平八重 一之

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
肩書き 研究領域長
氏名 平八重 一之
連絡先(電話番号) 096-242-7682
所在都道府県名 熊本県
見える化ID 000611
URL http://researchmap.jp/hirayae/
カテゴリ いもち病 いもち病耐性菌 水稲 総合防除技術 病害虫防除 病害抵抗性 病原性解明

研究情報

2014年度   Rapid PCR technique to detect QoI-resistant strains of Magnaporthe oryzae

2014年度   Effects of carbon sources and amines on induction of trichothecene production by Fusarium asiaticum in liquid culture.

2014年度   Rapid PCR technique to detect QoI-resistant rice blast fungus

2014年度   Field evaluation of resistance to kernel infection and mycotoxin accumulation caused by Fusarium head blight in western Japanese wheat (Triticum aestivum L.) cultivars

2013年度   六条裸麦における赤かび病とかび毒蓄積を抑制する薬剤散布時期

2012年度   硬質コムギおよび二条オオムギにおける出穂後尿素葉面散布は赤かび病の発病とかび毒蓄積に影響しない

2012年度   オオムギ主要品種の登熟過程における赤かび病病勢進展とかび毒蓄積特性

2012年度   オオムギ主要品種の登熟過程における赤かび病病勢進展とかび毒蓄積特性

2012年度   硬質コムギおよび二条オオムギにおける出穂後尿素葉面散布は赤かび病の発病とかび毒蓄積に影響しない

2012年度   イネ種子の鉄コーティング処理と種子消毒法の発病抑制効果の評価、ならびに鉄粉種、コーティング比率および風乾処理が発病抑制効果に与える影響

2008年度   イネいもち病菌株Kyu9439013およびOS99-G-7aを個体識別するDNAマーカー

2008年度   水田圃場におけるイネいもち病菌の突然辺頻度の推定

2007年度   大腸菌で発現させたカラシナ由来ディフェンシン(Bj-AFP1)の抗菌活性

2006年度   イネいもち病菌株OS99-G-7aの病原性獲得に関わるAvr-Pitaの遺伝子変異

2005年度   2004年に新潟県で発生したダイズ腐敗粒から分離された糸状菌類

2005年度   Colletotrichum destructivumとC. fuscumとの分類形質の比較

2004年度   イネいもち病菌の非病原性遺伝子Avr-Hattan3近傍物理地図作成と突然変異株を用いた遺伝子領域の推定

2004年度   ライムギ、エンバクリボソーム不活性化タンパク質遺伝子を導入した組換えイネの閉鎖系での環境に対する安全性評価

2004年度   2001年の北陸、近畿地方に分布したイネいもち病菌のレース

2003年度   Discrimination of Japanese isolates of Beauveria brongniartii (Deuteromycotina: Hyphomycetes) by RFLP of the rDNA-ITS regions (日本産Beauveria brongniartii菌株のrDNA-ITS領域におけるRFLP解析)

2002年度   STS化分子マーカーによるイネいもち病菌の効率的検出法

2002年度   新ケイ酸資材のイネいもち病抵抗性増強効果

2002年度   イネいもち病菌の非病原性遺伝子Avr-Pia,Avr-Piiに連鎖するDNAマーカーの探索

2002年度   セジロウンカの加害を受けたイネにおいて誘導されるいもち病全身抵抗性

2002年度   自家採種を繰り返している圃場におけるイネいもち病菌の個体群動態

2002年度   イネいもち病菌の野外における病原性変異菌出現率

2002年度   イネいもち病菌の非病原性遺伝子とRAPDマーカーとの連鎖解析

2002年度   イネ品種ハナエチゼン(Pi-a,Pi-z)およびヒノヒカリ(Pi-a,Pi-i)におけるいもち病菌菌株Kyu9439013(レース047)の推移

