樫村芳記

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門
肩書き 研究部門長
氏名 樫村芳記
連絡先(電話番号) 029-838-6453
所在都道府県名 茨城県
見える化ID 000639
URL http://researchmap.jp/y-ka
カテゴリ 栽培技術 品種 病害虫防除 その他の果樹

研究情報

2014年度   ニホングリ新品種‘美玖里’

2014年度   極早生で良食味のニホンナシ新品種「はつまる」

2014年度   黒斑病・黒星病複合抵抗性を持つ良食味のニホンナシ新品種「ほしあかり」

2013年度   リンゴの半わい性台木および極わい性台木の新品種‘JM2’,‘JM5’

2013年度   リンゴ新品種‘さんたろう’

2013年度   冷蔵期間および冷蔵後の保管温度がリンゴ‘ふじ’の果実品質に及ぼす影響

2012年度   リンゴ新品種‘こうたろう’

2011年度   リボン型製剤を用いたMA包装用段ボール箱内1-MCP処理がニホンナシおよびリンゴの日持ち性に及ぼす影響

2011年度   リンゴ新品種‘きたろう’

2011年度   リンゴ新品種‘ちなつ’

2010年度   MA包装用段ボール箱を利用したニホンナシおよびリンゴの1-メチルシクロプロペン処理

2010年度   MA包装における1-メチルシクロプロペン処理がリンゴ果実の貯蔵性に及ぼす影響

2010年度   収穫から処理までの日数および保管温度がリンゴ‘ふじ’における1-メチルシクロプロペンの品質保持効果に及ぼす影響

2010年度   Infiltration of 1-methylcyclopropene under low pressure can reduce the treatment time required to maintain apple and Japanese pear quality during storage

2009年度   大果で果肉色と食味が優れるクリ新品種「美玖里」(みくり)

2008年度   ニホンナシ新品種‘なつしずく’

2008年度   ニホンクリ新品種‘ぽろたん’

2008年度   モモ溶液受粉のための液体増量剤へのPME またはPGの添加が結実に及ぼす影響

2007年度   リンゴ果実における蒸散、光合成及び呼吸速度の季節変化

2007年度   果実発育期間中の気温がモモ‘あかつき’果実の発育に及ぼす影響

2007年度   ぽろたん

2006年度   ぽろたん(出願番号:20121)

2006年度   ぽろたん

2006年度   リンゴ葉における水利用効率の品種間差異

2005年度   なし農林23号

2005年度   リンゴ幼果蒸散速度の品種間差異

2005年度   渋皮剥皮性が優れ食味が優良な早生のクリ新品種候補「クリ筑波36号」

2005年度   なつしずく

2004年度   リンゴ‘ジョナゴールド’果実着色の台木間差異をもたらす樹相の違い

2004年度   ニホングリ新品種‘秋峰’

2003年度   リンゴ結実期におけるがくの光合成・蒸散機能

2003年度   ニホンナシ新品種‘あきあかり’

2003年度   ニホンナシ新品種‘秋麗’

2003年度   ニホンナシ新品種‘王秋’

2002年度   エチレン処理により軟化させたモモ果実の細胞壁における化学的組成の変化について

2002年度   エチレン処理により軟化させたモモ果実におけるモモエクスパンシン遺伝子の発現

2002年度   クリ新品種‘秋峰’

2001年度   モモ果実で発現するセルロース合成酵素遺伝子(PpCesA1)の単離と解析

2001年度   ニホンナシ品種‘幸水’および‘長十郎’の花芽形成期における短果枝頂芽の糖代謝について

2001年度   秋峰

2001年度   クリ第5回系統適応性検定試験の経過と供試系統の特性

2001年度   ナシ第6回系統適応性検定試験の概要

2001年度   ニホンナシ新品種‘王秋’

2001年度   ニホンナシ新品種‘秋麗’

2001年度   ニホンナシ新品種‘あきあかり’

