石井孝典

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 石井孝典
連絡先(電話番号) 096-242-7682
所在都道府県名 宮崎県
見える化ID 000549
URL http://www.naro.affrc.go.jp/karc/introduction/chart/hatasaku_area/c_rotation/index.html
カテゴリ 栽培技術 低コスト ほうれんそう

研究情報

2014年度   土地、労働生産性ともに高いダイコン-サツマイモ畦連続使用有機栽培体系

2011年度   Suppression of mother tuber enlargement in the sweet potato cultivar "Koganesengan" by transplantation of bottled tuber seedlings

2011年度   Transplantation of half-cut tuber seedlings provides enhanced yields over conventional sprouted-vine planting in sweet potato cultivar "Murasakimasari

2010年度   サツマイモ品種「ムラサキマサリ」の2分割いも苗の移植栽培による収量向上

2010年度   大型畦・2条植え栽培様式による「ムラサキマサリ」直播栽培の収量性

2010年度   「ムラサキマサリ」直播用種イモ生産に適する栽植密度

2009年度   高リコペン性の支柱栽培用「とまと中間母本農10号」の育成とその特性

2004年度   なつあかり

2004年度   デコルージュ

2004年度   とまと中間母本農10号

2004年度   「クッキングトマト」としての利用に向けた加工用トマト品種の加熱調理特性の評価

2004年度   芯止まり性トマト品種“なつのこま”の加熱調理用トマトとしての栽培特性

2004年度   心止まり性トマト品種‘なつのこま’の加熱調理用トマトとしての栽培特性

2004年度   「クッキングトマト」としての利用に向けた加工用トマト品種の加熱調理適性の評価

2003年度   機能性成分リコペンを多く含む生食用の中間母本候補「トマト盛岡34号」

2002年度   トンネル敷設作業の省力化に関する研究-支柱打込み作業能率について

2002年度   LCA手法による暖地露地野菜体系の環境影響評価

2001年度   レタスビッグベイン病抵抗性素材の検索

2000年度   ニンジン根部におけるカロテノイド成分含量の品種間差異

2000年度   ホウレンソウ中のシュウ酸含量の品種間差異と季節変動

2000年度   トマトの高カロチノイド品種の育成-盛岡交32、同33号及び盛岡34号の育成-

2000年度   加熱調理用トマトの新品種候補‘にたきこま’

2000年度   ジュース向き加工用トマトの多収性新品種「とよこま」

2000年度   加熱調理用トマト「にたきこま」のF2を利用した収穫期分散の試み

2000年度   加熱調理用トマト新品種‘にたきこま’の育成

2000年度   にたきこま

2000年度   ホウレンソウの萎凋病抵抗性育種(1)抵抗性素材の検索

2000年度   腐敗病抵抗性レタス系統の育成

2000年度   レタス品種・系統の抽だいに及ぼす播種日と光中断の影響

2000年度   フダンソウ

2000年度   レタスの品種・育種素材の特性調査

2000年度   全国野菜技術情報「ジュース向き加工トマトの多収性新品種‘とよこま’」

2000年度   腐敗病抵抗性レタス系統の育成

2000年度   レタスの品種・育種素材の特性調査

2000年度   イチゴの寒冷地栽培適応性育種(優良系統の選抜)

2000年度   ニンジン遺伝資源の導入と特性調査

2000年度   ホウレンソウ遺伝資源の導入と特性調査

2000年度   ニンジン遺伝資源の導入と特性調査

2000年度   レタスの晩抽性育種

2000年度   さきこま

2000年度   ニンジン根部におけるカロチノイド成分含量の品種間差異

2000年度   ホウレンソウ葉中のシュウ酸・硝酸含量の品種間差異

2000年度   高カロチノイドトマト系統の育成

2000年度   加工用トマト‘とよこま’の育成経過とその特性

2000年度   クッキングトマトの栽培と利用(分担執筆)

2017年度   加工・業務用ホウレンソウの機械収穫体系を利用した刈り取り再生栽培技術

2015年度   サツマイモ品種「べにはるか」の容器苗移植栽培における収量向上といもの小型化

2014年度   土地、労働生産性ともに高いダイコン-サツマイモ畦連続使用有機栽培体系

2014年度   半自動野菜移植機によるカンショ小苗植付技術

2013年度   ダイコンとサツマイモの畦連続使用栽培ではサツマイモの線虫害が軽減される

2012年度   容器収納いも付き苗移植栽培による食用サツマイモにおける生育促進・増収効果

2012年度   地域資源、畦連続使用栽培、緑肥間作を活用した南九州地域の有機畑輪作体系

2010年度   サツマイモの親いも肥大を抑制する容器収納いも付き苗移植栽培法

2010年度   低段密植養液栽培向けの加熱調理用トマト「すずこま」

2003年度   夏秋どりに向くイチゴ四季成り性品種「なつあかり」及び「デコルージュ」

2003年度   機能性成分リコペンを多く含む生食用の中間母本候補「トマト盛岡34号」

2003年度   乗用管理機を利用するトンネル敷設作業技術

2003年度   野菜用半自動移植機の汎用利用による精密1粒播種

2003年度   夏秋どりに向くイチゴ四季成り性品種候補「盛岡29号」及び「盛岡31号」

1999年度   加熱調理用トマトの新品種候補 'にたきこま'

1998年度   ジュース向き加工用トマトの多収性新品種‘とよこま’(普及)

この記事は