中村 好德

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
肩書き 主任研究員
氏名 中村 好德
連絡先(電話番号) 096-242-7682
所在都道府県名 熊本県
見える化ID 000584
URL https://www.youtube.com/watch?v=mMmtwKW2L_Y
カテゴリ 飼育技術 飼料設計 肉牛

研究情報

2014年度   「牛枝肉格付評価による周年放牧肥育牛の識別」

2013年度   褐毛和種および黒毛和種去勢雄牛を用いた周年放牧肥育事例

2013年度   刈取りの高さおよび間隔が無出穂気候帯における夏作一年草としてのパリセードグラス(Brachiaria brizantha cv. MG5)の乾物生産に及ぼす影響

2013年度   牛枝肉格付評価による周年放牧肥育牛の識別

2012年度   褐毛和種および黒毛和種去勢雄牛を用いた周年放牧肥育事例

2012年度   播種法の違いが無出穂条件における夏季放牧草としてのBrachiaria brizantha cv. MG5の生育に及ぼす影響

2012年度   草地肥育により生産された褐毛和種去勢雄牛の産肉性と肉質に関する調査

2011年度   慣行肥育と草地肥育により生産された褐毛和種去勢雄牛の半腱様筋における肉質比較

2011年度   乳廃牛のロース芯カルニチン含量に及ぼす最終乳期搾乳量の影響

2011年度   慣行肥育と草地肥育により生産された褐毛和種去勢雄牛の半腱様筋における肉質比較

2010年度   黒毛和種肥育牛の仕上げ期における玄米と食品残さの発酵TMR給与が飼養成績,血漿中成分,枝肉成績,および肉質に及ぼす影響

2010年度   放牧と自給飼料を組み合わせた新しい肉用牛生産方法”草地育成・肥育技術”の可能性と肉質の特徴

2010年度   Oribatid fauna (Acari, Oribatida) from the Kumaya cave of Iheya village in central Ryukyu arc, south Japan, with a description of several new species

2010年度   Histological contribution of collagen architecture to beef toughness

2009年度   骨格筋におけるコラーゲン線維構築の多様性

2009年度   飼養条件の異なる肉牛のロース芯,肝臓,心臓における各種機能性成分と遊離アミノ酸含量

2001年度   ブタ胸最長筋と深胸筋間での膠原線維構築の違いについて

2018年度   自給粗飼料による肉用牛生産システム導入で環境影響を低減できる

2018年度   牛枝肉への3週間の乾燥熟成処理は歩留を下げるが肉質を改善する

2017年度   ジャージー種雄子牛を活用した放牧肥育による牛肉生産

2015年度   周年放牧肥育技術により赤身の多い牛肉を安定して生産できる

2014年度   周年放牧肥育技術により放牧赤身牛肉生産が可能になる

2013年度   冬季牧草から夏季牧草パリセードグラス品種「MG5」への切り替えは可能である

2012年度   周年放牧肥育後の褐毛和種去勢雄牛では内臓廃棄個体の発生率は極めて低い

2010年度   バヒアグラス草地へのイタリアンライグラスの簡易なオーバーシーディング法

2010年度   周年放牧肥育による褐毛和種去勢牛の増体と肉質

2010年度   牛肉の硬さは結合組織構造に影響される

2009年度   黒毛和種肥育牛の仕上げ期における玄米と食品残さによる配合飼料代替給与法

2009年度   暖地高標高地の耕作放棄地における飼料用トウモロコシの不耕起栽培技術

2009年度   有機質肥料の連用は草地土壌の透水性を改善し冠水被害を軽減する

2009年度   牛ロース芯の水溶性成分含量は総クレアチニン含量比との間に高い相関がある

2009年度   乳牛ロース芯カルニチン含量は泌乳量と負の相関がある

2007-2007年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   代謝生理的刷り込みによる放牧を用いた機能性牛肉の生産

この記事は