2001年度   モモエクスパンシンホモログの発現とエチレンの関係

2001年度   ニホンナシ‘幸水’新梢の花芽着生に及ぼすGA3およびGA4散布処理の影響

2001年度   濃赤色に着色し、酸味のある中生のリンゴ新品種‘さんたろう’の育成

2000年度   果実の収穫適期と鮮度保持

2000年度   カットフルーツの現状と展望

2000年度   果樹園における雑草防除の現状と展望

2000年度   ニホンナシ新梢の糖代謝酵素活性に及ぼす誘引並びにマレイン酸ヒドラジッド散布処理の影響

2000年度   Effect of maleic hydrazide on endogenous cytokinin contents in lateral buds, and its possible role in flower bud formation on the Japanese pear shoot

2000年度   JM2

2000年度   JM5

2000年度   きたろう

2000年度   モモ果実で発現するエクスパンシン遺伝子ファミリーの解析

2000年度   Molecular cloning of a ripening-related expansin cDNA in peach: evidence for no relationship between expansin accumulation and change in fruit firmness during storage

2000年度   食味の良い極早生リンゴの新品種‘ちなつ’の育成

2000年度   着色・食味の良いリンゴ新品種‘こうたろう’の育成

2000年度   ニホンナシ‘南勢チャボ’の有するわい性形質の遺伝

2000年度   食味の良い極早生リンゴの新品種‘ちなつ’の育成

2000年度   着色・食味の良い中生リンゴの新品種‘こうたろう’の育成

2000年度   モモの生育時に発現する細胞壁関連酵素遺伝子について

2017年度   果皮が着色しやすく日持ちが良い早生のリンゴ新品種「紅みのり」(べにみのり)

2015年度   自家和合性で良食味のニホンナシ新品種「なるみ」

2014年度   極早生で良食味のニホンナシ新品種「はつまる」

2014年度   黒斑病・黒星病複合抵抗性を持つ良食味のニホンナシ新品種「ほしあかり」

2013年度   大果で暖地でも花芽枯死の少ない早生のニホンナシ新品種「凜夏(りんか)」

2013年度   高糖度、軟肉質で食味良好、豊産性の晩生ニホンナシ新品種「甘太(かんた)」

2010年度   リンゴ「ふじ」では収穫後冷蔵することにより1-MCPの処理適期を拡大できる

2010年度   MA包装用段ボール箱を利用した1-MCP処理方法

2010年度   1-MCPは減圧下で処理すると処理時間を大幅に短縮できる

2009年度   大果で果肉色と食味が優れるクリ新品種「美玖里」(みくり)

2009年度   大果で甘味が多く食味の優れるリンゴ新品種「もりのかがやき」

2009年度   硬肉モモを軟化させるための簡便なエチレン処理方法

2008年度   新規液体増量剤によるモモの溶液受粉における結実率の向上

2008年度   エチレン前駆体であるACC処理による硬肉モモ果実の軟化制御

2008年度   エチレン生成阻害剤と作用阻害剤の併用処理によるモモ果実の軟化抑制

2007年度   幼果期の気温の上昇はモモ「あかつき」果実の発育期間を短縮する

2006年度   エチレンによる硬肉モモ果実の軟化及び軟化関連遺伝子発現の制御

2005年度   渋皮剥皮性が優れ食味が優良な早生のクリ新品種「ぽろたん」

2004年度   ビワ未熟種子における新規ジベレリンの発見

2004年度   良食味で果面がきれいな早生の青ナシ「なつしずく」(系統番号:ナシ筑波50号)

2004年度   ビワ未熟種子から発見された新規ジベレリン

2002年度   花芽形成期におけるニホンナシ短果枝上の芽の成長と糖代謝の関係

2001年度   自家和合性の後代を効率的に獲得できるナシ中間母本候補「266-27」

2001年度   モモ果実の肥大に関連するエクスパンシン遺伝子の単離

2000年度   果肉色が優れ甘味の多いやや晩生のクリ新品種候補「クリ筑波 35 号」

1999年度   甘味が強く日持ち性が優れる早生の赤ナシ新品種「あきあかり」

1999年度   風味の優れる中生の青ナシ新品種「秋麗(しゅうれい)」

1999年度   栽培容易で品質優良な赤ナシ晩生新品種「王秋(おうしゅう)」

1999年度   濃赤色に着色し、酸味のある中生のリンゴ新品種「さんたろう」

1997年度   極早生・良食味のリンゴ新品種候補「リンゴ盛岡49号」

1997年度   外観・食味が優れた中生のリンゴ新品種候補「リンゴ盛岡56号」

この記事は