森脇丈治

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 森脇丈治
連絡先(電話番号) 096-242-7682
所在都道府県名 福岡県
見える化ID 000571
URL http://researchmap.jp/read0081416
カテゴリ 大豆 病害虫防除 その他の花き・花木・観葉植物 その他の野菜

研究情報

2014年度   リアルタイムPCRによる土壌からのOphiovirusの検出・定量

2014年度   施肥法改善を基幹としたチューリップ微斑モザイク病と条斑病の総合防除対策

2014年度   チューリップモザイクウイルス、チューリップXウイルスの多発要因と防除対策

2014年度   土壌診断に基づくチューリップ土壌伝染性ウイルス病の防除(HeSoDiM)

2014年度   植物ウイルスを媒介する主要3種類のOlpidium属菌の検出と系統解析

2014年度   Quantification of Mirafiori lettuce big vein virus and its vector, Olpidium virulentus from soil using real-time PCR

2014年度   施肥がチューリップ微斑モザイクウイルスおよびチューリップ条斑ウイルスの感染率に与える影響

2013年度   Anthracnose of Madagascar periwinkle caused by species belonging to the Colletotrichum gloeosporioides species complex

2013年度   植物ウイルス媒介菌Olpidium virulentusとRNAウイルスの動態解析

2013年度   Detection and quantification of Tulip mild mottle mosaic virus in soil and roots from Tulipa gesneriana using real-time PCR

2013年度   THE INFECTION OF TULIP STREAK VIRUS AND TULIP MILD MOTTLE MOSAIC VIRUS CAN BE CONTROLED BY DECREASING THE AMOUNT OF NITROGEN IN BASE FERTILIZER

2013年度   チューリップ土壌伝染性ウイルス病を抑制するための施肥技術の開発 、~肥料のやり方次第で、病害防除とコスト削減が可能~

2013年度   Colletotrichum acutatum系統群A2およびA4に属する農業生物資源ジーンバンク所蔵菌株の分子再同定

2012年度   Colletotrichum fioriniaeによるチューリップ炭疽病(新称)

2012年度   Pseudomonas viridiflavaによるアスター黒斑細菌病(新称)の発生

2012年度   Colletotrichum acutatum系統群A2およびA4に属する農業生物資源ジーンバンク所蔵菌株の分子再同定.

2012年度   日本産炭疽病菌の分子系統学的・形態学的再評価(1)

2012年度   富山県におけるColletotrichum simmondsiiによるピーマン炭疽病の発生

2011年度   富山県におけるColletotrichum simmondsiiによるピーマン炭疽病の発生

2011年度   チューリップ圃場におけるアブラムシの発生の状況および薬剤感受性

2011年度   基肥窒素の減量によるチューリップ条斑ウイルスの感染抑制

2011年度   基肥の窒素成分はOlpidium virulentusのチューリップ根への寄生を促す

2011年度   ウェブサイトを利用したチューリップ病害の診断・防除

2011年度   ヒエ炭疽病、ソバ炭疽病

2011年度   チューリップ 褐色腐敗病、球根腐敗病、白絹病、根腐病、ピシウム葉枯病、茎枯病、緑かび病・青かび病、葉腐病、灰色腐敗病、灰色かび病、疫病、菌核病

2011年度   ダイズ茎疫病

2011年度   農業生物資源ジーンバンク所蔵の広義Colletotrichum acutatum 170菌株の分類学的再検討

2011年度   ベニバナ炭疽病菌Gloeosporium carthami (Fukui) Hori et Hemmiおよびシュンギク炭疽病菌G.chrysanthemi Horiの乾燥標本の形態的・分子生物学的形質に基づく再同定(その2)

2011年度   Development ot Barley Cultivars with Resistance to Scald (Rhynchosporium secalis (Oud.) Davis) in Japan

2010年度   アスターおよびトルコギキョウに発生したChrysanthemum stem necrosis virus(CSNV)

2010年度   Olpidium virulentusの土壌からのリアルタイムPCRによる検出および定量

2010年度   日本産ダイズ茎疫病菌のレース判別体系の構築を目指して

2010年度   Stem necrosis of aster and Russell prairie gentian caused by Chrysanthemum stem necrosis virus

2010年度   日本産ダイズ茎疫病菌のレース判別体系の構築を目指して

2010年度   農業生物資源ジーンバンクに登録された新規植物病原菌類等(2009年)

2010年度   広義のColletotrichum acutatumによるピーマン炭疽病(病原菌追加)

2010年度   Colletotrichum acutatumによるピーマン炭疽病(病原追加)およびセンリョウ炭疽病菌の種同定

2010年度   セルリーに発生したColletotrichum simmondsiiによる萎縮炭疽病(新称)

2009年度   数種フザリウム属菌による観賞ユリの球根腐敗

2009年度   リアルタイムRT-PCRによるOlpidium virulentusからのチューリップ微斑モザイクウイルスおよび条斑ウイルスの検出

2009年度   フルアジナム剤によるチューリップ微斑モザイク病および条斑病の防除

2009年度   農業生物資源ジーンバンクに登録された新規植物病原菌類(2008年)

