立木美保

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 立木美保
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000674
URL http://researchmap.jp/read0081459
カテゴリ 栽培技術 その他の果樹

研究情報

2014年度   Effect of temperature on anthocyanin synthesis and ethylene production in the fruit of early- and medium-maturing apple cultivars during ripening stages

2013年度   冷蔵期間および冷蔵後の保管温度がリンゴ‘ふじ’の果実品質に及ぼす影響

2012年度   Increased levels of IAA are required for system 2 ethylene synthesis causing fruit softening in peach (Prunus persica (L). Batsch)

2012年度   Ethylene production and 1-aminocyclopropane-1-carboxylate (ACC) synthase and ACC oxidase gene expressions in apple fruit are affected by 9,10-ketol-octadecadienoic acid (KODA)

2011年度   Cell wall modifications during softening in melting type peach "Akatsuki" and non-melting type peach "Mochizuki

2011年度   Cold pre-treatment is effective for 1-MCP efficacy in ‘Tsugaru’ apple fruit.

2009年度   カワラヨモギ抽出物の収穫後処理によるモモ灰星病抑制効果

2009年度   リンゴエチレン受容体タンパク質は1-MCP処理果実でより安定になる

2006年度   Interrelationship between polyamine and ethylene in 1-methylcyclopropene treated apple fruits after

2006年度   不溶質タイプのモモ‘もちづき’果実におけるポリガラクツロナーゼ遺伝子の発現について

2002年度   ACC合成酵素のリン酸化に関する研究

2002年度   イネ・キチナーゼ遺伝子導入ブドウの特性調査

2002年度   リンゴペクチン摂取による血液成分の改善効果

2002年度   トマトACC合成酵素(ACS)のリン酸化とACS結合タンパク質による翻訳後制御機構

2002年度   アルカリ可溶性ペクチン多糖類の解析(第2報)

2002年度   ACC合成酵素のリン酸化に関する研究リン酸化による翻訳後制御機構の解析

2002年度   アルカリ可溶性ペクチン多糖類の解析

2002年度   リンゴ成熟果実からのプロトプラスト単離

2001年度   主要研究成果(参考): リンゴ成熟果実からの高収率プロトプラスト単離方法

2018年度   硬肉モモの原因因子はオーキシン生合成酵素遺伝子YUCCAの発現抑制である

2015年度   みつ入りリンゴの嗜好性はエチルエステル類の集積により高くなる

2014年度   リンゴの高着色品種では高温下におけるアントシアニン蓄積能力が高い

2014年度   オーキシンはモモの成熟後期における軟化を誘導する

2011年度   モモ果実では、軟化に伴い、可溶化する高分子ペクチン複合体が増大する

2011年度   リンゴ「つがる」では予冷することで1-MCP処理による鮮度保持効果が高まる

2010年度   カワラヨモギ抽出物の収穫後処理によるモモ灰星病抑制効果

2009年度   リンゴエチレン受容体タンパク質は1-MCP処理果実でより安定になる

2009年度   プロピレン処理で粉質化させた硬肉モモではα-L-アラビノフラノシダーゼ活性が高い

2008年度   エチレン前駆体であるACC処理による硬肉モモ果実の軟化制御

2008年度   エチレン生成阻害剤と作用阻害剤の併用処理によるモモ果実の軟化抑制

2006年度   リンゴ果実のエチレン生成量が1-MCPによる鮮度保持効果を左右する

2005年度   軟化しにくい硬肉モモ果実におけるエチレン生成抑制機構

2002年度   リンゴペクチンの機能性の解明

2002年度   モモ果実のペクチンに存在する架橋構造

2001年度   リンゴ成熟果実からの高収率なプロトプラスト単離方法

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   モモにおけるオーキシン生合成機構の解明と軟化制御への応用

2010-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   モモ果実成熟初期のエチレン生成に及ぼすオーキシン作用の分子機構

2008-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   セイヨウナシ果実の樹上完熟を阻害するtreeファクターの解析

2007-2009年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   硬肉モモ果実におけるエチレン生合成抑制機構の解明

2003-2004年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   冷温高湿貯蔵におけるモモの香り消失・保持機構の解明と匂いセンサー評価法の開発

2003-2004年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   I-MCPによるエチレン作用阻害機構の解析

この記事は