加藤秀憲

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 主任研究員
氏名 加藤秀憲
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000647
URL http://researchmap.jp/read0005941
カテゴリ 品種 その他の果樹

研究情報

2014年度   Environmental Variance and Broad-sense Heritability of Nut Traits in Japanese Chestnut Breeding

2014年度   極早生で良食味のニホンナシ新品種「はつまる」

2014年度   黒斑病・黒星病複合抵抗性を持つ良食味のニホンナシ新品種「ほしあかり」

2013年度   リンゴ新品種‘さんたろう’

2012年度   リンゴ新品種‘こうたろう’

2012年度   大果で食味が優れる早生セイヨウナシ新品種「ジェイドスイート」

2011年度   スイカの部分不活化花粉の判別と異種花粉の授粉

2011年度   セイヨウナシにおけるレトロトランスポゾン遺伝子と枝変わりとの関連性について

2011年度   リンゴ新品種‘ちなつ’

2010年度   寒冷地果樹からのレトロトランスポゾン遺伝子の単離と枝変わり品種での動向

2009年度   大果で甘味が多く食味の優れるリンゴ新品種「もりのかがやき」

2006年度   わい性で、耐暑性に優れた食味良好なパパイヤ新品種「石垣珊瑚」

2002年度   リンゴの半数体倍化個体作出におけるコルヒチンの効果

2002年度   リンゴJM系わい性台木の挿し木結果に及ぼす各種要因の検討

2001年度   シロイヌナズナAPETALA1(AP1)を導入した形質転換リンゴの発現解析

2001年度   リンゴ・ナシ雑種の利用による複合耐病性リンゴ育種技術の開発 第1報 交雑実生群におけるリンゴ黒星病抵抗性個体の選抜

2001年度   濃赤色に着色し、酸味のある中生のリンゴ新品種‘さんたろう’の育成

2001年度   交雑世代毎のS対立遺伝子出現頻度から推定したリンゴ交雑不和合組合せ増加の原因

2001年度   リンゴ栽培品種の室内接種試験における腐らん病耐性の評価

2001年度   ザルコトキシン遺伝子を導入した形質転換体リンゴの解析

2000年度   リンゴ腐らん病抵抗性の品種・系統間差異.

2000年度   リンゴにおける腐らん病およびうどんこ病抵抗性の遺伝

2000年度   ‘あかね’,‘きたかみ’,‘祝’ ,‘旭’等のS遺伝子型解析

2000年度   ‘旭’,‘きたかみ’,‘Worcester Pearmain’等のS遺伝子型解析

2000年度   Analyses of s-allele genotypes and genetic divesity in the apple.

2000年度   Environmental safety considerations for field test of genetically modified apple

2000年度   ザルコトキシン遺伝子を導入した形質転換体リンゴの作出

2000年度   アラビドプシスTFL1に相同な配列を有するリンゴMdTFLの単離と発現解析

2000年度   Recent progress of apple breeding at the Apple Research Center in Morioka

2000年度   食味の良い極早生リンゴの新品種‘ちなつ’の育成

2000年度   着色・食味の良いリンゴ新品種‘こうたろう’の育成

2000年度   Functional Analysis of Retrotransposons in Pea

2000年度   アラビドプシスTFL1に相同な配列を有するMdTFLの単離と発現解析

2000年度   リンゴにおける腐らん病およびうどんこ病抵抗性の遺伝

2000年度   ‘旭’,‘きたかみ’,‘Worcester Pearmain’等のS遺伝子型解析

2000年度   リンゴ腐らん病抵抗性の品種・系統間差異

2000年度   Analysis of S-allele genotypes and genetic diversity in the apple

2000年度   食味の良い極早生リンゴの新品種‘ちなつ’の育成

2000年度   着色・食味の良い中生リンゴの新品種‘こうたろう’の育成

2000年度   リンゴ斑点落葉病耐病性突然変異個体において特異的に発現している遺伝子について

2000年度   Recent progress of apple breeding at the Apple Research Center in Morioka

2000年度   イネレトロトランスポゾンTos17挿入変異系統群における破壊された遺伝子の大量解析

2018年度   ニホンナシ成熟果実の糖成分および全糖含量のQTLの同定

2018年度   ニホングリ在来品種「奴」の易渋皮剥皮性は「ぽろたん」と同様に劣性主働遺伝子支配である

2017年度   果皮が着色しやすく日持ちが良い早生のリンゴ新品種「紅みのり」(べにみのり)

2017年度   甘く多汁で食味が良く着色しやすい中生のリンゴ新品種「錦秋」(きんしゅう)

2016年度   渋皮が簡単に剥ける早生のニホングリ新品種「ぽろすけ」

2015年度   自家和合性で良食味のニホンナシ新品種「なるみ」

2015年度   ニホンナシの収穫期に関連するDNAマーカーの検証

2014年度   極早生で良食味のニホンナシ新品種「はつまる」

2014年度   黒斑病・黒星病複合抵抗性を持つ良食味のニホンナシ新品種「ほしあかり」

2013年度   大果で暖地でも花芽枯死の少ない早生のニホンナシ新品種「凜夏(りんか)」

2013年度   高糖度、軟肉質で食味良好、豊産性の晩生ニホンナシ新品種「甘太(かんた)」

2013年度   果肉が赤く食味の良い生食・加工用リンゴ新品種「ルビースイート」

2013年度   果肉が桃色で加工から生食まで幅広く利用できるリンゴ新品種「ローズパール」

2012年度   大果で食味が優れる早生セイヨウナシ新品種「ジェイドスイート」

2010年度   大果で外観と食味が優れる早生セイヨウナシ新品種「ジェイドスイート」

2010年度   ミツバカイドウに認められる腐らん病抵抗性と育種素材としての有用性

2009年度   大果で甘味が多く食味の優れるリンゴ新品種「もりのかがやき」

2009年度   大果で北海道向きのブルーベリー新品種「CW1」および「CW7」

2009年度   大果で食味良好な半わい性のパパイヤ新品種「石垣ワンダラス」

2006年度   わい性で、耐暑性に優れた食味良好なパパイヤ新品種「石垣珊瑚」

2005年度   養液・電照栽培したパッションフルーツの秋実には、機能性成分が多く含まれる

1999年度   濃赤色に着色し、酸味のある中生のリンゴ新品種「さんたろう」

1997年度   極早生・良食味のリンゴ新品種候補「リンゴ盛岡49号」

1997年度   外観・食味が優れた中生のリンゴ新品種候補「リンゴ盛岡56号」

この記事は