伊東明子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 伊東明子
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000663
URL http://researchmap.jp/AkikoIto
カテゴリ 栽培技術 その他の果樹

研究情報

2014年度   Effect of extending the photoperiod with low-intensity red or far-red ligth on the timing of shoot elongation and flower-bud formation of 1-year-old Japanese pear (Pyrus pyrifolia)

2014年度   Histone modification and signaling cascade of the dormancy-associated MADS-box gene, PpMADS13-1, in Japanese pear (Pyrus pyrifolia) during endodormancy

2014年度   An apple B-box protein gene, MdCOL11, is involved in UV-B- and temperature-induced anthocyanin biosynthesis

2013年度   Effects of dormancy progression and low-temperature response on changes in the sorbitol concentration in xylem sap of Japanese pear during winter season.

2013年度   Characterization of 10 MADS-box genes from Pyrus pyrifolia and their differential expression during fruit development and ripening

2013年度   Effects of dormancy progression and low-temperature response on changes in the sorbitol concentration in xylem sap of Japanese pear during winter season

2013年度   Expression and genomic structure of the dormancy-associated MADS box genes MADS13 in Japanese pears (Pyrus pyrifolia Nakai) that differ in their chilling requirement for endodormancy release

2013年度   Transcriptome analysis of Japanese pear (Pyrus pyrifolia Nakai.) flower buds transitioning through endodormancy

2012年度   Light emitting diode irradiation at night accelerates anthocyanin accumulation in grape skin

2012年度   Adventitious shoot regeneration in cotyledons from Japanese pear and related species

2012年度   Carbohydrate metabolism and its possible roles in endodormancy transition in Japanese pear

2012年度   主枝高がイチジクの凍害発生に及ぼす影響

2008年度   モモ溶液受粉のための液体増量剤へのPME またはPGの添加が結実に及ぼす影響

2007年度   果実発育期間中の気温がモモ‘あかつき’果実の発育に及ぼす影響

2007年度   ニワウメおよびユスラウメ台と穂木品種との組合せによるモモ樹の生育および生産性

2002年度   エチレン処理により軟化させたモモ果実の細胞壁における化学的組成の変化について

2002年度   エチレン処理により軟化させたモモ果実におけるモモエクスパンシン遺伝子の発現

2001年度   モモ果実で発現するセルロース合成酵素遺伝子(PpCesA1)の単離と解析

2001年度   ニホンナシ品種‘幸水’および‘長十郎’の花芽形成期における短果枝頂芽の糖代謝について

2001年度   Effect of shoot bending on sugar metabolism in buds, and its possible relationship to flower bud formation in Japanese pear

2001年度   Sugar metabolizing enzyme activity compared between two Japanese pear [Pyrus pyrifolia (Burm.) Nak.] cultivars during flower bud formation

2001年度   花芽形成の生理機構(ナシ)

2001年度   アブラナ科自家不和合性class IIハプロタイプにおける花粉側S遺伝子SP11の遺伝的多型性

2001年度   モモエクスパンシンホモログの発現とエチレンの関係

2001年度   ニホンナシ‘幸水’新梢の花芽着生に及ぼすGA3およびGA4散布処理の影響

2001年度   ニホンナシ長果枝の花芽形成における植物ホルモンの役割とその利用による制御技術

2000年度   ニホンナシの花芽形成における植物ホルモンの相互作用とそれに基づく花芽形成促進技術

2000年度   日本ナシの花芽着生率を高める植物成長調節剤

2000年度   ニホンナシ新梢の糖代謝酵素活性に及ぼす誘引並びにマレイン酸ヒドラジッド散布処理の影響

2000年度   Effects of plant growth regulators and their time of application on flower bud formation of Japanese pear 'Kosui'

2000年度   ニホンナシの花芽形成を制御する植物ホルモン

2000年度   ニホンナシの花芽形成における植物ホルモンの役割とその利用による制御技術

2000年度   Effect of maleic hydrazide on endogenous cytokinin contents in lateral buds, and its possible role in flower bud formation on the Japanese pear shoot

