生した黄化えそ症状とIris yellow spot virus (IYSV)

2002年度   トマト黄化葉巻ウイルスのリコンビナント外被タンパク質に対する抗血清によるウイルスの検出

2002年度   南西諸島のサトウキビにモザイク病を起こすウイルスの系統

2002年度   アルストロメリアに黄化えそを起こすIris yellow spot virus (IYSV)の諸性質

2002年度   日本で発生したインパチエンスネクロティックスポットウイルス数種分離株の性状

2002年度   佐賀県に発生したIris yellow spot virus (IYSV)によるタマネギの新病害

2002年度   大分県におけるIris yellow spot virus(IYSV)の発生

2002年度   大分県のサツマイモから単離したSweet potato virus G

2002年度   粘着トラップで捕捉したアザミウマのTSWV保毒診断法

2002年度   Bacillus subtilisを増殖した粉ダイズ・フスマ処理による鉢植ナシの白紋羽病防除

2002年度   ミホコールと日向夏から検出された温州萎縮ウイルスグループウイルスの部分的塩基配列

2002年度   白紋羽病菌弱病原力株W370の新規reovirusの電子顕微鏡観察およびdsRNAの塩基配列解析

2001年度   RT-PCRによる温州萎縮ウイルスグループの検出と弱毒候補株の遺伝子解析

2001年度   温州萎縮ウイルスの遺伝的変異株の熱処理による作出並びにPCR-SSCP法による検出

2001年度   粉ダイズ・フスマで増殖したBacillus subtilis処理の鉢試験におけるナシ白紋羽病の防除効果

2000年度   カンキツ新品種‘天草’

2000年度   カンキツ新品種‘陽香’

2000年度   Nucleotide sequences and taxonomy of satsuma dwarf virus

2000年度   カンキツ新品種‘あまか’

2018年度   植物病原細菌Dickeya dadantiiによるリンゴ急性衰弱症

2013年度   ダイレクトPCR法による迅速で簡便なカンキツグリーニング病の検出法

2012年度   高感度と安定性を備えたカンキツグリーニング病の診断用新規プライマーセット

2011年度   無病苗定植と圃場内および地域一斉防除によるグリーニング病の発生抑制

2010年度   温州萎縮ウイルス感染樹からの無毒化個体作成に有効な抗ウイルス剤

2010年度   インド北東部のカンキツグリーニング病原細菌はアジア共通型である

2009年度   アジア型カンキツグリーニング病原細菌は少なくとも5グループに分類される

2008年度   南西諸島のカンキツグリーニング病原細菌は2グループから構成される

2006年度   温州萎縮ウイルス(SDV)汚染ほ場における土壌消毒の効果と台木の耐病性

2006年度   温州萎縮ウイルス(SDV)の簡易迅速検定キットの開発

2003年度   温州萎縮ウイルスの新たな近縁ウイルス:ヒュウガナツウイルス(仮称)

2002年度   大分県におけるIris yellow spot virus (IYSV) によるトルコギキョウえそ輪紋病(仮称)の発生

2002年度   アルストロメリアに感染するトスポウイルスの超高感度検出法の開発

2002年度   弱毒ウイルスを利用したサツマイモ帯状粗皮病の防除技術

1997年度   温州萎縮ウイルスの遺伝子構造

2010-2012年   [農林水産省 農林水産技術会議]   効率的茎頂接ぎ木と地域版簡易診断キットを活用した無毒カンキツ苗供給システムの開発

この記事は