2009年度   沖縄諸島の植物寄生菌類フロラ-先島諸島(1)-

2009年度   チャ炭疽病菌のDiscula属への転属

2009年度   ポインセチア斑点病(新称)の発生

2008年度   NIAS(MAFF)ジーンバンク所蔵PlectosporiumおよびColletotrichum属関連菌株のDNA分子系統解析による再同定

2008年度   Colletotrichum capsici (Sydow) E.J.Butlter & Bisbyによるポインセチア炭疽病(新称)

2008年度   Anthracnose of Polygonatum falcatum caused by Colletotrichum dematium

2008年度   Colletotrichum destructivumによるシソ炭疽病(新称)

2008年度   Colletotrichum acutatumによるワレモコウ炭疽病(新称)

2008年度   水田圃場におけるイネいもち病菌の突然辺頻度の推定

2008年度   Colletotrichum destructivum によるシソ炭疽病(新称)

2008年度   Colletotrichum acutatumによるワレモコウ炭疽病(新称)

2008年度   オオムギ雲形病抵抗性品種Brierの遺伝解析と育種への利用

2007年度   Colletotrichum destructivum O'Garaによるバコパ炭疽病(新称)

2007年度   Colletotrichum gloeosporioides(Penzig) Penzig & Saccardoによるニチニチソウ炭疽病(根拠再提示)

2007年度   罹病葉の投入や散水によるオオムギ雲形病の発病程度の違いが収量・精麦品質に与える影響

2007年度   数種Colletotrichum属菌のゴマノハグサ科花卉に対する病原性

2007年度   大腸菌で発現させたカラシナ由来ディフェンシン(Bj-AFP1)の抗菌活性

2006年度   イネいもち病菌株OS99-G-7aの病原性獲得に関わるAvr-Pitaの遺伝子変異

2005年度   2004年に新潟県で発生したダイズ腐敗粒から分離された糸状菌類

2005年度   Colletotrichum destructivum O'Garaによるキンギョソウ炭疽病(病原追加)

2005年度   オオムギ雲形病における幼苗接種検定と圃場検定との比較

2005年度   伝染源の投入や散水の有無がオオムギ雲形病罹病程度に与える影響

2005年度   F2集団を用いたオオムギ雲形病抵抗性の遺伝分析

2005年度   Colletotrichum destructivumとC. fuscumとの分類形質の比較

2004年度   Colletotrichum circinansおよびC. dematiumのキンギョソウ (Antirrhinum majus) に対する病原性

2004年度   Colletotrichum dematium (Persoon: Fries) Groveによるナルコユリ炭疽病(新称)

2004年度   Colletotrichum gloeosporioides、C. acutatum およびC. destructivumのキンギョソウ等数種ゴマノハグサ科植物に対する病原性

2004年度   ヒエおよびメヒシバから分離されたColletotrichum属菌の形態及び分子分類

2004年度   2001年の北陸、近畿地方に分布したイネいもち病菌のレース

2001年度   北陸農試で育成した雲形病抵抗性大麦系統の雲形病菌レースに対する反応

2001年度   北陸農試新規育成大麦系統の雲形病抵抗性(第3報)

2001年度   8.植物炭疽病菌のPCR-RFLP法による識別と分子系統学上の位置

2001年度   Gloeosporium laeticolor Berkeleyの分類学的再検討(予報)

2001年度   6種植物より分離された新種の炭疽病菌

2000年度   沖縄県の草地・芝地で発生した2種の新病害

2000年度   Pseudomonas syringaeの各種pathotype strainにおけるコロナチン生産能

2000年度   数種キンポウゲ科植物及びトマトから分離されたVerticillium tricorpus Isaac

2000年度   養液栽培で発生したCylindrocarpon destructansによるイチゴ根腐萎凋病

2000年度   rDNA ITS領域のPCR-RFLPによる炭疽病菌の類別

2000年度   A New Colletotrichum species separated from C. gloeosporioides group in Japan

2000年度   Colletotrichum orbiculare (Berkekely & Montagne) Arx によるメロン炭疽病

2000年度   Glomerella cingulataおよびColletotrichum dematiumによるソバ炭疽病(新称)

2000年度   Colletotrichum acutatumによるセイヨウナシ,モモ,アンズの炭疽病およびウメの葉炭疽病(病原菌追加)

2000年度   ウンシュウミカンとユズの苗木に発生した疫病(病原菌追加)

2000年度   Colletotrichum orbiculareによるガーベラ炭疽病(病原追加)C. acutatumによるウメ炭疽病(病原追加変更)およびセイヨウナシ炭疽病菌の完全世代確認(完全世代追加)

2000年度   ジャガイモ塊茎から分離されたVerticillium tricorpus Isaac

2000年度   ノシバの褐条葉枯病(改称)を起こすCochliobolus stenospilus

2011-2013年   [農林水産省 農林水産技術会議]   根圏環境制御による土壌菌媒介性ウイルス病害の発病抑制技術の開発

この記事は