中嶋直子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 中嶋直子
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000673
URL http://researchmap.jp/nnaoko
カテゴリ 温州みかん 栽培技術 生理障害 鮮度保持技術 長期保存・貯蔵 日本なし ぶどう その他のかんきつ

研究情報

2014年度   ウンシュウミカン果実の浮皮と着色に及ぼすジベレリンとプロヒドロジャスモンの散布濃度・時期の影響.

2014年度   かいよう病に強く豊産性のレモン新品種「璃の香」

2014年度   植物生長調節剤散布による早生及び中生ウンシュウミカンの浮皮軽減技術

2012年度   極めて糖度が高く、良食味の中生カンキツ新品種「あすみ」

2012年度   Increased levels of IAA are required for system 2 ethylene synthesis causing fruit softening in peach (Prunus persica (L). Batsch)

2011年度   ウンシュウミカンの着花に及ぼす9,10-α-ケトールリノレン酸の影響

2009年度   さわやかな風味の中生カンキツ新品種「はるひ」

2004年度   たまみ

2004年度   かんきつ中間母本農7号

2000年度   リン酸緩衝液抽出物中に含まれる有機態窒素のアミノ酸組成

2000年度   Durantanins I, II and III, as new plant growth inhibitors.

2000年度   Isolation of Lycorine ane Crinine from Lycoris radiata and their role as allelochemicals

2000年度   Screening and using allelopathic plants for agriculture and landscape development

2000年度   L-3, 4-Dihydroxyphenylalanine (L-DOPA)によるキュウリ幼植物の生育阻害作用の特性

2000年度   Three plant growth inhibiting saponins from Duranta repens.

2000年度   L-カナバニンによる植物生育阻害の作用機構について

2000年度   Biological activity of plant growth inhibitors in Duranta repens.

2000年度   Mode of action of a new plant growth inhibitor, Durantanin II.

2000年度   ヒマラヤシーダーの落葉に含まれる植物生育阻害物質について

2000年度   Plant growth inhibitory activity of L-canavanine and its mode of action

2000年度   ヒガンバナの他感作用と作用物質リコリン、クリニンの同定

2000年度   ヒガンバナの他感作用とその作用物質リコリンおよびクリニンの同定

2000年度   タイワンレンギョウの新規植物成分およびそれを含有する植物成長阻害剤

2000年度   Three plant growth inhibting saponins from Duranta repers

2018年度   硬肉モモの原因因子はオーキシン生合成酵素遺伝子YUCCAの発現抑制である

2017年度   低温によるウンシュウミカンの花成誘導にアブシジン酸が関与する

2017年度   糖度が高く、ドリップの少ない晩生カンキツ新品種「あすき」

2016年度   KODA及びその類縁体C-KODAはウンシュウミカンの春枝発生を促進する

2015年度   カンキツの転写因子遺伝子CubHLH1はトマト果実のカロテノイド代謝を変化させる

2014年度   かいよう病に強く豊産性のレモン新品種「璃の香」

2014年度   植物生長調節剤散布による早生及び中生ウンシュウミカンの浮皮軽減技術

2014年度   オーキシンはモモの成熟後期における軟化を誘導する

2012年度   極めて糖度が高く、良食味の中生カンキツ新品種「あすみ」

2010年度   オーラプテンを高含有するCTV免疫性のカンキツ新品種「オーラスター」

2010年度   ウンシュウミカンの着花および発芽に及ぼすKODA処理の影響

2009年度   さわやかな風味の中生カンキツ新品種「はるひ」

2009年度   ウンシュウミカンのカロテノイド含量は収穫後の温度およびエチレン遭遇で変化する

2006年度   カンキツ属果実におけるカロテノイドの集積特性

2004年度   特定のカンキツトリステザウイルス分離株に免疫性のキンカン

2003年度   香りと食味が良いミカン新品種「たまみ」(カンキツ興津51号)

2003年度   カンキツトリステザウイルスに対する免疫性の付与に有効なカンキツ中間母本候補「RP−35」及び「RP−94」

2015-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   ブドウ果実の着色制御におけるジャスモン酸の作用機構

この記事は