2000年度   ニホンナシの花芽形成における植物ホルモンの役割に関する研究

2000年度   落葉果樹の花芽形成と植物ホルモン

2000年度   モモ果実で発現するエクスパンシン遺伝子ファミリーの解析

2000年度   Molecular cloning of a ripening-related expansin cDNA in peach: evidence for no relationship between expansin accumulation and change in fruit firmness during storage

2000年度   モモのわい性品種における20位酸化酵素遺伝子の発現について

2000年度   ニホンナシの新梢の誘引処理が新梢の拡散性IAA含量及びIAA移行速度に及ぼす影響

2000年度   ニホンナシの花芽分化に及ぼす植物ホルモンの影響と花芽着生増加について

2000年度   Effect of maleic hydrazide application on sugar accumulation and cytokinin level in lateral buds, and their possible relationship to flower formation in Japanese pear shoot.

2000年度   落葉果樹の剪定と植物ホルモン

2000年度   マレイン酸ヒドラジッドの散布がニホンナシ新梢側芽のサイトカイニン含量と花芽着生数に及ぼす影響

2000年度   Bending shoot stimulates flowering and influences hormone levels in lateral buds of Japanese pear.

2000年度   モモ果実の成熟に関連するエクスパンシン遺伝子の発現について

2000年度   Peach expansin cDNA isolation and mRNA analysis in melting and stony-hard cultivars

2000年度   モモの生育時に発現する細胞壁関連酵素遺伝子について

2017年度   ブドウ「ピオーネ」果房への夜間のLED光近接照射による果皮色向上

2017年度   2016年春のニホンナシ花芽の発芽不良は凍害と休眠進行不順の両方に起因する

2016年度   ニホンナシ発芽不良障害の発生は窒素施用時期の変更により軽減できる

2016年度   ニホンナシ「幸水」の果実肥大はGA4とPCaの組合せ処理で促進される

2015年度   自発休眠覚醒後の開花に必要なニホンナシの低温遭遇時間は時期により異なる

2014年度   夜間遠赤色光照射はニホンナシの枝伸長停止期と花芽形成期を早める

2014年度   自発休眠に関わるDAM遺伝子はCBFを介して低温シグナル情報を受ける

2014年度   リンゴの赤着色に関わるMYBはCOL11から光・温度情報を受ける

2013年度   冬季のニホンナシ枝道管液糖含量は休眠覚醒と低温反応の両方の影響を受ける

2012年度   ニホンナシ「幸水」の一年枝および花芽における冬季の糖代謝の特徴

2010年度   1-MCPは減圧下で処理すると処理時間を大幅に短縮できる

2010年度   2つのDAM遺伝子はニホンナシの自発休眠現象に深く関わっている

2008年度   新規液体増量剤によるモモの溶液受粉における結実率の向上

2007年度   幼果期の気温の上昇はモモ「あかつき」果実の発育期間を短縮する

2006年度   エチレンによる硬肉モモ果実の軟化及び軟化関連遺伝子発現の制御

2004年度   ビワ未熟種子における新規ジベレリンの発見

2004年度   ビワ未熟種子から発見された新規ジベレリン

2002年度   花芽形成期におけるニホンナシ短果枝上の芽の成長と糖代謝の関係

2001年度   モモ果実の肥大に関連するエクスパンシン遺伝子の単離

1998年度   誘引処理によるニホンナシ長果枝側芽の着花率増加機構

1998年度   ニホンナシの花芽着生率を向上させる植物生長調節物質の散布時期

1996年度   昼夜温度差処理(DIF)による花き苗の生育制御

2015-2017年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   光照射が果樹の自発休眠に及ぼす影響の解明とその利用による発芽不良対策技術の確立

2012-2014年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   光によるニホンナシ休眠と耐凍性の制御は可能か?-機構解明から技術開発への展開

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   バラ科果樹における休眠の維持機構-ソルビトールは芽の生育開始を抑制しているのか?

この記事は