和田雅人

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 果樹連携調整役
氏名 和田雅人
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000642
URL http://researchmap.jp/read0005940
カテゴリ 栽培技術 品種 病害虫防除 その他の果樹

研究情報

2014年度   Effect of temperature on anthocyanin synthesis and ethylene production in the fruit of early- and medium-maturing apple cultivars during ripening stages

2014年度   Efficiency of Hand-thinning in apple cultivars with varying degrees of fruit abscission

2014年度   Expression analyses of DORMANCY-ASSOCIATED MADS-BOX (DAM)-like genes in apple (Malus × domestica Borkh.)

2013年度   予備摘果時期がリンゴ‘ファーストレディ’の早期みつ症に及ぼす影響

2013年度   Application of an Analog of 9, 10-ketol-octadecadienoic acid (KODA), Affected Flower Bud Formation and MdTFL1 and MdFT1 Gene Expressions in Apple Buds under Heavy-crop and Shade Conditions.

2013年度   Effects of microspore development stage and cold pre-treatment of flower buds on embryo induction in apple (Malus × domestica Borkh.) anther culture.

2013年度   Expression and functional analysis of a novel MYB gene, MdMYB110a_JP, responsible for red flesh, not skin color in apple fruit.

2013年度   Functions of the apple TFL1/FT orthologs in phase transition.

2013年度   Overexpression of Arabidopsis FT gene in apple leads to perpetual flowering.

2012年度   Relationships among apple fruit abscission, source strength, and cultivar

2012年度   Divergence of TERMINAL FLOWER1-like genes in Rosaceae.

2011年度   JM台木を利用したリンゴ低樹高栽培における作業の省力効果

2011年度   Effects of the plant growth regulators on expression of MdTFL1 promoter fused β-glucuronidase(GUS) reporter gene in apple (Malus spp.) tissues in vitro.

2011年度   Expression patterns of several floral genes during flower initiation in the apical buds of apple (Malus × domestica Borkh.) revealed by in situ hybridization.

2011年度   Pre-culture before Agrobacterium Infection to Leaf Segments and Meropenem Improves the Transformation Efficiency of Apple (Malus × domestica Borkh.)

2009年度   Molecular cloning and expression analysis of a SQUA/AP1 homologue in chinese jujube (Ziziphus jujube Mill.)

2009年度   リンゴの形質転換におけるAgrobacterium除菌用抗生物質の検討

2008年度   リンゴ自家摘果性遺伝資源の探索

2008年度   リンゴの単植園における授粉専用品種の利用方法

2007年度   Genomic varieties of apple AFL genes

2006年度   カラムナータイプリンゴ‘タスカン’における栽植密度と生育,果実品質との関係7系統における結果樹の乾物生産力特性

2006年度   リンゴ‘ふじ’の摘花に及ぼすギ酸カルシウムの影響

2005年度   カラムナータイプリンゴ‘メイポール’の樹体生育・果実生産効率・乾物生産特性に及ぼす台木の影響

2005年度   リンゴJM台木のin vitroにおける発根性

2005年度   JM系台木に接ぎ木したカラムナータイプリンゴ樹の光合成特性

2005年度   リンゴJM台木上‘ジョナゴールド’における果実着色と新梢長との関係

2004年度   カラムナータイプリンゴ‘メイポール’の樹体生育・果実生産効率・乾物生産特性に及ぼす整枝法の影響

2004年度   Molecular cloning and expression analysis of a zinc finger protein gene apple.

2004年度   カラムナータイプリンゴ‘タスカン’若木樹の生育,果実品質に及ぼすせん定方法および側枝誘引の影響

2004年度   ‘メイポール’若木樹の樹体生育・果実生産効率・乾物生産特性に及ぼす台木の影響

2003年度   リンゴ結実期におけるがくの光合成・蒸散機能

2003年度   カラムナータイプリンゴ樹の薬剤付着性

2003年度   リンゴカラムナータイプ系統の樹体生育・果実生産特性

2002年度   リンゴカラムナータイプ樹の摘果、収穫時における作業姿勢

2002年度   リンゴカラムナータイプ若木の着葉・受光態勢・乾物生産力特性

2002年度   携帯型の非破壊品質評価装置を用いたリンゴ樹冠内の果実糖度の推定

2002年度   APETALA1(AP1)遺伝子を導入した形質転換リンゴの早期開花性.

2002年度   剪定時の新梢の取り扱いがカラムナータイプ「タスカン」樹の乾物生産力に及ぼす影響

2002年度   リンゴの近赤外スペクトル及び糖度の予測精度に及ぼす果実温度の影響

2001年度   リンゴ新梢二股分岐枝現象の観察

2001年度   リンゴの成熟過程における樹上果実の糖度の非破壊測定

2001年度   シロイヌナズナAPETALA1(AP1)を導入した形質転換リンゴの発現解析

2001年度   リンゴAFL1, AFL2遺伝子構造の解析

2001年度   リンゴ花芽形成遺伝子AFL1, 2の機能解明.

