松葉修一

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
肩書き チーム長
氏名 松葉修一
連絡先(電話番号) 011-857-9260
所在都道府県名 北海道
見える化ID 000062
URL http://researchmap.jp/read0124935
カテゴリ 水稲 品種 良食味

研究情報

2014年度   Historical changes in population structure during rice breeding programs in the northern limits of rice cultivation

2014年度   Historical changes in population structure during rice breeding programs in the northern limits of rice cultivation.

2013年度   北海道のイネ品種群の集団構造解析

2013年度   いもち圃場抵抗性遺伝子Pi60の同定

2012年度   北海道向け高アミロース米新品種「北海315号」の育成とその米粉食品適性

2011年度   北海道向け低アミロース米を利用した食感の柔らかい新玄米食品の開発

2010年度   北海道向け低アミロース米を利用した食感の柔らかい新玄米食品

2008年度   ネパール原産のイネ品種「Pakhe Dhan」が持つ障害型耐冷性QTL(qFLT-6 )遺伝子の「ほしのゆめ」への導入効果の検証

2007年度   水稲第8染色体の穂ばらみ期耐冷性遺伝子とその選抜マーカー

2007年度   ゆきのめぐみ

2006年度   北海道地域での栽培に適する巨大胚水稲新品種候補「北海299号」

2005年度   Mapping of QTL associated with chilling tolerance during reproductive growth in soybean

2004年度   Methods for evaluation of soybean chilling tolerance at the reproductive stage under artificial climatic condition

2002年度   イネ葯に蓄積するタンパク質のレクチンブロット法による発現解析

2002年度   耐冷性の異なるイネ準同質遺伝子系統の穂ばらみ期における遺伝子発現モニタリング

2002年度   イネミュータントパネルにおける穂ばらみ期低温耐性に関する突然変異系統の Tos17 近傍配列の解析

2002年度   穂ばらみ期及び出穂期イネ葯に時期特異的に蓄積するタンパク質の発現解析

2002年度   イネの低分子ヒートショックタンパク質の蓄積と温度ストレス耐性との関係

2002年度   ダイズの耐冷性と関連する細胞質型APX多型の分子遺伝的解析

2001年度   高温誘導性APXを過剰発現させたイネ幼苗の低温枯死耐性

2001年度   培養変異によるイネミュータントパネルにおける穂ばらみ期の低温耐性に関する突然変異の探索

2001年度   耐冷性の異なるダイズ品種間における活性酸素消去系酵素活性の比較

2001年度   ダイズ品種間にみられるAPXアイソザイムの多型と耐冷性の関連

2001年度   ストレス環境におけるコムギとイネのcox2遺伝子の転写解析

2000年度   Heat shock-mediated APX gene expression and protection against chilling injury in rice seedlings

2000年度   イネ幼苗における低分子ヒートショックタンパク質と低温耐性との関係

2000年度   Evaluation of cold tolerance in transgenic rice plants with AFP(anti-freeze protein)-like genes.

2000年度   イネ穂ばらみ期耐冷性の異なる準同質遺伝子系統のSSLP及びAFLP解析

2000年度   Molecular cloning and expression analysis of soybean phosphate transporter

2000年度   耐冷性の異なるダイズ品種にみられる生育初期低温処理に対する反応性の差異

2000年度   培養変異によるイネミュータントパネルにおける低温耐性に関する突然変異の探索

2000年度   イネ低温誘導性遺伝子RC235は非典型的なLea遺伝子、Lea5のホモログである

2000年度   高温処理によるイネ幼苗の低温枯死耐性の向上とAPX遺伝子の発現

2000年度   The possible involvement of the heat shock element existing on the promoter of cytosolic APX gene in heat-shock medicated protection of rice

2000年度   コムギおよびイネにおけるAFP (anti-freeze protein) 様遺伝子の解析

2000年度   ダイズにおけるリン酸トランスポーターのcDNAクローニング

2018年度   寒地での直播栽培に適する良食味水稲新品種「さんさんまる」

2015年度   寒地向けでやや早熟期の極多収飼料用米水稲新品種候補系統「北海327号」

2015年度   寒地向け多収・低アミロース米水稲新品種候補系統「北海324号」

2015年度   穂ばらみ期耐冷性が強く多収の業務用米に適する水稲新品種「雪ごぜん」

2014年度   北海道地域で育成されたイネ品種群の遺伝的集団構造

2011年度   加工用途に適する寒地向け高アミロース米新品種候補系統「北海315号」

2010年度   北海道向け低アミロース米を利用した食感の柔らかい新玄米食品

2010年度   水稲のアミロース含有率を低減化する3つの遺伝子間の相加効果

2009年度   北海道で晩生の稲発酵粗飼料・飼料米兼用水稲新品種候補系統「北海310号」

2009年度   北海道向き多収・極良食味低アミロース米水稲新品種候補系統「北海300号」

2009年度   北海道向き極良食味・多収水稲新品種候補系統「北海302号」

2009年度   米粉向け水稲品種「ほしのこ(北海303号)」の粉質性に関する選抜DNAマーカー

2008年度   水稲第6染色体長腕末端領域に座乗する新規の低アミロース性QTL

2008年度   北海道地域向きの粉質米新品種候補系統「北海303号」

2007年度   飼料用、バイオ燃料用としての利用が期待できる水稲新品種候補「北海飼308号」

2007年度   水稲第8染色体の穂ばらみ期耐冷性遺伝子とその選抜マーカー

2006年度   北海道地域での栽培に適する巨大胚水稲新品種「ゆきのめぐみ(旧系統名 北海299号)」

2004年度   QTL解析により同定されたダイズ耐冷性に関する遺伝子座

2002年度   イネ穂ばらみ期耐冷性に関与する sucrose synthase 2 遺伝子

2001年度   ダイズ耐冷性と関連するAPXアイソザイムの多型

この記事は