田村克徳

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
肩書き 上級研究員
氏名 田村克徳
連絡先(電話番号) 096-242-7682
所在都道府県名 福岡県
見える化ID 000519
URL
カテゴリ 高温対策 水稲 品種

研究情報

2013年度   栽培特性が優れ良質の暖地・温暖地向き酒米新品種「吟のさと」の育成

2013年度   2回刈り栽培向きホールクロップサイレージ用稲新品種「ルリアオバ」の育成

2012年度   倒伏に強く極多収の稲発酵粗飼料用・飼料用米兼用水稲品種「モグモグあおば」

2012年度   Breeding of paddy rice varieties for animal feed in warm region of Japan

2011年度   病虫害複合抵抗性を持ち高温登熟成に優れる水稲品種「はるもに」の育成

2011年度   暖地向きで良質な紫黒糯の水稲品種「さよむらさき」の育成

2010年度   ガンマ線照射による黄色胚乳突然変異を持つイネ新品種「初山吹」の育成

2010年度   ガンマ線照射による黄色胚乳突然変異を持つイネ新品種「初山吹」の育成

2008年度   暖地において密播した晩播水稲の生育および収量・品質特性

2008年度   暖地の湛水直播栽培における晩播水稲の生育および収量・品質特性

2008年度   暖地において密播した晩播水稲の生育および収量・品質特性

2008年度   暖地の湛水直播栽培における晩播水稲の生育および収量・品質特性

2008年度   抵抗性イネ品種を加害するツマグロヨコバイのバイオタイプの発育と産卵

2008年度   ホールクロップサイレージ用水稲新品種「タチアオバ」の育成

2008年度   ツマグロヨコバイ抵抗性遺伝子Grh2を保有するイネ準同質遺伝子系統における抵抗性の変動

2008年度   飼料用・米粉用など多用途に利用できる多収水稲新品種「ミズホチカラ」

2007年度   玄米品質に優れる暖地向き良食味水稲品種「にこまる」の育成について

2007年度   吟のさと

2007年度   水田におけるツマグロヨコバイ抵抗性準同質遺伝子系統の抵抗性

2007年度   耐倒伏性の強い暖地向き酒米新品種「吟のさと」の育成

2007年度   玄米品質に優れる暖地向き良食味水稲品種「にこまる」の育成について

2006年度   良食味の直播向き水稲新品種「ふくいずみ」の育成

2006年度   強稈で乾物生産性の高い飼料用水稲新品種「タチアオバ」の育成

2006年度   極良食味・極良質の水稲新品種「にこまる」の育成

2006年度   極良食味の水稲新品種「きぬむすめ」の育成

2006年度   水稲新品種「あきまさり」の育成

2006年度   良食味の直播向き水稲新品種「ふくいずみ」の育成

2006年度   極良食味・極良質の水稲新品種「にこまる」の育成

2006年度   極良食味の水稲新品種「きぬむすめ」の育成

2006年度   タチアオバ(出願番号:20111)