2002年度   セジロウンカの加害によってイネ体内に誘導される白葉枯病抵抗性

2001年度   熱水土壌消毒に用いる散湯パイプの連結方式の改良による土壌消毒作業時間の短縮

2001年度   九州・沖縄地域における水稲奨励品種のいもち病抵抗性

2001年度   イネいもち病菌Kyu9439013株を特定する分子マーカー

2001年度   主要研究成果(参考): イネいもち病菌非病原性遺伝子(Avr-Pik、-Piz、-Pizt)の分子連鎖地図

2001年度   日本および中国産イネいもち病菌株におけるAvr-ks領域の検出

2001年度   イネいもち病菌の非病原性遺伝子(Avr-sh, -ks)マーカーのSTS化

2001年度   イネいもち病菌の動態を個体レベルで追跡するためのDNAマーカー

2001年度   自家採種を繰り返している圃場におけるイネいもち病菌の個体群動態

2000年度   イネいもち病菌の分子連鎖地図作成に向けたAFLPマーカーの探索

2000年度   AFLP法によるイネいもち病菌DNA多型の検出

2000年度   分子マーカーによるいもち病菌の追跡

2000年度   Serratia marcescens B2株が誘導するイネ植物のいもち病抵抗性

2000年度   トウモロコシ南方さび病の発生におよぼす温度と葉面のぬれ時間の影響

2000年度   トウモロコシ南方さび病菌に対するAFLP法の適用

2000年度   Serratia marcescens B2株が産生するキチナーゼの抗菌活性について

2000年度   Biological control of Cyclamen soilborne diseases by Serratia marcescens strain B2

2000年度   Serratia marcescens B2株が産生するキチナーゼの抗菌活性について

2000年度   AFLP法によるイネいもち病菌DNA多型の検出

2000年度   熱水土壌消毒に用いる散湯パイプの連結方式の改良

2000年度   イネいもち病非病原性遺伝子の高密度分子連鎖地図

2000年度   熱水土壌消毒前における深耕の重要性

2000年度   熱水土壌消毒に用いる散湯パイプの連結方式の改良

2000年度   分子マーカーによるイネいもち病伝染源の解明

2000年度   Serratia marcescens B2株が誘導するイネ植物のいもち病抵抗性

2000年度   イネいもち病菌の非病原性遺伝子(Avr-sh,ks,ta)領域の高密度分子連鎖地図

2016年度   ストロビルリン系殺菌剤(QoI剤)耐性イネいもち病菌の対策マニュアル

2015年度   Fusarium asiaticumのかび毒(3A-DON)産生誘導、促進因子

2015年度   麦類のかび毒汚染低減のための生産工程管理マニュアルの改訂

2014年度   新規に同定されたトウモロコシ赤かび病菌Fusarium asiaticum

2013年度   六条大麦(裸麦)の追加防除によるかび毒蓄積低減

2012年度   麦類における出穂後尿素葉面散布は赤かび病の発病とかび毒蓄積に影響しない

2011年度   小麦赤かび病を適期に防除するための開花期予測システム

2011年度   イネ紋枯病は水稲の白未熟粒発生を助長する

2010年度   日本のイネいもち病菌の真性抵抗性(Pita)に対する病原性変異の特徴と検出法

2008年度   マルチラインにおけるイネいもち病流行予測システム

2008年度   圃場におけるイネいもち病菌の病原性突然変異頻度は10-5のオーダーである

2005年度   イネの小規模栽培実験での被覆資材による交雑防止法

2003年度   我が国独自の組換え技術を統合した安心な複合病害抵抗性組換えイネの作出法

2003年度   我が国独自の組換え技術を統合した安心な複合病害抵抗性組換えイネの作出法

2001年度   イネいもち病菌非病原性遺伝子(Avr-Pik, -Piz, -Pizt)の分子連鎖地図

2001年度   イネいもち病菌の動態を個体レベルで追跡するためのDNAマーカー

1998年度   トウモロコシ南方さび病の発生実態と流行要因

この記事は