2001年度   果樹の安定生産と花芽形成制御の展望-リンゴを中心にして-5.花芽形成の遺伝子制御

2001年度   リンゴカラムナータイプ4年 生樹の乾物生産力特性に及ぼすわい性台木の影響

2000年度   リンゴあかねの側果落果性

2000年度   リンゴの花芽形成遺伝子の話

2000年度   リンゴAFL1,AFL2キメラ遺伝子の機能解析

2000年度   植物細胞のNa+-ATPase

2000年度   Molecular Cloning of Na+-ATPase cDNA from Marine Alga Heterosigma akashiwo

2000年度   海産ラフィド藻Heterosigma akashiwo Na+-ATPaseの特徴と遺伝子のクローニング

2000年度   非破壊センシングシステムによるリンゴ諸形質の検量線作成

2000年度   Expression pattern of homologues of floral meristem identity genes LFY and API during flower development in apple

2000年度   アラビドプシスTFL1に相同な配列を有するリンゴMdTFLの単離と発現解析

2000年度   リンゴカラムナータイプ樹の若木における栽植密度と生長との関係

2000年度   リンゴカラムナータイプ樹における花芽着生特性

2000年度   リンゴAFL1, AFL2遺伝子の機能解析

2000年度   リンゴAFL1, AFL2の発現及び機能解析

2000年度   リンゴの花芽形成期におけるLFY, AP1相同遺伝子(AFL, MdAP1)の発現様式

2000年度   Expression pattern of apple homologues of floral meristem identity genes LFY and AP1 during flower development in apple.

2000年度   アラビドプシスTFL1に相同な配列を有するMdTFLの単離と発現解析

2000年度   リンゴの花芽形成期におけるLFY, AP1相同遺伝子(AFL, MdAP1)の発現様式

2000年度   リンゴ‘ふじ’のリーフカルスにおけるアントシアニン生成

2000年度   近赤外光によるリンゴ果実品質の非破壊測定

2000年度   Expression pattern of homologues of floral meristem identity genes LFY and AP1 during flower development in apple

2000年度   リンゴMdAP1を導入した形質転換シロイヌナズナの早期開花性

2000年度   リンゴ果皮におけるアントシアニン合成系酵素遺伝子の発現解析

2000年度   海産藻類Na+/K+-ATPase遺伝子の動物細胞における発現

2000年度   Molecular cloning of Na+-ATPase cDNA from a marine alga, Heterosigma akashiwo

2000年度   リンゴカラムナータイプ樹と一般品種における着葉特性の比較

2018年度   リンゴ「ふじ」の果実の大きさに影響を与える樹体及び着果管理要因

2018年度   カラムナータイプのリンゴでは根特異的ジオキシゲナーゼ遺伝子が地上部でも発現している

2017年度   リンゴにおける官能による果汁の多さの客観的評価方法

2016年度   赤果肉リンゴの果肉の赤さは、摘果強度・光環境・栽培地によって影響を受ける

2016年度   カラムナータイプのリンゴを正確に選抜できるDNAマーカーの開発

2016年度   ゲノム編集技術CRISPR/Cas9法により標的遺伝子に変異導入したリンゴを効率的に作成できる

2015年度   リンゴの摘花剤散布は果実を肥大させ、摘果剤との併用で摘果作業も省力できる

2015年度   早期摘葉によるリンゴ高品質果実生産方法

2014年度   リンゴの高着色品種では高温下におけるアントシアニン蓄積能力が高い

2014年度   リンゴの自家摘果性品種は摘果作業の省力化に有効である

2013年度   リンゴの早期落果程度の評価には幼果の肥大量の測定が有効である

2011年度   JM台木を利用したリンゴ低樹高栽培における作業の省力効果

2011年度   細胞障害率によるリンゴわい性台木の耐凍性の評価

2011年度   リンゴ樹の接ぎ木部の折れやすさはJM系台木の種類により異なる

2008年度   リンゴの単植園における授粉専用品種の利用方法

2007年度   リンゴ「ふじ」、「つがる」の単植化に適する授粉専用品種

2006年度   リンゴ由来のMdPISTILLATA (MdPI) 遺伝子の機能解明

2004年度   リンゴわい性台木を使用した若木における低樹高化のための側枝形成法

2004年度   リンゴわい性台木を使用した若木における低樹高化のための側枝形成法

2002年度   携帯型の非破壊品質評価装置を用いたリンゴ樹上未熟果の糖度測定

2002年度   花芽形成に関連した遺伝子の組換えによる早期開花性リンゴの作出

2002年度   リンゴ花芽形成遺伝子AFL1、AFL2単離と機能解明

2002年度   花芽形成関連遺伝子を利用した早期開花性リンゴの作出

2002年度   リンゴ花芽形成遺伝子AFL1、AFL2の機能解明

2002年度   携帯型の非破壊品質評価装置を用いたリンゴ樹上未熟果の糖度測定

2001年度   カラムナータイプリンゴ樹の光合成能の特徴

2000年度   リンゴ花芽形成遺伝子 MdAP1シロイヌナズナへの導入による早期開花性の確認

2000年度   リンゴMDAPIを導入したシロイヌナズナの早期開花性

1998年度   花芽形成に関与するリンゴ AFL 遺伝子の単離と発現

2012-2013年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   花成促進組換え台木から穂木へ花成は伝わるか

2003-2006年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   果樹における単為結実性に関与する機構の解析

この記事は