中島育子

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 上級研究員
氏名 中島育子
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000659
URL
カテゴリ 遺伝資源 かき 日本なし 品種 ぶどう

研究情報

2014年度   良食味で結実性が良好な晩生の完全甘ガキ新品種「太豊(たいほう)」

2014年度   Functional characterization of a new grapevine MYB transcription factor and regulation of proanthocyanidin biosynthesis in grapes

2014年度   Histone modification and signaling cascade of the dormancy-associated MADS-box gene, PpMADS13-1, in Japanese pear (Pyrus pyrifolia) during endodormancy

2013年度   ブドウ新品種'クイーンニーナ'

2013年度   ブドウ新品種'サンヴェルデ'

2013年度   Agrobacterium-mediated genetic transformation using cotyledons in Japanese pear (Pyrus pyrifolia)

2012年度   カキ新品種‘太月’

2012年度   カキ新品種‘太天’

2012年度   Adventitious shoot regeneration in cotyledons from Japanese pear and related species

2011年度   Effects of salt and osmotic stresses on free polyamine content and expression of polyamine biosynthetic genes in Vitis vinifera

2010年度   大粒で種なし栽培が可能な黄緑色ブドウ新品種「サンヴェルデ」

2009年度   大粒で食味が優れ果皮色の赤いブドウ新品種「クイーンニーナ」

2008年度   カキ新品種‘貴秋’

2007年度   太月

2007年度   太天

2006年度   大果で食味が良い中生のカキ新品種候補「カキ安芸津20号」

2006年度   大果で食味が良い晩生のカキ新品種候補「カキ安芸津21号」

2005年度   カキ新品種‘甘秋’

2005年度   ブドウ‘巨峰’へのスティルベンシンターゼ遺伝子の導入

2004年度   オリエンタルスター

2003年度   カキ新品種‘早秋’

2003年度   貴秋

2003年度   シャインマスカット

2002年度   ニホンナシ再分化系開発の試み

2002年度   イネ・キチナーゼ遺伝子導入ブドウの特性調査

2002年度   ブドウ新品種‘サニールージュ’

2002年度   ブドウ新品種‘ダークリツジ’

2002年度   ブドウ新品種‘ハニービーナス’

2002年度   カキ新品種‘夕紅’

2002年度   甘秋

2001年度   花糸培養によるブドウ品種からのエンブリオジェニックカルスの誘導

2001年度   カキ新品種‘早秋’

2000年度   カキ「夕紅」

2000年度   ブドウ「サニールージュ」

2000年度   ブドウ新品種「ハニービーナス」

2000年度   ブドウ新品種「ダークリッジ」

2000年度   Expression of soybean β-1,3-endoglucanase cDNA and effect on disease tolerance in kiwifruit plants.

2000年度   Kiwifruits (Actinidia deliciosa) transformed with a Vitis stilbenesynthase gene produce piceid (resveratrol-glucoside)

2017年度   ゲノム編集技術CRISPR/Cas9法により作成したブドウのアルビノ変異体

2016年度   ニホンナシ「幸水」の果実肥大はGA4とPCaの組合せ処理で促進される

2014年度   良食味で結実性が良好な晩生の完全甘ガキ新品種「太豊(たいほう)」

2014年度   自発休眠に関わるDAM遺伝子はCBFを介して低温シグナル情報を受ける

2013年度   ニホンナシ子葉へのアグロバクテリウム感染には超音波処理が有効である

2010年度   大粒で種なし栽培が可能な黄緑色ブドウ新品種「サンヴェルデ」

2010年度   2つのDAM遺伝子はニホンナシの自発休眠現象に深く関わっている

2009年度   大粒で食味が優れ果皮色の赤いブドウ新品種「クイーンニーナ」

2006年度   大果で食味が良い中生のカキ新品種「太月」

2006年度   大果で食味が良い晩生のカキ新品種「太天」

2003年度   大粒で肉質が優れるブドウ新品種「オリエンタルスター」(ブドウ安芸津24号)

2003年度   ブドウ「巨峰」のアグロバクテリウム法による形質転換

2002年度   肉質が優れ、大粒で食味良好なブドウの新品種「シャインマスカット」(ブドウ安芸津23号)

2002年度   大果で早生の完全甘ガキの新品種「貴秋(きしゅう)」(カキ安芸津15号)

2001年度   早生で食味良好な完全甘ガキの新品種「甘秋」

1999年度   早生で食味良好な完全甘ガキの新品種「早秋」

1997年度   着色容易な黒色・大粒のブドウ新品種候補「ブドウ安芸津9号」

1997年度   結実性が良く黄緑色で大粒のブドウ新品種候補「ブドウ安芸津19号」

1997年度   未受精胚珠培養によるブドウ「巨峰」の再分化系の開発

2011-2012年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   カルシウムイオン流入抑制によるニホンナシ形質転換系の開発

2009-2011年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   環境ストレス耐性の付与にはたすスペルミジンの機構解明

この記事は