2006年度   タチアオバ

2006年度   水稲新品種「ふくいずみ」の育成

2006年度   短稈で栽培特性の優れる暖地向き酒米新品種候補「西海酒255号」

2005年度   水稲農林410号

2005年度   水稲農林409号

2005年度   水稲農林411号

2005年度   極強稈・多収の極晩生稲飼料用水稲新品種候補「西海飼253号」

2005年度   あきまさり

2005年度   きぬむすめ

2005年度   にこまる

2004年度   ニシアオバ

2004年度   ふくいずみ

2004年度   ツマグロヨコバイ抵抗性品種の密度抑制効果

2003年度   紅染めもち

2003年度   「湖南早」の高再分化能遺伝子を導入した「コシヒカリ」戻交配系統の選抜と評価

2002年度   ツマグロヨコバイ地域個体群の抵抗性品種に対する反応

2002年度   非選好性を利用したツマグロヨコバイ抵抗性集団選抜法

2002年度   あきさやか

2002年度   高再分化能に関するコシヒカリIL系統の選抜と評価

2002年度   幼虫発育を考慮したイネのツマグロヨコバイ抵抗性検定法

2002年度   非選好性を利用したイネのツマグロヨコバイ抵抗性検定法の検討

2002年度   「湖南早」の高再分化能遺伝子を導入した「コシヒカリ」戻交配系統の選抜と評価

2001年度   ツマグロヨコバイのバイオタイプの諸形質の比較

2001年度   水稲ふ系71号の矮性遺伝子のマッピング

2001年度   ツマグロヨコバイ耐虫性品種を利用した総合防除技術

2000年度   イネのツマグロヨコバイ耐虫性に関する遺伝機構の解明8,Grh4(t)のマッピング

2000年度   QTL mapping of spikelet number in rice

2000年度   密陽23/アキヒカリのRI系統群を用いたイネいもち病抵抗性に関するQTL解析

2000年度   ツマグロヨコバイ耐虫性品種の圃場における密度抑制効果

2000年度   ツマグロヨコバイのバイオタイプを用いた耐虫性遺伝資源の検索

2000年度   ツマグロヨコバイ耐虫性品種を加害するバイオタイプ

2000年度   ツマグロヨコバイ耐虫性品種を加害するバイオタイプ

2000年度   ツマグロヨコバイ耐虫性品種を加害するバイオタイプ

2000年度   密陽23号/アキヒカリのRI系統群を用いた乾燥ストレスにより生じる巻き葉に関するQTL解析

2000年度   イネの頴花数に関連したQTL, SIY1(t)のマッピングIII

2000年度   イネのツマグロヨコバイ耐虫性に関する遺伝機構の解明 VII. Grh4(t)のマッツピング

2000年度   分子マーカーを用いた遺伝・育種学的研究 19.異なる地域における出穂性に関するQTL反応

2000年度   イネの乾物生産性に関連したQTL解析

2000年度   イネの籾数に関連したQTLのマッピングII

2000年度   Application of AFLP technique that uses non-radioactive fluorescent primers to the detection of genetic diversity in Japanese rice cultivars and cloning of DNA sequences derived from an Indica genome

2000年度   イネのツマグロヨコバイ耐虫性に関する遺伝機構の解明 VI.関東PL10の耐虫性遺伝子のマッピング

2000年度   RFLP linkage map included the information of segregation distirtion in a wide cross population between indica and japonica rice (Oryza sativa L.).

2000年度   異なる抵抗性遺伝子におけるツマグロヨコバイの反応

2000年度   ツマグロヨコバイ耐虫性品種の他の害虫に対する反応

2017年度   "やや早"熟期で高温登熟耐性が優れる多収水稲新品種候補系統「西海291号」

2017年度   北海道を除く全国の水稲高温登熟性標準品種の選定

2017年度   業務・加工利用向け水稲品種「やまだわら」多収栽培マニュアル

2016年度   複数病虫害抵抗性を持ち高温耐性が優れる水稲新品種候補系統「西海297号」

2016年度   早生で良食味、多収の暖地・温暖地向け水稲新品種候補系統「西海289号」

2014年度   損傷デンプンが少なく膨らみの良い米粉パンが出来る水稲新品種「こなだもん」

2013年度   多収でいもち病と縞葉枯病に強い低アミロース米水稲新品種「ぴかまる」

2012年度   倒伏に強く極多収の稲発酵粗飼料用・飼料用米兼用水稲品種「モグモグあおば」

2011年度   多収・良食味で直播栽培に適する複合耐病性水稲新品種「たちはるか」

2010年度   トビイロウンカと縞葉枯病に強く、高温登熟性に優れる水稲品種候補「西海267号」

2009年度   暖地向きで良質な紫黒もちの水稲新品種候補系統「さよむらさき」

2008年度   飼料用・米粉用など多用途に利用できる多収水稲新品種「ミズホチカラ」

2005年度   極強稈・多収の極晩生飼料用水稲新品種「タチアオバ」(旧系統名「西海飼253号」)

2004年度   極良食味で早生の温暖地向き水稲新品種候補系統「きぬむすめ(西海232号)」

2004年度   極良食味で良質の暖地向き中生水稲新品種候補系統「にこまる(西海250号)」

2004年度   極良食味で多収の暖地向き晩生水稲新品種候補系統「あきまさり(西海248号)」

2003年度   九州地域向け稲発酵粗飼料用水稲新品種「ニシアオバ」

2003年度   直播適性を備えた暖地向き水稲新品種「ふくいずみ」

2003年度   イネのツマグロヨコバイ抵抗性準同質遺伝子系統のツマグロヨコバイ密度抑制効果

2002年度   着色の良い赤糯の水稲新品種「紅染めもち」

2001年度   極良食味・晩生の水稲新品種「あきさやか」

1998年度   DNAマーカー選抜により開発されたツマグロヨコバイ耐虫性準同質遺伝子系統の特徴

この記事は