竹之内 直樹

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 竹之内 直樹
連絡先(電話番号) 096-242-7682
所在都道府県名 熊本県
見える化ID 000580
URL http://www.naro.affrc.go.jp/karc/introduction/chart/tikusan_area/big_livestock/index.html
カテゴリ 飼育技術 肉牛 繁殖性改善

研究情報

2015年度   凍結融解後の高温ストレスがウシ体外受精胚の生存性に及ぼす影響

2014年度   Heat stress during in vitro fertilization decreases fertilization success by disrupting anti-polyspermy systems of the oocytes

2013年度   Maternal Effects of Japanese Shorthorn Cows on the Growth of Embryo-transferred Japanese Black Calves in a Cow-calf Grazing System

2013年度   Effects of selenium supplementation on plasma progesterone concentrations in pregnant heifers

2013年度   Production of fertile offspring from oocytes grown in vitro by nuclear transfer in cattle

2012年度   Optimization of oxygen concentration for growing bovine oocytes in vitro: constant low and high oxygen concentrations compromise the yield of fully grown oocytes.

2012年度   Milrinone treatment of bovine oocytes during in vitro maturation benefits production of nuclear transfer embryos by improving enucleation rate and developmental competence.

2008年度   卵胞腔形成期前後の異なる発育段階から培養したウシ卵母細胞の体外発育

2006年度   Estradiol-Benzoate製剤による卵胞発育制御がウシの生体内卵子吸引成績およびその後の胚発生成績に及ぼす影響

2006年度   肉用牛で発情日にCIDRの処置を開始すると発情同期化効果は低下する

2004年度   ウシ子宮内膜組織の採取がその後の発情周期の長さ及び受胎性に及ぼす影響

2003年度   黒毛和種における組換え体ヒツジインヒビンαサブユニットの免疫が一次主席卵胞の消長に及ぼす影響

2002年度   異なる発育段階からのウシ発育途上卵母細胞の体外培養

2002年度   ガラス化液の添加・除去条件がウシ体外成熟卵子のガラス化保存後の生存性に及ぼす影響

2002年度   ウシ抗インヒビン血清を用いた受動免疫による黒毛和種牛の過剰排卵処置試験

2002年度   黒毛和種におけるインヒビン免疫が一次主席卵胞の発育時期に及ぼす影響

2001年度   未受精卵子の凍結技術について-未受精卵子の成熟培養時間がその後の体外受精に及ぼす影響

2001年度   連続過剰排卵処理法において安息香酸エストラジオール製剤の投与が卵胞動態と採卵成績に及ぼす影響

2001年度   インヒビン免疫が牛の生体内卵子吸引に及ぼす影響

2001年度   初期胞状卵胞から採取したウシ卵母細胞の体外成長に及ぼす酸素濃度の影響

2001年度   GV移植により再構築した老齢ウシIVMFC卵子由来胚の移植後の妊娠例

2000年度   Effects of cysteamine in non-serum maturation medium on the maturation and fertilization of bovine oocytes cultured with or without cumulus cells.

2000年度   Effects of Sodium Pyruvate in Nonserum Maturation Medium on Maturation, Fertilization, and Subsequent Development of Bovine Oocytes With or Without Cumulus Cells.

2000年度   Growth and the primiparous reproductive performance of Japanese Black heifer raised by grazing on artificial pastures and wild grasslands

2000年度   ウシ裸化卵母細胞の体外成熟,受精及びその後の胚発生に及ぼす成熟培地条件の検討ならびに裸化卵母細胞由来胚盤胞の移植による子ウシの生産

2000年度   Effects of thioredoxin on the developmental competence of bovine oocytes matured and fertilized in vitro

2000年度   In vitro maturation of porcine oocytes under the conditions of different oxygen concentration; effect of cumulus cells

2000年度   Nuclear and cytoplasmic maturation after the inhibition of germinal vesicle

2000年度   Development of porcine embryos reconstructed by microinjection of cultured cumulus cells into vitro matured and enucleated oocytes

2000年度   Development of porcine embryos reconstructed by nuclear transfer of cultured cumulus cells into in vitro matured and enucleated oocytes

2000年度   ブタ卵母細胞のGVI期クロマチンの形態に及ぼすヒポキサンチンの影響

2000年度   牛における発情期の卵胞の吸引除去がその後の卵巣機能に及ぼす影響

2000年度   Butyrolactone-I を用いて成熟を抑制させたブタ卵子の成熟再開

2000年度   ブタ未成熟卵子に対するButyrolactone-I(BL-I)の卵核胞崩壊(GVBT)抑制効果

2000年度   Butyrolactone-1 inhibits germinal vesicle breakdown of porcine oocyies cultured in vitro

2000年度   Effects of culture conditions on the development of porcine oocytes matured and activated in vitro

2000年度   Development of cloned bovine embryos from nuclel of cumulus and muscle cell origin

2000年度   ブタ卵母細胞におけるクロマチンの形態変化に及ぼす脱アセチル化阻害剤の影響

2000年度   Solid-phase extraction of estradiol-17β from bovine plasma for its peripheral detection by radioimmunoassay

2000年度   Plasma oestrone and oestradiol concentrations throughout gestation in cattle: relationship to stage of gestation and fetal number

2000年度   Effect of stage of gestation and foetal number on plasma concentrations of a pregnancy serum protein (PSP-60) in cattle.

