中野 洋

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
肩書き グループ長
氏名 中野 洋
連絡先(電話番号) 0942-52-0670
所在都道府県名 福岡県
見える化ID 000527
URL http://researchmap.jp/read0066774/
カテゴリ 高温対策 水稲 低コスト

研究情報

2014年度   Deep rooting conferred by DEEPER ROOTING 1 enhances rice yield in paddy fields

2014年度   Planting geometry as a pre-screening technique for identifying CO2 responsive rice genotypes: a case study of panicle number

2014年度   Exchangeable Cs/K ratio in soil is an index to estimate accumulation of radioactive and stable Cs in rice plant

2014年度   Comparative analysis on relationship between Cs and K in soil and plant parts toward control of Cs accumulation in rice

2013年度   Isolation and identification of phenolic compounds accumulated in brown rice grains ripened under high air temperature

2013年度   Varietal Differences in Cell Wall β-(1→3),(1→4)-Glucan and Nonstructural Carbohydrate in Rice Stems during the Grain Filling Stage.

2013年度   Yield and nutritive value responses of forage barley cultivars and lines

2013年度   Yield and nutritive value response to row spacing and cultivar in forage rice

2013年度   2回刈り栽培向きホールクロップサイレージ用稲新品種「ルリアオバ」の育成

2012年度   Yield and Nutritive Value Responses of Forage Barley Cultivars and Lines

2012年度   Growth Responses of Two Soybean Cultivars Grown under Controlled Groundwater level in Southwestern Japan

2012年度   深根性QTL Dro1がイネの乾物生産及び収量に及ぼす影響

2012年度   Isolation and identification of Flavobacterium columnare and Streptococcus iniae antibacterial compounds from the terrestrial plant Atraphaxis laetevirens.

2012年度   Yield response to cultivar and sowing pattern in high-yielding rice

2012年度   Chemical constituents from Echinops nanaus and Echinops transiliensis

2011年度   「ルリアオバ」による飼料用イネ2回刈り乾田直播栽培における雑草防除体系

2011年度   Forage rice yield and quality response to harvest timing and nitrogen management.

2011年度   Early planting and early nitrogen application increase stem total digestible nutrient concentration and yield of forage rice in southwestern Japan.

2011年度   「ルリアオバ」による飼料用イネ2回刈り乾田直播栽培における雑草防除体系

2011年度   Early planting and early nitrogen application increase estimated total digestible nutrient concentration and yield of stems of forage rice in southwestern Japan

2011年度   Echinopsacetylenes A and B, new thiophenes from Echinops transiliensis

2011年度   Forage Rice Yield and Quality Response to Harvest Timing and Nitrogen Management

2011年度   Grain yield response to planting density in forage rice with a large number of spikelets.

2011年度   Isolation and identification of flavonoids accumulated in proanthocyanidin-free barley

2010年度   Effects of cutting height and equipment traffic treatment of the first crop on estimated total digestible nutrient concentration and yield in double harvested forage rice.

2010年度   Leaf blade dry weight and leaf area index × SPAD value at anthesis can be used to estimate nitrogen application rate at anthesis required to obtain target protein content of grain in bread wheat.

2010年度   Oryzamutaic acids H-J, new alkaloids from an Oryza sativa mutant with yellow endosperm

2010年度   ガンマ線照射による黄色胚乳突然変異を持つイネ新品種「初山吹」の育成

2010年度   ガンマ線照射による黄色胚乳突然変異を持つイネ新品種「初山吹」の育成

2010年度   TMRセンターを核とする飼料イネ、焼酎粕濃縮液等の調製・利用システム

2009年度   イネ品種「初山吹」由来の新規アルカロイドoryzamutaic acids B~Gの構造

2007年度   飼料イネ品種Taporuriの2回刈り乾物多収栽培法

2007年度   Effects of time of first harvest, total amount of nitrogen, and nitrogen application method on total dry matter yield in twice harvesting of rice

2007年度   Effects of planting time and cultivar on dry matter yield and estimated total digestible nutrient content of forage rice in southwestern Japan

2007年度   Effect of nitrogen application rate and timing on grain yield and protein content of the bread wheat cultivar ‘Minaminokaori’ in southwestern Japan

2007年度   Identification of L-tryptophan as an allelochemical in wheat bran extract

2007年度   Effects of wheat bran extracts on seedling growth of plants

2006年度   暖地における早播きした秋播性コムギ西海185号の生育・収量特性

2006年度   北部九州における2004年産水稲の低収要因に関する事例研究

2004年度   早播きした秋播性コムギ「イワイノダイチ」における後期重点施肥が生育・収量に及ぼす影響.

2004年度   ヒノヒカリにおける窒素追肥時期が白未熟粒の発生に及ぼす影響

2003年度   SH基濃度の減少を指標とした牛血漿の抗ラジカル活性測定法の検討

2002年度   SH基量の減少を指標とした牛血漿の抗ラジカル活性測定法の検討

2000年度   マメ科植物・メスキートのアレロパシーについて

2000年度   マメ科植物・メスキートの葉のアレロパシー

2018年度   高温に伴った背白粒の発生と窒素施与による白濁抑制の細胞生理学的要因

2018年度   高温乾燥風による水稲のリング状乳白粒形成の細胞生理学的要因

2017年度   水稲の開花期における高温不稔耐性を再現良く効率的に評価できるシステム

2017年度   水稲のシンク容量増大に関与するアリルは高CO2濃度で収量を顕著に増加させる

2016年度   水稲多収品種における登熟適温の品種間差

2015年度   一工程で耕起と同時に種子を表層に全面播きできる表層散播機

2014年度   登熟期間中のイネ茎部β-(1→3),(1→4)-グルカンの減少

2014年度   水稲のセシウム吸収・蓄積は土壌交換性セシウム/カリウム比と関係が高い

2013年度   水稲登熟期の高温ストレスにより玄米において蓄積が増加するフェノール性化合物

2013年度   飼料用稲麦二毛作体系によるホールクロップサイレージの生産技術

2011年度   飼料イネ2回刈り乾田直播栽培における「ルリアオバ」を活用した雑草防除法

2011年度   プロアントシアニジンフリー大麦系統の子実に蓄積されるフラボノイド

2010年度   TMRセンターを核とする飼料イネ、焼酎粕濃縮液等の調製・利用システム

2009年度   イネ品種「初山吹」由来の新規アルカロイドoryzamutaic acids B~Gの構造

2009年度   飼料イネの2回刈り栽培における1回目収穫時の刈り取り高さがTDNに及ぼす影響

2009年度   水稲の少量継続追肥では高温・寡照年でも収量や玄米品質が安定化する

2009年度   「ミナミノカオリ」の開花期の窒素追肥量は開花期の葉身乾物重により推定できる

2013-2015年   [独立行政法人日本学術振興会 科学研究費助成事業]   水稲登熟期における高温ストレスバイオマーカーの開発とその機構の化学的解明

この記事は