瀧下文孝

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 主席研究員
氏名 瀧下文孝
連絡先(電話番号) 054-369-7112
所在都道府県名 静岡県
見える化ID 000698
URL http://researchmap.jp/1235711131719
カテゴリ 温州みかん 栽培技術 雑草 植物生長調整剤 植物生理 台木 接ぎ木 その他のかんきつ

研究情報

2014年度   かいよう病に強く豊産性のレモン新品種「璃の香」

2012年度   極めて糖度が高く、良食味の中生カンキツ新品種「あすみ」

2011年度   Fruit bearing suppresses citrus FLOWERING LOCUS T expression in vegetative shoots of satsuma mandarin (Citrus unshiu Marc.)

2009年度   傾斜地ウンシュウミカン成木園での樹別隔年交互結実栽培の収量性と作業効率

2009年度   樹別隔年交互結実栽培を行ったウンシュウミカン成木における光合成・蒸散速度と葉色の推移

2006年度   TDRによる果樹の枝体積含水率測定における樹皮の影響

2005年度   TDR携帯型水分計による果樹の太枝体積含水率の計測

2005年度   カンキツ樹の乾燥過程におけるインピーダンスの変化

2005年度   マルチ栽培におけるウンシュウミカン樹の水分動態

2004年度   たまみ

2004年度   かんきつ中間母本農7号

2004年度   かんきつ中間母本農8号

2004年度   無核性と機能性成分高含有の品種育成に有用な育種素材‘かんきつ中間母本農6号’

2004年度   カンキツ新品種‘はれひめ’

2002年度   着果負担および夏肥15N施用量がウンシュウミカンの当年の樹体内N分配に及ぼす影響

2002年度   着果負担および夏肥施用量がウンシュウミカンの葉中成分、光合成能及び果実品質に及ぼす影響

2002年度   ヒリュウと四季咲きカラタチの実生にみられる形態変異

2002年度   着果負担および夏肥15N施用量がウンシュウミカンの翌春の樹体内N分配に及ぼす影響

2002年度   播種用土へのリン酸施用がヒリュウ実生の生育に及ぼす影響

2002年度   カンキツ類における幼実生への新梢接ぎ木法の検討

2002年度   ヒリュウ実生の生育に及ぼす育苗土の種類とリン酸施用の影響

2002年度   カンキツの周年マルチ点滴液肥潅水における土壌養水分の動態

2001年度   主要研究成果(参考): カタタチ幼実生への新梢接ぎによるヒリュウ中間台実生の育成

2001年度   隔年交互結実栽培法が台木の異なる青島温州の葉中炭水化物及び光合成能に及ぼす影響

2001年度   カラタチ台木の種類が隔年交互結実法で栽培した青島温州の果実品質、生育、収量に及ぼす影響

2001年度   早生温州の水分ストレスが水分蒸散量及び果実品質等に及ぼす影響

2001年度   はれひめ

2001年度   H1遺伝子はアラビドプシスの正常な生育に必須である

2001年度   早生温州の果実品質予測のための確率ニューラルネットワークの試み

2000年度   今村温州における台木の違いが生育及び果実品質に及ぼす影響

2000年度   ありあけタンゴールにおける中間台木の影響

2000年度   An evaluation method of water stress in Satsuma mandarin by infrared thermometry.

2000年度   Effects of rootstock on the growth and photosynthesis of Japanese citrus cultivars.

2000年度   命名登録 きんかん農林1号「ぷちまる」

2000年度   果樹成分による前駆脂肪細胞の分化

2000年度   前駆脂肪細胞の分化に及ぼす未利用果樹の影響

2000年度   ヒリュウ実生の生育とT/R率に及ぼす種々の育苗土の影響

2000年度   ウンシュウミカンの着果負担が樹体養分に及ぼす影響

2000年度   カンキツ‘不知火’の果実品質と着果状態との関係

2000年度   ‘不知火’他数品種の寒さによるす上がり被害

2000年度   早生温州の果実品質予測のための重回帰式の適用

2000年度   カンキツ類の幼実生台木への幼梢接木

2000年度   植物体の水ストレス診断方法

2017年度   糖度が高く、ドリップの少ない晩生カンキツ新品種「あすき」

2014年度   かいよう病に強く豊産性のレモン新品種「璃の香」

2012年度   極めて糖度が高く、良食味の中生カンキツ新品種「あすみ」

2011年度   ウンシュウミカンにおいて着果による翌春の花芽数減少は発育枝のカンキツFLOWERING LOCUS Tの発現の抑制と密接に関連する

2010年度   オーラプテンを高含有するCTV免疫性のカンキツ新品種「オーラスター」

2009年度   さわやかな風味の中生カンキツ新品種「はるひ」

2008年度   高品質なウンシュウミカンを連年安定生産するための土壌と樹体の一体管理技術体系

2005年度   カラタチを台木にしたカンキツ樹の主幹基部体積含水率は他の台木より高い

2005年度   TDR水分計による枝の計測値は測定時の温度と樹皮の厚さの影響を受ける

2004年度   TDR水分計によるウンシュウミカン樹の太枝体積含水率の年間変動

2003年度   香りと食味が良いミカン新品種「たまみ」(カンキツ興津51号)

2003年度   カンキツトリステザウイルスに対する免疫性の付与に有効なカンキツ中間母本候補「RP−35」及び「RP−94」

2003年度   早生温州への夏肥窒素増肥は着果樹の根中窒素配分と貯蔵デンプンを増す

2001年度   種々の台木におけるカンキツ類の光合成と果実品質

2001年度   カラタチ幼実生への新梢接ぎによるヒリュウ中間台実生の育成

2000年度   早熟で食味が良く食べやすいミカン新品種候補「カンキツ興津 54 号」

2000年度   無核性、良食味性及び機能性成分付与に有効なカンキツ中間母本候補「G-169」

2000年度   重回帰式による早生温州の果汁品質の予測

2000年度   重回帰式による早生温州の果汁品質予測

1999年度   「ありあけ」タンゴールの中間台利用による品質向上

1999年度   「杉山温州」成木への加里肥料の削減

1998年度   種子が少なく食べやすいキンカン新品種「ぷちまる」

1997年度   青島温州に対するカラタチ系統間の台木特性

1997年度   温州みかんの棚仕立て隔年片側交互結実法による管理作業時間の短縮

1997年度   温州みかんの3列植え密植園における縮伐及び間伐の効果

1997年度   温州みかんの樹冠下マルチによる果実品質の向上

この記事は