2000年度   Plasma oestrone and oestradiol concentrations throughout gestation in cattle: relationship to stage of gestation and fetal number.

2000年度   Butyrolactone-I inhibits germinal vesicle breakdown of porcine oocytes cultured in vitro.

2000年度   ブタ未成熟卵子に対するButyrolactone-Iの卵核胞崩壊抑制効果

2000年度   Butyrolactone-Iを用いて成熟を抑制させたブタ卵子の成熟再開

2000年度   Development of cloned bovine embryos from nuclei of cumulus and muscle cell origin.

2000年度   子牛市場ならびに枝肉市場形質に対する母性遺伝効果の育種価 を利用した黒毛和種の泌乳能力の改良に関する研究

2000年度   牛における発情期の卵胞の吸引除去がその後の卵巣機能に及ぼす影響

2018年度   腟温センサーに基づく肉用牛の分娩経過時間は分娩難易度の影響を受ける

2018年度   歩数計によって鈍性発情の検知ならびに授精適期の推定が可能である

2015年度   ウシ腟温度変化は黄体状態並びに発情の強さに関連性がある

2014年度   ウシ体外受精時の高温は多精子受精を増加させ胚発生を阻害する

2013年度   体外発育卵母細胞をレシピエント卵子とする体細胞クローン牛の作出

2013年度   日本短角種に出産、哺育される黒毛和種子牛は発育が良い

2013年度   黒毛和種繁殖牛では緩慢な黄体退行は鈍性発情の原因となる

2013年度   黒毛和種における乗駕許容行動の特徴

2012年度   卵子成熟培地へのミルリノン添加によりウシ核移植胚の作製効率が向上する

2010年度   オキシトシン負荷試験を利用した黒毛和種雌牛の受胎性評価

2010年度   マトリゲルによるウシ卵母細胞・顆粒膜細胞複合体の選択的な生存および発育

2009年度   日本短角種を借腹とする黒毛和種胚移植子牛の哺育期における生育特性

2009年度   黒毛和種において処置に大きな自由度を有する発情同期化法(Flex-Synch)

2006年度   肉用牛で発情日にCIDRの処置を開始すると発情同期化効果は低下する

2006年度   培養液へのデキサメタゾン添加は牛卵母細胞の体外発育を促進する

2005年度   生体由来ウシ子宮内膜のオキシトシン感受性試験を利用した子宮機能の評価

2005年度   培養環境の段階的な酸素濃度調節によるウシ卵母細胞の発育の向上

2005年度   黄体ランクに合わせたhCG投与時期選択による受胎率向上方法

2004年度   生体内卵子吸引で採取成績および胚作出成績を向上させる方法

2004年度   日本短角種における生体内卵子吸引−胚生産の特性

2004年度   日本短角種における生体内卵子吸引−胚生産の特性

2003年度   黒毛和種雌牛の子宮内膜におけるG-CSFおよびMRJ遺伝子発現動態

2003年度   黒毛和種雌牛の子宮内膜におけるG-CSFおよびMRJ遺伝子発現動態

2002年度   豚体外成熟卵子の効果的な活性化方法

2002年度   インヒビン免疫はウシの生体内卵子吸引成績を向上させる

2002年度   ウシおよびブタの発育途上卵母細胞の効率的な培養システムの開発

2000年度   無血清培地で成熟培養した裸化未成熟卵子由来胚盤胞の移植による子ウシの生産

2000年度   プチロラクトン1を用いたウシ未成熟卵子の保存方法

2000年度   ウシ子宮内膜組織におけるLIF、M-CSF遺伝子の発現

1997年度   黒毛和種の子牛市場出荷時体重と枝肉重量に対する母性遺伝効果

1997年度   牛血中発情ホルモン測定のための2抗体法酵素免疫測定法

1996年度   子牛の市場出荷時体重を利用した黒毛和種種雄牛の遺伝的泌乳能力の推定

1996年度   卵胞発育誘起処理した3、4か月齢子牛からの卵子採取と血中ホルモンの動態

1995年度   黒毛和種の子牛の発育に対する母性遺伝効果の育種価と雌牛の実測乳量の関係

1994年度   黒毛和種の子牛の体重に対する母性効果の影響

1994年度   牛血中エストラジオ−ル17βの酵素免疫測定法の開発

この記事は