奥村健治

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
肩書き 産学連携室長
氏名 奥村健治
連絡先(電話番号) 011-857-9260
所在都道府県名 北海道
見える化ID 000064
URL http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/harc/2009/cryo09-01.html
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/harc/2010/cryo10-03.html
https://www.hro.or.jp/list/agricultural/center/kenkyuseika/gaiyosho/27/f2/12.pdf
カテゴリ 栽培技術 播種 品種

研究情報

2014年度   アカクローバ品種「リョクユウ」の育成とその特性

2014年度   DNA markers for identifying interspecific hybrids between Miscanthus sacchariflorus and Miscanthus sinensis

2012年度   Comparative Genetic Mapping and Discovery of Linkage Disequilibrium Across Linkage Groups in White Clover (Trifolium repens L.)

2012年度   シバ品種「朝駆」および「朝萌」の育成

2010年度   Estimation of clover biomass and percentage in a performance trial of white clover?timothy binary mixtures: use of multiple regression equations incorporating plant cover measured with the grid-point plate

2010年度   耐寒性が優れ、競合力の穏やかな放牧用極小葉型シロクローバ品種「北海1号」

2009年度   混播条件におけるアカクローバ品種系統の地域適応性と永続性

2009年度   Construction of a consensus linkage map for red clover (Trifolium pratense L.)

2009年度   永続性に優れる早生の2倍体アカクローバ「北海13号」

2007年度   Genotype Matrix Mapping (GMM) :QTLおよびQTL間の相互作用を検出する新たな解析法の開発

2007年度   国内育成アルファルファ(Medicago sativa L.)品種群別のための秋季休眠性

2004年度   ギニアグラスのSSRマーカーの開発と系統識別

2003年度   イタリアンライグラスを追播したギニアグラス草地の収量に及ぼす播種日の影響50別80-81

2000年度   沖縄県の草地・芝地で発生した2種の新病害

2000年度   密度の高い芝地を形成するシバ新品種「方便山4」

2018年度   メッシュ農業気象データを使用した改良版牧草播種晩限日計算プログラム

2017年度   秋季温暖化に適応した夏季播種技術を支援する牧草の晩限日計算プログラム

2016年度   多収でそばかす病に強く、耐倒伏性に優れるアルファルファ品種「ウシモスキー」

2016年度   アルファルファ品種「ウシモスキー」のチモシー混播時における適正播種量

2016年度   北海道内は統計的に5つの気候に区分できる

2015年度   ススキ-オギ種間雑種の大規模自生集団の発見と集団構造の解析

2015年度   ススキとオギの種間雑種を同定するためのDNAマーカー

2015年度   草本系バイオマス作物の育種素材としてのオギ遺伝資源の探索収集とその特性

2013年度   多収でそばかす病に強いアルファルファ品種「北海6号」

2012年度   チモシー中生品種との混播適性に優れるアカクローバ晩生品種「北海17号」

2010年度   耐寒性が優れ、競合力の穏やかな放牧用極小葉型シロクローバ品種「北海1号」

2010年度   アカクローバを組み合わせたガレガ・チモシー草地の初期マメ科率向上

2009年度   永続性に優れる早生の2倍体アカクローバ「北海13号」

2007年度   大型トラクタを用いたアルファルファ品種の耐踏圧性評価

2006年度   育種集団から直接QTLの相互作用が検出できる新解析方法「Genotype Matrix Mapping」

2005年度   SSRマーカーによるギニアグラスの品種識別と系統間の類縁関係

2005年度   秋季休眠性に基づくアルファルファ国内育成品種の群別

2005年度   北海道におけるアカクローバの花粉移動距離の推定と訪花蜂の種類

2004年度   アガロースゲルで検出できるSSRマーカーを用いたアカクローバの高密度連鎖地図

2003年度   ギニアグラスの花粉飛散と着粒率の推定

2003年度   ハイキビの種子稔性からみたギニアグラスとの交雑の可能性

1999年度   密度の高い芝地を形成するシバ新品種「方便山4」

1998年度   とうもろこし花粉の超低温保存に及ぼす乾燥・再吸湿処理の効果

1996年度   アルファルファの不定胚による増殖と乾燥貯蔵法

この記事は