藤井浩

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 主席研究員
氏名 藤井浩
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 静岡県
見える化ID 000693
URL http://researchmap.jp/read0007160
カテゴリ 品種 その他の果樹

研究情報

2014年度   Construction of a citrus framework genetic map anchored by 708 gene-based markers

2014年度   Characterization of three linalool synthase genes from Citrus unshiu Marc. and analysis of linalool-mediated resistance against Xanthomonas citri subsp. citri and Penicilium italicum in citrus_x000D_ leaves and fruits

2014年度   Construction of a citrus framework genetic map anchored by 708 gene-based markers

2014年度   Construction of genetic linkage map and graphical genotyping of pseudo-backcrossed F2 (BC’2) progeny to introduce a CTV resistance from Poncirus trifoliata (L.) Raf. into Citrus by introgression breeding

2014年度   Use of population structure and parentage analyses to elucidate the spread of native cultivars of Japanese chestnut

2013年度   Custom microarray analysis for transcript profiling of dormant vegetative buds of Japanese apricot during prolonged chilling exposure

2013年度   Expression quantitative trait loci analysis of carotenoid metabolism-related genes in citrus

2013年度   Transcriptome analysis of Japanese pear (Pyrus pyrifolia Nakai.) flower buds transitioning through endodormancy

2012年度   High-throughput genotyping in citrus accessions using an SNP genotyping array

2012年度   Isolation and characterization of germacrene A synthases gene in Citrus unshiu Marc

2012年度   DNAマーカーによる品種識別を効率化する3つのソフトウエアの開発

2012年度   Minimal Marker: an Algorithm and Computer Program for the Identification of Minimal Sets of Discriminating Dna Markers for Efficient Variety Identification

2012年度   4塩基、5塩基モチーフSSRマーカーのニホンナシ品種識別への利用

2012年度   クリ果実および加工品のDNA分析

2012年度   カンキツゲノムCGHアレイを利用した温州ミカンの不安定な変異系統とその原系統間での多型性の評価

2012年度   Increased levels of IAA are required for system 2 ethylene synthesis causing fruit softening in peach (Prunus persica (L). Batsch)

2011年度   PCR Primers for Marker Assisted Backcrossing to Introduce a CTV Resistance Gene from Poncirus trifoliata (L.) Raf. into Citrus

2011年度   Characterization of genomic sequence showing strong association with polyembryony among diverse Citrus species and cultivars, and its synteny with Vitis and Populus

2011年度   Data Mining of Citrus Expression Sequence Data Sets and Application for Functional Genomic Study

2011年度   Extensive Chromosome Homoeology among Brassiceae Species Were Revealed by Comparative Genetic Mapping with High-Density EST-Based SNP Markers in Radish (Raphanus sativus L.)

2011年度   Quantitative trait loci (QTL) analysis of carotenoid content in Citrus fruit

2011年度   Data Mining of Citrus Expression Sequence Data Sets and Application for Functional Genomic Study

2009年度   DNAマーカーによるタイピングデータを用いて複数品種が混合されている食品に含まれる原材料品種を判定するソフトウエアの開発と小麦加工品への適用

2009年度   DNAマーカーによるタイピングデータを用いて複数品種が混合されている食品に含まれる原材料品種を判定するソフトウエアの開発と小麦加工品への適用

2009年度   DNA鑑定のためのバイオインフォマティクスツールの開発

2008年度   カンキツゲノム情報の解析とDNAマーカー開発への利用

2008年度   DNAマーカー型一覧表に関する各種計算を自動的に行うソフトウエアMarkerToolKitの開発

2008年度   オウトウ加工品へのSSRマーカーによる品種識別技術の適用

2007年度   Profiling ethylene-responsive genes in mature mandarinfruit using a citrus 22K oligoarray

