高梨祐明

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 企画管理部長
氏名 高梨祐明
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000640
URL http://researchmap.jp/read0004512
カテゴリ 栽培技術 品種 病害虫防除 その他の果樹

研究情報

2014年度   複合交信攪乱剤コンフューザーAA設置圃場におけるキンモンホソガのフェロモントラップ誘殺消長と被害

2014年度   防除体系の異なる4リンゴ圃場におけるナシヒメシンクイのフェロモントラップ誘殺消長と果実被害

2013年度   両面テープトラップによるリンゴハマキクロバ幼虫のリンゴ園における発生時期の把握

2012年度   複合交信攪乱剤設置リンゴ園におけるチョウ目害虫の果実加害時期と防除適期

2012年度   岩手県盛岡市の交信攪乱剤設置リンゴ園におけるモモシンクイガの被害と補完防除の効果

2011年度   The succession of phytophagous and phytoseiid species in a newly planted apple orchard without insecticide applications

2011年度   リンゴのナシマルカイガラムシ1齢幼虫に対する4種殺虫剤の防除効果

2011年度   殺虫剤無散布リンゴ園におけるナシマルカイガラムシ歩行幼虫の発生数の年次推移

2011年度   殺虫剤無散布リンゴ園におけるナシマルカイガラムシ歩行幼虫捕獲数と雄成虫のフェロモントラップ誘殺数との関係

2011年度   殺虫剤無散布リンゴ園におけるナシマルカイガラムシ歩行幼虫の発生数の年次変異

2011年度   殺虫剤無散布リンゴ園におけるナシマルカイガラムシ歩行幼虫捕獲数と雌成虫のフェロモントラップ誘殺数との関係

2010年度   マイマイガおよびカシワマイマイの多発年におけるリンゴに対する加害

2009年度   複合交信かく乱を基幹技術としたリンゴ農薬50%削減体系

2009年度   リンゴ樹冠下雑草のバーナー処理が樹上のナミハダニ密度に与える影響

2009年度   岩手県中部におけるスモモヒメシンクイの発生消長と寄主植物

2008年度   リンゴにおける払落とし法と押潰し法を組み合わせた簡易的なハダニ密度推定法の検証

2008年度   岩手県のリンゴ園におけるナシマルカイガラムシ歩行幼虫の発生時期3.気温から予測した歩行幼虫発生時期と実際の発生時期の比較

2008年度   リンゴのナミハダニ防除薬剤の実用性判定における葉片浸漬法の評価

2006年度   リンゴ園におけるアブラムシ類の発生消長と寄生蜂の構成

2006年度   リンゴ園の草生群落の種構成に及ぼす異なる刈り高による草刈りの影響

2004年度   複合交信攪乱剤を利用した減農薬リンゴ園における害虫発生と被害の動向

2002年度   リンゴ実生苗とユキヤナギアブムシを使用したアブラバチの飼育

2011年度   ナシマルカイガラムシ歩行幼虫の発生量はフェロモントラップによる雄成虫誘殺数で推測できる

2009年度   複合交信かく乱を基幹技術としたリンゴ農薬50%削減体系

2009年度   産地マーケティングにおける特別栽培リンゴの活用方法

2009年度   リンゴ農薬50%削減のための農協部会組織による集団的防除マネジメントシステム

2009年度   岩手県盛岡地域におけるスモモヒメシンクイの分布と寄主植物

2009年度   リンゴの樹冠下をバーナーで除草すると樹上のナミハダニ密度を抑制できる

2009年度   リンゴ褐斑病菌のストロビルリン系殺菌剤に対する感受性

2008年度   リンゴわい化栽培におけるドリフト低減ノズルの利用条件

2008年度   インゲンマメ葉浸漬によってナミハダニの薬剤感受性を検定する

2008年度   リンゴ園に発生するナミハダニの密度を「払い落とし-押し潰し法」により推定する

2008年度   セイヨウナシ樹における樹冠視認度を利用した薬液到達性の評価法

2007年度   リンゴ樹の枝葉の混み具合を簡単に評価できる葉群密度判定値

2007年度   東北地方北部におけるナシマルカイガラムシの発生時期

2003年度   マメ葉で飼育したミヤコカブリダニはリンゴ葉上への定着を拒まない

2003年度   マメ葉で飼育したミヤコカブリダニはリンゴ葉上への定着を拒まない

2015-2015年   [農林水産省 農林水産技術会議]   ミカンコミバエ種群の根絶対策に資する寄生果率の解明と低温殺虫技術の確立

この記事は