梶 雄次

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
肩書き 研究領域長
氏名 梶 雄次
連絡先(電話番号) 096-242-7682
所在都道府県名 熊本県
見える化ID 000572
URL https://www.jstage.jst.go.jp/article/chikusan1924/58/7/58_7_574/_pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/chikusan1924/59/4/59_4_319/_pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/chikusan1924/58/7/58_7_632/_pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/chikusan1924/58/9/58_9_737/_pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/chikusan1924/58/9/58_9_743/_pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/chikusan1924/59/12/59_12_1013/_pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/chikusan1924/63/9/63_9_955/_pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/youton/43/2/43_2_49/_pdf
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/037784019190036R
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0377840189900400
カテゴリ 飼料設計

研究情報

2013年度   日本飼養標準・豚(2013年版)の公表

2013年度   An improved dry ash procedure for the detection of titanium dioxide in cattle feces

2012年度   人工消化による赤米および紫黒米の抗酸化能評価と種雌豚への短期給与が酸化ストレス指標に及ぼす影響

2012年度   人工消化による赤米および紫黒米の抗酸化能評価と種雌豚への短期給与が酸化ストレス指標に及ぼす影響

2010年度   Dietary β-alanine modifies dipeptide levels in the brain and breast muscle of chickens

2008年度   暑熱環境が肥育後期豚の深部体温と消化吸収能力に及ぼす影響

2008年度   色落ち海苔の給与が肥育豚の飼養成績、栄養素の利用性、背脂肪厚の発達および豚肉の抗酸化特性に及ぼす影響

2007年度   Nutritional Regulation of GLUT Expression, Glucose Metabolism, and Intramuscular Fat Content in Porcine Muscle

2006年度   肥育豚へのパン屑利用低リジン飼料給与による筋内脂肪含量の増加

2006年度   トウモロコシと大豆粕を主体とした子豚期飼料におけるフィターゼの亜鉛代替効果

2004年度   豚への硬化油(トランス酸)給与が体組織中共役リノール酸(CLA)含量に及ぼす影響

2004年度   豚への桐油(エレオステアリン酸)給与が体組織中共役リノール酸(CLA)含量に及ぼす影響

2004年度   豚における飼料米のアミノ酸消化率と可消化アミノ酸含量

2003年度   飼料中アミノ酸バランスが豚の尿排泄量に及ぼす影響

2002年度   肥育豚の筋肉中脂肪酸組成に及ぼすカンショ給与の影響

2002年度   豚小腸液を用いたin vitroアミノ酸消化率測定方法の検討

2002年度   肥育豚の骨格筋における甲状腺ホルモン受容体mRNA発現に及ぼす暑熱環境の影響

2002年度   高温環境がラットのエネルギー代謝とUCP3の発現に及ぼす影響

2002年度   飼料中アミノ酸バランスが豚の尿排泄量に及ぼす影響

2002年度   小腸内容物の採取時間とアミノ酸消化率との関係

2001年度   乾燥カンショ主体飼料の給与が肥育後期豚の発育と肉質に及ぼす影響

2001年度   肥育豚の枝肉脂肪の脂肪酸組成に及ぼすカンショ給与と性の影響

2001年度   飼料イネにおける玄米の成分組成と豚での栄養価

2001年度   低トレオニン飼料給与が子豚の血漿IGF-I濃度と肝臓におけるIGF-I mRNA発現

2001年度   主要研究成果(参考): 豚におけるアミノ酸消化率の表示法と測定サンプルの採取条件

2001年度   豚における可消化リジン摂取量と蛋白質蓄積量との関係

2001年度   暑熱環境が肥育豚の胸最長筋におけるUCP3mRNA発現に及ぼす影響

2001年度   環境温度がラットのエネルギー代謝に及ぼす影響

2001年度   肥育豚に対する持久運動が筋肉内のコラーゲン、遊離アミノ酸およびタウリン濃度に及ぼす影響

2001年度   肥育豚の筋肉中脂肪酸組成に及ぼすカンショ給与の影響

2001年度   肥育豚のアミノ酸要求量と窒素排泄量の低減技術

2001年度   小腸内容物の採取時間とアミノ酸消化率との関係

2000年度   肥育豚の枝肉脂肪の脂肪酸組成に及ぼすカンショ給与と性の影響

2000年度   ゴマ搾り粕を配合した低蛋白質アミノ酸添加飼料の窒素排泄量低減効果

2000年度   飼料中アミノ酸組成の改善による豚からの窒素排泄量低減技術

2000年度   飼料中アミノ酸含量が豚における見かけ及び真のアミノ酸消化率に及ぼす影響

2000年度   RNase Protection Assay法による豚の脱共役蛋白質2型ならびに3型のmRNA発現量の測定

2000年度   豚への硬化油および桐油の給与が体脂肪中CLA含量に及ぼす影響

2000年度   Low lysine diet selectively up-regulates muscle GLUT4 gene and protein expression during postnatal development

2000年度   フィターゼの添加と飼料中亜鉛含量が糞中亜鉛排泄量に及ぼす影響

2000年度   フィターゼの添加と飼料中亜鉛含量が糞中亜鉛排泄量に及ぼす影響

2000年度   近赤外分析法による無粉砕乾草の飼料成分分析

2000年度   Prediction of chemical composition of ungrind forage by near infrared reflectance spectroscopy

2000年度   近赤外分析法による乳牛の糞中pH、VFAおよびアンモニア態窒素量の推定

この記事は