2007年度   AFLP法によるウンシュウミカン品種・系統の多型検出

2007年度   オウトウ加工品へのSSRマーカーによる品種識別技術の適用

2007年度   SSRマーカーによるセイヨウナシ品種識別

2007年度   オウトウ品種識別における最少マーカーセット選択プログラム「Minimal Marker」の利用

2007年度   DNAマーカー型一覧表解析のためのソフトウエアMarkerToolkitの開発

2006年度   DNAマーカーによる果樹・果実の品種判別

2006年度   カラタチのカンキツトリステザウイルス抵抗性と連鎖するDNAマーカー

2006年度   カンキツの22K オリゴDNAマイクロアレイの開発

2005年度   最少マーカーセット選択プログラムMinimalMarkerの開発

2002年度   カンキツ由来FT/TFL相同性クローンの構造と発現解析

2002年度   カンキツのAFLPマーカー作成によるCAPS連鎖地図への統合

2002年度   「カンキツESTデータベース」の構築

2002年度   ウンシュウミカンの香気に関与するγーテルピネン合成酵素遺伝子の単離と解析

2002年度   カンキツESTデータベースの開発

2002年度   カンキツにおけるAFLPマーカーの開発

2002年度   カンキツ育成品種のグラフィカルマップにおけるゲノム構成

2002年度   「カンキツESTデータベース」を利用したcDNAの多型情報解析

2002年度   カンキツでのcDNAマイクロアレーを利用した遺伝子発現プロファイリング.その2 幼植物、花、幼果での発現プロファイリング

2002年度   CiFT遺伝子の構成的発現によるカラタチの形質転換体の早期開花性

2001年度   カンキツ幼果cDNAクローンのカタログ化とその特徴

2001年度   カンキツ剥皮開始時期アルベドcDNAクローンのカタログの特徴

2001年度   カンキツでのcDNAマイクロアレーを利用した遺伝子発現プロファイリング.その1 アレー解析の確立と有効性の検討

2001年度   カンキツセスキテルペン合成酵素遺伝子(CitSTS1)ホモログの単離と発現解析

2001年度   カンキツESTに基づくCAPSマーカーによるグラフ連鎖地図の作成

2000年度   カンキツ子房組織由来のSERK(Somatic Embryogenesis Receptor-like kinase)ホモログの単離と解析

2000年度   カンキツESTデータの小規模マネージメントシステムの構築(試案)

2000年度   カンキツESTのマッピング(その2)

2018年度   ブドウべと病抵抗性に関与する葉裏の毛じ密度を減少させる遺伝子座

2018年度   安定性と再現性が確保されたブドウの品種識別技術マニュアル

2018年度   カンキツ類の多胚性識別のためのDNAマーカー

2017年度   低温によるウンシュウミカンの花成誘導にアブシジン酸が関与する

2017年度   リナロールを高含有化した遺伝子導入オレンジはカンキツかいよう病菌の生育を抑制する

2016年度   農研機構育成カンキツ品種の親子関係の検証

2016年度   カラムナータイプのリンゴを正確に選抜できるDNAマーカーの開発

2016年度   ウンシュウミカンの親がキシュウミカンとクネンボであることをDNAマーカーで推定

2016年度   マイクロアレイ解析による着色期ブドウ果皮の光・低温誘導性遺伝子の抽出

2015年度   カンキツの転写因子遺伝子CubHLH1はトマト果実のカロテノイド代謝を変化させる

2014年度   CAPSマーカーによるカンキツの品種識別技術

2014年度   ニホングリ在来品種の丹波地域から地方への伝搬の分子遺伝学的検証

2014年度   リナロールの抗菌活性とウンシュウミカンでのリナロールを合成する遺伝子の発現

2014年度   CAPSマーカーおよびSNPマーカーで構築されるカンキツの標準連鎖地図

2014年度   オーキシンはモモの成熟後期における軟化を誘導する

2013年度   eQTL解析により明らかとなったカンキツの新規カロテノイド代謝調節因子候補

2012年度   DNAマーカーによる品種識別を効率化する3つのソフトウエアの開発

2012年度   ウンシュウミカンから単離したゲルマクレンA合成酵素遺伝子

2012年度   カンキツの268個のSNP遺伝子型を迅速に決定できるアレイの開発

2010年度   ニホンナシ果実成熟に伴って100倍以上発現が変動する遺伝子群の同定

2010年度   カンキツ果実のカロテノイド組成に関わるZEP遺伝子のアレル特異的遺伝子発現

2010年度   カンキツのカロテノイド含有量に関わる遺伝子座のマッピング

2009年度   ニホンナシの発現遺伝子群の大量解析により開発したマイクロアレイ

2009年度   常緑性のウンシュウミカンと落葉性のカラタチでは花成遺伝子の発現時期が異なる

2008年度   DNAマーカー型から食品に含まれる品種を推定するソフトウエアMixAssort

2008年度   CuMFT1プロモーターはカンキツの種子で高い遺伝子発現を誘導する

2007年度   DNAマーカー型一覧表解析のためのソフトウエアMarkerToolKit

2007年度   果樹のゲノム情報解析支援システム

2007年度   低温によるウンシュウミカンの花成誘導時期には茎のCiFT 遺伝子発現が増大する

2006年度   DNAマーカーによる果樹・果実の品種判別

2006年度   カラタチのカンキツトリステザウイルス抵抗性と連鎖するDNAマーカー

2006年度   カンキツの22K オリゴDNAマイクロアレイの開発

2006年度   簡易で迅速なカンキツのDNAマーカー分析法

2005年度   最少マーカーセット選択プログラムMinimalMarker

2005年度   花や果実における遺伝子機能解析のためのCiFT共発現ベクターの開発

2004年度   ウンシュウミカンのゲノムライブラリの構築

2004年度   カンキツ発現遺伝子の機能推定のための自動処理システム

2002年度   カンキツ果実由来の EST データベースの作成

1995年度   コクゾウムシの発育阻害物質探索のための人工米によるバイオアッセイ

2016-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   インフォマティクス手法によるキー転写因子の推定法の確立

2011-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   アレル解析に基づく育種効果の遺伝統計学的検証基盤の開発

この記事は