山根崇嘉

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 主任研究員
氏名 山根崇嘉
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000665
URL http://researchmap.jp/yamanet
カテゴリ 栽培技術 その他の果樹

研究情報

2013年度   Foliar calcium applications for controlling fruit disorders and storage life in deciduous fruit trees_x000D_

2013年度   Varietal differences in susceptibility to bacterial spot (Xanthomonas arboricola pv. pruni) among 69 peach cultivars and selections as evaluated by artificial inoculation to shoots

2011年度   Regulation of skin color in 'Aki Queen' grapes: Interactive effects of temperature, girdling, and leaf shading treatments on coloration and total soluble solids

2011年度   Detection of Water-deficit Stress from Daily Sap Flow Profiles in Peach

2010年度   Effects of tape covering and vine vigor on development of surface callus in girdle of grapevine

2010年度   良食味で無袋栽培が可能な晩生の生食用黄肉モモ新品種「つきかがみ」

2008年度   ブドウ‘安芸クイーン’における開花期前後の高温処理が結実に及ぼす影響

2008年度   モモにおける樹液流速の変化パターンに基づく樹体水分状態の把握

2008年度   モモにおける樹液流速の低下程度に基づくかん水判断法の実用性

2008年度   ポット栽培のモモ樹における生育ステージに応じた樹液流速に基づくかん水判断指標の解明

2008年度   ブドウの簡易保温施設栽培における無電源自動換気装置の設置による気温上昇の抑制効果

2007年度   瀬戸内沿岸部におけるブドウ‘安芸クイーン’の高品質果実生産に関する研究

2007年度   瀬戸内沿岸部におけるブドウ‘安芸クイーン’の高品質果実生産に関する研究

2007年度   ブドウにおける環状はく皮処理部位のテープによる被覆,枝齢,位置および師部組織の除去程度がはく皮部のゆ合と果実形質に及ぼす影響

2007年度   ブドウ‘安芸クイーン’の着色実態および環状はく皮と着果量の軽減による着色改善

2007年度   ブドウ結果枝における環状はく皮処理の時期,幅および果粒数が果皮の着色に及ぼす影響

2007年度   ブドウおよびモモの幹横断面における樹液流路の分布

2007年度   温暖地域におけるブドウ‘安芸クイーン’の着色向上技術の開発

2007年度   瀬戸内沿岸部におけるブドウ‘安芸クイーン’の着色向上技術の開発

2007年度   ブドウにおける環状はく皮処理部位のテープによる被覆,枝齢,位置および師部組織の除去程度がはく皮部のゆ合と果実形質に及ぼす影響

2007年度   ブドウ‘安芸クイーン’の樹勢に及ぼす根量および肥料の影響の分離

2006年度   気候温暖化に対応したブドウ‘安芸クイーン’の着色向上技術

2006年度   気候温暖化に対応したブドウ着色管理技術の開発

2006年度   環状はく皮したブドウ樹の水ストレスに対する反応

2006年度   液肥の施用期間および環状はく皮処理がブドウ‘安芸クイーン’の果実品質に及ぼす影響

2006年度   不発芽解消のための4倍体ブドウの主枝管理技術と施肥法

2006年度   ブドウ結果枝における環状はく皮処理の時期,幅および果粒数が果皮の着色に及ぼす影響

2005年度   ブドウ‘安芸クイーン’における果皮の着色に対する好適温度

2005年度   温暖化に対応した‘安芸クイーン’の着色改善技術

2005年度   気候温暖化に対応したブドウ'安芸クイーン'の着色向上技術

2005年度   着果量の違う樹における主幹部への環状剥皮がブドウ‘安芸クイーン’の果皮の着色,果実形質および根の伸長に及ぼす影響

2004年度   異なる生育ステージにおける温度処理がブドウ‘安芸クイーン’の果皮の着色に及ぼす影響

2004年度   栽培管理とブドウ着色の関係

2003年度   新植園におけるブドウ葉の萎縮性生育異常症状多発原因の究明

2018年度   ニホンナシ「あきづき」および「王秋」の果肉障害対策マニュアル

2017年度   「あきづき」のコルク状果肉障害はエテホン散布による熟期促進で低減できる

2017年度   酸味が少なく糖度が高いニホンスモモ新品種「ハニービート」

2016年度   低温要求量が少なく早生で品質優良なモモ新品種「さくひめ」

2016年度   ニホンナシ「あきづき」と「王秋」に発生するコルク状果肉障害の特徴

2014年度   ほうき性で菊咲き性および桃色の花弁をもつ花モモ新品種「舞飛天(まいひてん)」

2014年度   ほうき性で菊咲き性および白色の花弁をもつ花モモ新品種「白楽天(はくらくてん)」

2013年度   新梢への付傷接種法によるモモのせん孔細菌病の拡大抵抗性の品種間差異

2010年度   良食味で無袋栽培が可能な晩生の生食用黄肉モモ新品種「つきかがみ」

2006年度   環状はく皮と着果負担の軽減の組み合わせによる温暖地ブドウの着色向上

2006年度   5-アミノレブリン酸の葉面散布はブドウの環状はく皮の効果を増大する

2005年度   ブドウの短梢せん定樹における発芽率向上と新梢生長を均一にする整枝法

2003年度   各生育ステージの温度処理がブドウ「安芸クイーン」の着色に与える影響

2001年度   モモの管理作業の軽労化と初期収量の増加を図れる一文字形整枝棚栽培

2006-2008年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   木部通水機能の評価による接ぎ木親和なわい性台木系統の選抜とわい化機構の究明

この記事は